一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)出産可能年齢の女性における飲酒と大量飲酒-アメリカ・・・

MMWR抄訳

rss

2012/07/20Vol. 61 / No. 28

MMWR61(28):534-538
Alcohol Use and Binge Drinking Among Women of Childbearing Age - United States, 2006-2010

出産可能年齢の女性における飲酒と大量飲酒-アメリカ、2006~2010年

妊娠中の飲酒は先天性異常や発達障害の主要かつ予防可能な原因であり、またアルコール曝露妊娠は胎児性アルコールスペクトラム障害を誘発する可能性がある。Healthy People 2020は、妊婦における飲酒および大量飲酒の自制を目標のひとつとしている。18~44歳の女性における過去30日間の飲酒および大量飲酒の頻度を推定するため、CDCは2006~2010年のBehavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)のデータを分析した。自己申告データによると、過去30日間の飲酒率は非妊婦(331,196名)が約51.5%、妊婦(13,880名)が7.6%であり、大量飲酒率(1回に4ドリンク以上)はそれぞれ15.0%、1.4%であった。妊婦における年齢別の飲酒率は35~44歳(14.3%)が最も高く、18~24歳(4.5%)と比べた場合の調整オッズ比は3.3であった。妊婦におけるその他のサブグループ別飲酒率は、非ラテンアメリカ系白人(8.3%)、大学卒業レベル(10.0%)、被雇用者(9.6%)が最高であった。大量飲酒者における大量飲酒エピソードの頻度と飲酒量は妊婦と非妊婦で同等であり、大量飲酒の頻度は月平均3回、飲酒量は1回平均6ドリンクであった。出産可能年齢の女性におけるアルコール曝露妊娠のリスクを低下させるため、診療現場での女性に対する妊娠中の飲酒によるリスクについてのアドバイスやコミュニティーレベルでの介入が必要である。

References

  • Naimi TS, Lipscomb LE, Brewer RD, Gilbert BC. Binge drinking in the preconception period and the risk of unintended pregnancy: implications for women and their children. Pediatrics 2003; 111:1136-41.
  • US Department of Health and Human Services. US Surgeon General releases advisory on alcohol use in pregnancy. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2005. Available at <http:// www.surgeongeneral.gov/pressreleases/sg02222005.html>. Accessed July 11, 2012.
  • US Department of Health and Human Services. Healthy people 2020: maternal, infant, and child health. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2012. Available at <http://www. healthypeople.gov/2020/topicsobjectives2020/objectiveslist. aspx?topicid=26>. Accessed July 11, 2012.
  • May PA, Gossage JP. Estimating the prevalence of fetal alcohol syndrome: a summary. Alcohol Res Health 2001;25:159-67.
  • Maier SE, West JR. Drinking patterns and alcohol-related birth defects. Alcohol Res Health 2001;25:168-74.
  • CDC. Vital signs: binge drinking prevalence, frequency, and intensity among adults-United States, 2010. MMWR 2012;61:14-9.
  • US Preventive Services Task Force. Screening and behavioral counseling interventions in primary care to reduce alcohol misuse: recommendation statement. Ann Intern Med 2004;140:554-6.
  • CDC. Alcohol use among pregnant and nonpregnant women of childbearing age-United States, 1991-2005. MMWR 2009; 58:529-32.
  • Chavaz PR, Nelson DE, Naimi TS, Brewer RD. Impact of a new gender specific definition for binge drinking on prevalence estimates for women. Am J Prev Med 2011;40:468-71.
  • Floyd RL, Sobell M, Velasquez, MM, et al. Preventing alcohol-exposed pregnancies: a randomized controlled trial. Am J Prev Med 2007; 32:1-10.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ