一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)ネズミイルカから分離された海洋Brucellaへの・・・

MMWR抄訳

rss

2012/06/29Vol. 61 / No. 25

MMWR61(25):461-463
Human Exposures to Marine BrucellaIsolated from a Harbor Porpoise - Maine, 2012 

ネズミイルカから分離された海洋Brucellaへのヒト曝露-メイン州、2012年7月5日

2012年1月28日、メイン州南部の沿岸で大学Aの海洋哺乳類施設のレスキューチームがネズミイルカの死骸を回収し、翌29日、施設内にて職員、学生およびボランティア(計4名)により検死が行われた。この時、全員、手袋とガウンを着用していたが、呼吸器の保護はしていなかった。検死後、研究室Aに送付された子宮角組織の塗布検体からBrucellaが検出されたため、研究室Bにて同定し、その後CDCに送付してDNA検査を行った結果、Brucella cetiであることが確認された。これを受けて2月10日、Maine Center for Disease Control and Prevention (Maine CDC)は死骸および検体を取り扱った人々への職業的曝露について調査を開始した。研究室AおよびBでは適切な手順で検体処理が行われていたため曝露の可能性はないと判断されたが、検死を行った4名について3週間の予防的抗生物質投与(リファンピシン、ドキシサイクリン)、CDCによる血清学的モニタリング、発熱チェック(毎日)、急性発熱性疾患症状のモニタリング(毎週)を24週間行うよう勧告を出した。2012年6月26日の時点で発症例は認めておらず、また、抗体陽転も認めていない。

References

  • CDC. Laboratory-acquired brucellosis-Indiana and Minnesota, 2006. MMWR 2008;57:39-42.
  • CDC. Summary of notifiable diseases-United States, 2009. MMWR 2009;58:85-8.
  • Sohn AH, Probert WS, Glaser CA, et al. Human neurobrucellosis with intracerebral granuloma caused by a marine mammal Brucella spp. Emerg Infect Dis 2003;9:485-8.
  • McDonald WL, Jamaludin R, Mackereth G, et al. Characterization of a Brucella sp. strain as a marine-mammal type despite isolation from a patient with spinal osteomyelitis in New Zealand. J Clin Microbiol 2006; 44:4363-70.
  • Brew SD, Perrett LL, Stack JA, Macmillan AP, Staunton NJ. Human exposure to Brucella recovered from a sea mammal. Vet Rec 1999;144:483.
  • National Marine Fisheries Service. 2010-2012 cetacean unusual mortality event in northern Gulf of Mexico. Silver Spring, MD: National Oceanic and Atmospheric Administration, Office of Protected Resources, National Marine Fisheries Service; 2012. Available at <http://www.nmfs.noaa.gov/ pr/health/mmume/cetacean_gulfofmexico2010.htm>. Accessed June 25, 2012.
  • Scheftel JM, Elchos BL, Cherry B, et al. Compendium of veterinary standard precautions for zoonotic disease prevention in veterinary personnel: National Association of State Public Health Veterinarians 2010. J Am Vet Med Assoc 2010;237:1403-22.
  • CDC. Guidelines for safe work practices in human and animal medical diagnostic laboratories. MMWR 2012;61(Suppl):1-101.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ