一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)バイタルサイン:疼痛軽減のために使用するメタドンの・・・

MMWR抄訳

rss

2012/07/06Vol. 61 / No. 26

MMWR61(26):493-497
Vital Signs: Risk for Overdose from Methadone Used for Pain Relief - United States, 1999-2010

バイタルサイン:疼痛軽減のために使用するメタドンの過量投与のリスク-アメリカ、1999~2010年

オピオイド系鎮痛薬(OPR)のメタドンはOPR過量投与による死亡の1/3に関連しているというデータがあることから、CDCは1999~2010年のメタドンの過量投与による死亡率と全国での販売量を調査した。またDrug Abuse Warning Network Medical Examiner Systemに報告された13州における2009年のOPR過量投与による死亡率を、メタドンと他の主要なオピオイドで比較した。アメリカにおいて、2009年のメタドンの過量投与による死亡率は1999年の5.5倍であった。メタドンの過量投与による死亡率は疼痛治療におけるメタドン処方の増加に伴って上昇し、2007年がピークとなった(1.8/10万人)。また疼痛治療におけるメタドンの年間処方率は、2008年に1.5/100人まで上昇した。2010年、メタドンは各州に分配されたオピオイドの4.5%(ニュージャージー州)~18.5%(ワシントン州)を占めた。2009年の13州におけるOPRに関連(他剤も併用)した死亡者(3,294例)の31.4%、OPR単剤が原因の死亡者(748例)の39.8%はメタドンが原因であり、メタドンの過量投与による死亡率は他のOPRの過量投与による死亡率よりも有意に高かった。メタドンは、OPRの有益性が証明されていない症状に対して不適切に処方されている。メタドンを含む徐放性オピオイドは軽度疼痛/急性疼痛/ブレイクスルー疼痛に対して、あるいは頓用として使用するべきではなく、また慢性非癌性疼痛に対してメタドンを最初に考慮するべきではない。メタドンは、その使用経験が豊富な医師が適切なオピオイド処方ガイドラインを順守して使用する必要がある。

References

  • US Government Accountability Office. Methadone-associated overdose deaths: factors contributing to increased deaths and efforts to prevent them. [GAO-09-341] Washington, DC: US Government Accountability Office; 2009. Available at <http://www.gao.gov/products/gao-09-341>. Accessed May 15, 2012.
  • Ballesteros MF, Budnitz DS, Sanford CP, Gilchrist J, Agyekum GA, Butts J. Increase in deaths due to methadone in North Carolina. JAMA 2003;290:40.
  • Substance Abuse and Mental Health Services Administration. Data summary: methadone mortality, a 2010 reassessment. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, Substance Abuse and Mental Health Services Administration; 2010. Available at <http://www. dpt.samhsa.gov/pdf/methadone_mortality_data_2010.pdf>. Accessed April 17, 2012.
  • Substance Abuse and Mental Health Services Administration Center for Behavioral Statistics and Quality. The DAWN report: methadone-related emergency department visits involving nonmedical use. Rockville, MD: Substance Abuse and Mental Health Services Administration; 2012. Available at <http://www.samhsa.gov/data/2k12/web_dawn_022/ methadone_er_nonmedical.pdf>. Accessed April 16, 2012.
  • Food and Drug Administration. Public health advisory: methadone use for pain control may result in death and life-threatening changes in breathing and heart beat. Rockville, MD: Food and Drug Administration; 2006. Available at <http://www.fda.gov/drugs/drugsafety/ postmarketdrugsafetyinformationforpatientsandproviders/ drugsafetyinformationforheathcareprofessionals/publichealthadvisories/ ucm124346.htm>. Accessed May 17, 2012.
  • Drug Enforcement Administration. Advisory: methadone hydrochloride tables USP 40 mg (dispersible). Washington, DC: Drug Enforcement Administration; 2008. Available at <http://www.deadiversion.usdoj.gov/ pubs/advisories/methadone_advisory.htm>. Accessed May 15, 2012.
  • Warner M, Chen L, Makuc D, Anderson R, Miniño A. Drug poisoning deaths in the United States, 1980-2008. NCHS Data Brief, no 81. Hyattsville, MD: National Center for Health Statistics; 2011. Available at <http://www. cdc.gov/nchs/data/databriefs/db81.htm>. Accessed April 16, 2012.
  • Webster LR, Cochella S, Dasgupta N, et al. An analysis of the root causes for opioid-related overdose deaths in the United States. Pain Med 2011;12:S26-35.
  • CDC. WONDER [Database]. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at <http://wonder.cdc.gov>. Accessed May 23, 2012.
  • Governale L. Outpatient methadone utilization in the U.S., years 2000-2009. IMS Vector One: National, and SDI, Physician Drug and Diagnosis Audit. Methadone Mortality: A 2010 Reassessment Meeting; July 29-30, 2010; Washington, DC. Rockville, MD: Food and Drug Administration; 2010.
  • VonKorff M, Saunders K, Ray GT, et al. De facto long-term opioid therapy for noncancer pain. Clin J Pain 2008;24:521-7.
  • Sandoval JA, Furlan A, Mailis-Gagnon A. Oral methadone for chronic noncancer pain. Clin J Pain 2005;21:503-12.
  • Saper JR, Lake A, Bain P, et al. A practice guide for continuous opioid therapy for refractory daily headache: patient selection, physician requirements, and treatment monitoring. Headache 2010;50:1175-93.
  • Martell BA, O’Connor P, Kerns R, et al. Systematic review: opioid treatment for chronic low back pain: prevalence, efficacy, and association with addiction. Ann Int Med 2007;146:116-27.
  • Chou R, Fanciullo GJ, Fine PG, et al. Clinical guidelines for the use of chronic opioid therapy in chronic noncancer pain. J Pain 2009;10:113-30.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ