一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)百日咳の流行-ワシントン、2012年

MMWR抄訳

rss

2012/07/20Vol. 61 / No. 28

MMWR61(28):517-522
Pertussis Epidemic - Washington, 2012 

百日咳の流行-ワシントン、2012年

ワシントン州では2011年中期以降に百日咳患者がかなり増加したことから、Washington State Secretary of Health は2012年4月3日に百日咳の流行を宣言した。2012年1月1日~6月16日にワシントン州では百日咳患者が2,520例報告され(住民10万人あたり37.5例)、患者数は2011年の同時期に比べて1,300%増加し、1942年以降最高となった。この増加に関連する臨床/検査/疫学因子を分析するため、2012年1月1日~6月16日に報告された全ての百日咳患者の記録をレビューした。年齢別の百日咳発症率は1歳未満の乳児と10歳、13歳、14歳の小児が最高であった。13~14歳の青少年は破傷風トキソイド/弱毒化ジフテリアトキソイド/無細胞性百日咳(Tdap)ワクチンの接種率が高いにもかかわらず百日咳の発症率が高く、これはワクチン効果の早期減弱を示唆した(ワシントン州の13~17歳の青少年における2010年の推定Tdapワクチン接種率70.6%)。全米における百日咳の発症率は10万人あたり4.2例でワシントン州よりも低かったが、年齢別の発症率はワシントン州と同様に1歳未満の乳児と10歳、13歳、14歳の小児が高かった。臨床分離株の細菌学的検査の結果、PCR法では90.7%(175/193株)がBordetella pertussis、5.7%(11株)がB.parapertussis、培養検査では92.4%(85/92株)がB.Pertussis、6.5%(6株)がB.parapertussisであった。パルスフィールドゲル電気泳動(PFGE)パターンは、検討した55株で14種類のプロファイルが同定され、33株(54.5%)は全国データベースで最も一般的な4種類のプロファイルと一致し、5株は全国データベースにない3種類のプロファイルを示した。現在、青少年におけるTdapワクチンによる感染予防期間について調査中である。

References

  • Council of State and Territorial Epidemiologists. Public health surveillance, control, and prevention of pertussis. CSTE position statement 1997-id-9. Atlanta, GA: Council of State and Territorial Epidemiologists; 1997. Available at <http://www.cste.org/ps/1997/1997- id-09.htm>. Accessed July 12, 2012.
  • CDC. Recommended immunization schedule for persons aged 0 through 18 years-United States, 2012. MMWR 2012;61(5).
  • CDC. National and state vaccination coverage among adolescents aged 13 through 17 years-United States, 2010. MMWR 2011;60:1117-23.
  • Clark TA, Messonnier NE, Hadler SC. Pertussis control: time for something new? Trends Microbiol 2012;20:211-3.
  • Skoff TH, Martin K, Cohn A, et al. Tdap vaccine effectiveness among adolescents: a case-control study in Minnesota. Presented at the 9th International Bordetella Symposium; September 30-October 3, 2010; Baltimore, MD.
  • Wei SC, Tatti K, Cushing K, et al. Effectiveness of adolescent and adult tetanus, reduced-dose diphtheria, and acellular pertussis vaccine against pertussis. Clin Infect Dis 2010;51:315-21.
  • Misegades LK, Winter K, Harriman K, Talarico J, Clark T, Martin SW. DTaP effectiveness: results from the California pertussis vaccine effectiveness assessment. In: Proceedings of the 49th Infectious Diseases Society of America; October 20-23, 2011; Boston, MA. Arlington, VA: Infectious Diseases Society of America; 2011.
  • Preziosi MP, Halloran ME. Effects of pertussis vaccination on transmission: vaccine efficacy for infectiousness. Vaccine 2003; 21:1853-61.
  • Tanaka M, Vitek CR, Pascual FB, Bisgard KM, Tate JE, Murphy TV. Trends in pertussis among infants in the United States, 1980-1999. JAMA 2003;290:2968-75.
  • Tozzi AE, Rava L, Ciofi degli Atti ML, Salmosa S, Progetto Pertosse Working Group. Clinical presentation of pertussis in unvaccinated and vaccinated children in the first six years of life. Pediatrics 2003; 112:1069-75.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ