一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)竜巻関連死-アメリカ南東部5州、2011年4月25・・・

MMWR抄訳

rss

2012/07/20Vol. 61 / No. 28

MMWR61(28):529-533
Tornado-Related Fatalities - Five States, Southeastern United States,April 25-28, 2011

竜巻関連死-アメリカ南東部5州、2011年4月25日~28日

竜巻による死亡と傷害の危険因子は、移動住宅内への避難、改良藤田スケール[EF(被害の大きさから竜巻の強度を0~5に分類)が4~5の竜巻の進路への近接度、高齢者(65歳以上)、避難室[safe room (地下室あるいは強化シェルターなど)]の利用不能、夜間の竜巻発生である。アメリカの南東部は移動住宅が多くEF4~5の竜巻の発生頻度も高いため、特に竜巻の被害を受けやすい。2011年4月25~28日、アラバマ州、アーカンソー州、ジョージア州、ミシシッピ州、テネシー州において竜巻が351件発生し、338例が死亡した。竜巻発生前に広範囲にわたって警報が出されたにもかかわらず、死者数はアメリカにおける竜巻関連死者数として3番目に多かった。この竜巻関連死と人口統計学的特徴・使用したシェルターのタイプ・死因・竜巻の強度と発生場所との関係を検討するため、CDCはAmerican Red Cross、死亡証明書、National Weather Service(NWS)のデータをレビューした。竜巻が原因で死亡した338例の年齢中央値は55.0歳(生後4日~97歳)で、32.5%は65歳以上であった。受傷した場所は46.7%が1戸建て住宅、26.6%は移動住宅であった。死因は95.6%が外傷であり、21.9%は頭部外傷であった。死者を出した27件の竜巻のうち15件はEF-4/EF-5であり、死者の89.5%はこれらの竜巻が原因であった。竜巻関連死を防ぐため、保健局は一般市民(特に高齢者や移動住宅の居住者)に対して利用可能な避難室の用意、個人的防護用品(ヘルメットなど)の準備、地域の天候の監視を奨励する必要がある。

References

  • National Oceanic and Atmospheric Administration. Service assessment: the historic tornadoes of April 2011. Silver Spring, MD: US Department of Commerce, National Oceanic and Atmospheric Administration; 2011. Available at <http://www.nws.noaa.gov/om/assessments/pdfs/ historic_tornadoes.pdf>. Accessed July 9, 2012.
  • National Oceanic and Atmospheric Administration. Preliminary killer tornadoes, updated February 5, 2012. Silver Spring, MD: US Department of Commerce, National Oceanic and Atmospheric Administration; 2012. Available at <http://www.spc.noaa.gov/climo/torn/ STATIJ11.txt>. Accessed July 9, 2012.
  • Tornado Recovery Action Council of Alabama. Cultivating a state of readiness-our response to April 27, 2011. Birmingham, AL: Tornado Recovery Action Council of Alabama; 2012. Available at <http:// tracalabama.org/wp-content/uploads/2012/01/TRAC_Report.pdf>. Accessed July 9, 2012.
  • Daley WR, Brown S, Archer P, et al. Risk of tornado-related death and injury in Oklahoma, May 3, 1999. Am J Epidemiol 2005; 161:1144-50.
  • Brown S, Archer P, Kruger E, et al. Tornado-related death and injuries in Oklahoma due to the 3 May 1999 tornadoes. Weather and Forecasting 2002;17:343-53.
  • Ashley WS. Spatial and temporal analysis of tornado fatalities in the United States: 1880-2005. Weather and Forecasting 2007;22:1214-28.
  • CDC. Emergency preparedness and response: tornadoes. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at <http://emergency.cdc.gov/disasters/tornadoes>. Accessed July 9, 2012.
  • Federal Emergency Management Agency. FEMA 320 - taking shelter from the storm: building a safe room for your home or small business. Washington , DC: US Department of Homeland Security, Federal Emergency Management Agency; CDC. Available at <http://www.fema. gov/plan/prevent/saferoom/fema320.shtm>. Accessed July 9, 2012.
  • Prevatt DO, van de Lindt JW, Graettinger A, et al. Damage study and future direction for structural design following the Tuscaloosa tornado of 2011. Arlington, VA: US National Science Foundation; 2011. Available at <http://www.strongtie.com/ftp/articles/tuscaloosatornadoreport2011.pdf>. Accessed July 9, 2012.
  • Bohonos L, Hogan D. The medical impact of tornadoes in North America. J Emerg Med 1999;17:67-73.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ