一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)バベシア症サーベイランス-18州、2011年

MMWR抄訳

rss

2012/07/13Vol. 61 / No. 27

MMWR61(27):505-509
Babesiosis Surveillance - 18 States, 2011 

バベシア症サーベイランス-18州、2011年

バベシア症はBabesiaの寄生原虫による赤血球の感染症であり、発熱などのインフルエンザ様症状と溶血性貧血を示す。Babesia原虫は自然中ではマダニを介して感染するが、輸血によるヒトでの感染も認められ、アメリカでは2011年1月、18州および1都市にてヒトバベシア症のサーベイランスが開始された。2011年、National Notifiable Diseases Surveillance System (NNDSS)を通じCDCに報告されたバベシア症は1,124例(確診例:847、可能性例:277)であり、うち1,092例が7州(コネチカット、マサチューセッツ、ミネソタ、ニュージャージー、ニューヨーク、ロードアイランド、ウィスコンシン)からの報告であった。症例の年齢中央値は62(<1~98)歳、男性:63%、女性:34%、不明:3%、人種/民族別では非ラテン系白人が多く認められた。感染源に関するデータの得られた295例では、156例(53%)が発症前8週間以内にマダニに咬まれており、9例がライム病、アナプラズマ病などのマダニが媒介する他の疾患の診断を受けていた。輸血関連はレシピエント:10例、ドナー:2例(ともにレシピエント1例と関連)であった。また、429例がB.microtiを病原としており、発症、診断、検査からCDCに報告されるまでの期間はそれぞれ147(7~475)日、176(6~693)日、204(15~380)日であった。発症時期は6~8月が最も多く(82%)、症状は発熱(85%)、寒気(66%)、筋肉痛(64%)が多く認められた。入院期間の中央値は4(1~34)日間であり、入院例は有意に高齢であった[入院例:68(<1~96)歳、非入院例:58(3~89)歳]。死亡例は4例、1例はバベシア症による死亡ではなく、他の3例についてはバベシア症との関連性は不明である。

References

  • Vannier E, Krause PJ. Human babesiosis. N Engl J Med 2012; 366:2397-407.
  • Herwaldt BL, Linden JV, Bosserman E, et al. Transfusion-associated babesiosis in the United States: a description of cases. Ann Intern Med 2011;155:509-19.
  • Joseph JT, Roy SS, Shams N, et al. Babesiosis in Lower Hudson Valley, New York, USA. Emerg Infect Dis 2011;17:843-7.
  • Herwaldt BL, McGovern PC, Gerwel MP, Easton RM, MacGregor RR. Endemic babesiosis in another eastern state: New Jersey. Emerg Infect Dis 2003;9:184-8.
  • Weld ED, Eimer KM, Saharia K, Orenstein A, Hess JR. The expanding range and severity of babesiosis. Transfusion 2010;50:290-1.
  • Holman MS, Caporale DA, Goldberg J, et al. Anaplasma phagocytophilumBabesia microti, and Borrelia burgdorferi in Ixodes scapularis, southern coastal Maine. Emerg Infect Dis 2004;10:744-6.
  • CDC. National Notifiable Diseases Surveillance System. Available at <http://www.cdc.gov/osels/ph_surveillance/nndss/nndsshis.htm>. Accessed July 5, 2012.
  • Council of State and Territorial Epidemiologists. CSTE state reportable conditions assessment. Babesiosis reportability. Atlanta, GA: Council of State and Territorial Epidemiologists; 2012. Available at <http://www. cste.org/dnn/programsandactivities/publichealthinformatics/ statereportableconditionsqueryresults/tabid/261/default.aspx>. Accessed July 5, 2012.
  • US Census Bureau. State & county QuickFacts. Washington, DC: US Census Bureau; 2012. Available at <http://quickfacts.census.gov/qfd/ index.html>. Accessed July 5, 2012.
  • Leiby DA. Transfusion-transmitted Babesia spp.: bull’s-eye on Babesia microti. Clin Microbiol Rev 2011;24:14-28.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ