一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)CDC Grand Rounds:結核/HIVシン・・・

MMWR抄訳

rss

2012/07/06Vol. 61 / No. 26

MMWR61(26):484-489
CDC Grand Rounds: the TB/HIV Syndemic

CDC Grand Rounds:結核/HIVシンデミック

1882年のMycobacterium tuberculosisの発見以降、結核(TB)のコントロールはかなり進展したが、20世紀後期に良質なプログラムや研究が長期間実施されなかったため、結核の発症率は依然として高く、結核に関する課題に適切にアドレスするための新たなツールの開発にも失敗した。世界中の多くの国々は今日も約125年前に導入された診断用検査と約40年前に開発された薬剤を信頼し続けており、現在世界中で1時間に約160人が結核により死亡している(2009年には145万人が死亡)。この報告は、結核に関する誤解(TB感染症とTB疾患は同じという誤解、TBは公衆衛生上重要な問題ではなくなったという誤解、TBは容易に診断可能という誤解)、結核/HIVシンデミック(罹病や死亡に関するTBとHIVの相乗作用)、HIV/AIDS患者(PWHA)におけるTBのスクリーニング・診断・治療に関するエビデンス、これらエビデンスに基づいたWHOのTBコントロールに関する最新勧告、国際的TBコントロール戦略DOTS(直接観察治療、短期)の効果、TBコントロールに関する今後の課題について述べる。PWHAの全死亡者の1/4はTBが原因であり、HIV感染症はTB感染症からTB疾患への進行の最強の危険因子である。したがって、PWHAを介入標的とすることはTBコントロール戦略の成功につながる可能性がある。近年、TB診断と薬剤耐性試験が約2時間で可能な高感度で簡便なPCRベース検査(Xpert MTB/Rifアッセイ)の有用性が検証された。また臨床試験において、PWHAにおける介入対象者をスクリーニングするための新たな簡易アルゴリズム(咳・発熱・3週間以上続く寝汗という3種類の症状を評価)の有用性と、ツベルクリン皮膚テスト(TST)陽性PWHAに対する36ヶ月間のイソニアジド予防投与(IPT)のTB発症率低下に関する有益性が明らかになった。これらのエビデンスに基づき、WHOはTBコントロールに関する4項目の最新勧告を発表した:1)PWHAは新たな症状に基づくアルゴリズムでスクリーニングし、活動性TBではないと考えられる現在咳・発熱・体重減少・寝汗のない患者にはIPTを行うべき。2)上記症状がひとつでもある患者はTB疾患の疑いがあるため、さらなる評価を行うべき。3)TST陽性あるいはTST状態が不明で症状スクリーニングに基づきTB疾患ではないと思われるPWHAには、IPTを最低6ヶ月行うべき。4)実現可能な場合、PWHAにはIPTを最低36ヶ月(あるいは生涯)行うべき。今後、有効なTBワクチン・薬剤感受性/耐性TBの両者に有効な治療期間がより短くよりシンプルな抗TB薬レジメン・TB感染症とTB疾患を正確かつ簡易に診断できる新たな検査の開発が必要である。

References

  • World Health Organization. Global tuberculosis control: WHO global report 2010. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2011. Available at <http://www.who.int/tb/publications/global_report/archive/ en/index.html>. Accessed June 27, 2012.
  • CDC. Ten great public health achievements-worldwide, 2001-2010. MMWR 2011;60:814-8.
  • American Thoracic Society. Targeted tuberculin testing and treatment of latent tuberculosis infection. Am J Respir Crit Care Med 2000;161 (4 Pt 2):S221-47.
  • Getahun H, Gunneberg C, Granich R, Nunn P. HIV infection-associated tuberculosis: the epidemiology and the response. Clin Infect Dis 2010;50(Suppl 3):S201-7.
  • Cain KP, McCarthy KD, Heilig CM, et al. An algorithm for tuberculosis screening and diagnosis in people with HIV. N Engl J Med 2010; 362:707-16.
  • Monkongdee P, McCarthy KD, Cain KP, et al. Yield of acid-fast smear and mycobacterial culture for tuberculosis diagnosis in people with human immunodeficiency virus. Am J Respir Crit Care Med 2009; 180:903-8.
  • Frieden TR, ed. Toman’s tuberculosis: case detection, treatment and monitoring: questions and answers. 2nd ed. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2004. Available at <http://www.who.int/tb/ publications/toman/en/index.html>. Accessed June 29, 2012.
  • Boehme CC, Nabeta P, Hillemann D, et al. Rapid molecular detection of tuberculosis and rifampin resistance. N Engl J Med 2010; 363:1005-15.
  • Kranzer K, Houben RM, Glynn JR, Bekker LG, Wood R, Lawn SD. Yield of HIV-associated tuberculosis during intensified case finding in resource-limited settings: a systematic review and meta-analysis. Lancet Infect Dis 2010;10:93-102.
  • World Health Organization. Improving the diagnosis and treatment of smear-negative pulmonary and extrapulmonary tuberculosis among adults and adolescents: recommendations for HIV-prevalent and resource-constrained settings. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2007. Available at <http://www.who.int/hiv/pub/tb/ pulmonary/en/index.html>. Accessed June 26, 2012.
  • Akolo C, Adetifa I, Shepperd S, Volmink J. Treatment of latent tuberculosis infection in HIV infected persons. Cochrane Database Syst Rev 2010;(1):CD000171.
  • Lawn SD, Wood R, De Cock KM, Kranzer K, Lewis JJ, Churchyard GJ. Antiretrovirals and isoniazid preventive therapy in the prevention of HIV-associated tuberculosis in settings with limited health-care resources. Lancet Infect Dis 2010;10:489-98.
  • Samandari T, Agizew TB, Nyirenda S, et al. 6-month versus 36-month isoniazid preventive treatment for tuberculosis in adults with HIV infection in Botswana: a randomised, double-blind, placebo-controlled trial. Lancet 2011;377:1588-98.
  • Getahun H, Kittikraisak W, Heilig CM, et al. Development of a standardized screening rule for tuberculosis in people living with HIV in resource-constrained settings: individual participant data meta-analysis of observational studies. PLoS Med 2011;8:e1000391.
  • World Health Organization. Guidelines for intensified tuberculosis case finding and isoniazid preventive therapy for people living with HIV in resource constrained settings. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2011. Available at <http://www.who.int/hiv/pub/ tb/9789241500708/en/index.html>. Accessed June 29, 2012.
  • Frieden TR, Fujiwara PI, Washko RM, Hamburg MA. Tuberculosis in New York City-turning the tide. N Engl J Med 1995;333:229-33.
  • Dye C, Lonnroth K, Jaramillo E, Williams BG, Raviglione M. Trends in tuberculosis incidence and their determinants in 134 countries. Bull World Health Organ 2009;87:683-91.
  • Dye C, Williams BG. Eliminating human tuberculosis in the twenty-first century. J R Soc Interface 2008;5:653-62.
  • Marais BJ, Raviglione MC, Donald PR, et al. Scale-up of services and research priorities for diagnosis, management, and control of tuberculosis: a call to action. Lancet 2010;375:2179-91.
  • Raviglione MC, Uplekar MW. WHO’s new Stop TB strategy. Lancet 2006;367:952-5.
  • Abu-Raddad LJ, Sabatelli L, Achterberg JT, et al. Epidemiological benefits of more-effective tuberculosis vaccines, drugs, and diagnostics. Proc Natl Acad Sci USA 2009;106:13980-5.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ