一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)鎮痛注射および1回量バイアルの再使用による浸潤性黄・・・

MMWR抄訳

rss

2012/07/13Vol. 61 / No. 27

MMWR61(27):501-504
Invasive Staphylococcus aureus Infections Associated with Pain Injections and Reuse of Single-Dose Vials - Arizona and Delaware, 2012 

鎮痛注射および1回量バイアルの再使用による浸潤性黄色ブドウ球菌感染症-アリゾナおよびデラウエア州、2012年

この報告は、2012年アリゾナおよびデラウエア州にて発生した2つの浸潤性黄色ブドウ球菌感染症のアウトブレイクに関する調査結果をまとめたものである。アリゾナ州では2012年4月8日、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)陽性を示す急性縦隔炎患者が報告され、この症例が受診した外来疼痛クリニックにてさらに2例のMRSA感染が確認された。このクリニックでは造影剤を処置室で調製しており、10mLの1回量バイアル(SDV)に入った造影剤と生理食塩水を5mLずつ混合し、2つの希釈造影剤入の10mLバイアルを用意し、午前と午後に1バイアルずつ使用していた。MRSA感染症を来した3例はいずれも午後のバイアルに入った造影剤を投与され、2例は硬膜外ステロイド注入、1例は星状神経節ブロックを受け、処置から4~8日後、急性縦隔炎、細菌性髄膜炎、硬膜外膿瘍および敗血症を来し9~41日間入院した。また、同じ午後のバイアルの造影剤が投与された1例が処置から6日後、自宅にて死亡したが、多剤過量摂取と判断され、MRSA感染については明らかではない。未開封バイアル(n=6)の検査では汚染は認められていない。デラウエア州では整形外科クリニックにて3月6~8日にブピバカインによる局所麻酔下にて関節内注入を受けた7例が敗血性関節炎または滑液包炎を来し、6(3~8)日間入院して壊死組織切除術および抗生物質静注を受けた。病巣部[膝(n=3)、股関節(n=2)、足首(n=1)、親指(n=1)]関節液の培養検査の結果、全例がメチシリン感受性黄色ブドウ球菌感染症であることが判明した。このクリニックではブピバカイン10mL SDVを使用していたが、供給が途絶したために30mLバイアルを複数の患者(1~8mL/例)に使用し、使い切るまで数時間、開封したまま放置、ときには次の日まで放置されていた。CDCによる調査の結果、調製または投与に関与したスタッフからアウトブレイク株と識別不能なS.aureusが検出された。SDVを複数の患者に利用する場合、米国薬局方の基準に従い、感染症リスクを最小限にすることが重要である。

References

  • CDC. Injection safety. CDC’s position-protect patients against preventable harm from improper use of single-dose/single-use vials. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at <http://www.cdc.gov/injectionsafety/cdcposition-singleusevial.html>. Accessed July 6, 2012.
  • CDC. Injection safety. CDC’s clinical reminder: spinal injection procedures performed without a facemask pose risk for bacterial meningitis. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011. Available at <http://www.cdc.gov/injectionsafety/ spinalinjection-meningitis.html>. Accessed July 6, 2012.
  • CDC. Healthcare-associated infections (HAIs). Guide to infection prevention for outpatient settings: minimum expectations for safe care. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011. Available at <http://www.cdc.gov/hai/settings/outpatient/outpatient-care-guidelines.html>. Accessed July 6, 2012.
  • Division of Public Health, Delaware Department of Health and Social Services. Delaware Health Alert Network no. 267. Health advisory. Infection prevention in outpatient settings: safe injection practices. Dover, DE: Delaware Department of Health and Social Services, Division of Public Health; 2012. Available at <http://dhss.delaware.gov/dph/php/ alerts/dhan267.html>. Accessed July 6, 2012.
  • CDC. 2007 guideline for isolation precautions: preventing transmission of infectious agents in healthcare settings. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2007. Available at <http://www.cdc. gov/hicpac/2007ip/2007isolationprecautions.html>. Accessed July 6, 2012.
  • Frost BA, Kainer MA. Safe preparation and administration of intravitreal bevacizumab injections. New Engl J Med 2011;365:2238.
  • CDC. Notes from the field: Multistate outbreak of postprocedural fungal endophthalmitis associated with a single compounding pharmacy- United States, March-April 2012. MMWR 2012;61:310-1.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ