一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)レストランにおけるアジ化ナトリウム中毒-テキサス州・・・

MMWR抄訳

rss

2012/06/29Vol. 61 / No. 25

MMWR61(25):457-460
Sodium Azide Poisoning at a Restaurant - Dallas County, Texas, 2010 

レストランにおけるアジ化ナトリウム中毒-テキサス州ダラス郡、2010年

2010年4月、Dallas County Health and Human Services (DCHHS)はレストランでめまいを急性発症した4名について、毒物学的、疫学的調査を行った。これらの4名はレストランでセルフ方式のアイスティーを紙コップに入れて飲んだ後、数分内に低血圧による失神を来し、救急外来(ED)に搬送された。全員、支持療法を受け、その日の夜または翌朝に退院となった。調査の結果、化学物質が原因であると疑われ、Dallas County Southwestern Institute of Forensic Sciences (SWIFS)、FDA、Texas Department of State Health ServicesおよびUniversity of Texas Southwestern School of Medicineの医学毒物学者などに協力を求め、代謝阻害物質(シアン化物、アジ化ナトリウム)、重金属、抗高血圧薬、有機リン酸塩、鎮静薬などの候補物質の分析を行った。また、電子サーベイランスシステムデータより、同じ日に同じ症状を示した症例を検索したところ、他のEDを受診した1例が同じレストランでアイスティーを飲んでいたため、計5例(32~52歳、男2女3)を対象として症例コントロール試験を行った。対照例(n=14)は同じレストランで飲食したがめまいは起こしておらず、うち13例はアイスティーを飲んでいなかった。アイスティーを飲んだ1例は、症例群とは異なるサーバーからアイスティーを飲んでいた。発生から約5ヵ月後、FBIによる分析の結果、症例の使用した紙コップと発生時に使用されていたアイスティーのサーバーからアジ化ナトリウムが検出された。アイスティーにアジ化ナトリウムが混入した経緯については不明であるが、患者は全例完治しており、警察の調査は終了された。

References

  • Chang S, Lamm SH. Human health effects of sodium azide exposure: a literature review and analysis. Int J Toxicol 2003;22:175-86.
  • Klein-Schwartz W, Gorman RL, Oderda GM, Massaro BP, Kurt TL, Garriott JC. Three fatal sodium azide poisonings. Med Toxicol Adverse Drug Exp 1989;4:219-27.
  • Gussow L. Toxicology rounds: the case of the contaminated coffee pot. Emergency Medicine News 2010;32:8. Available at <http://journals.lww. com/em-news/fulltext/2010/01000/the_case_of_the_contaminated_ coffee_pot.10.aspx>. Accessed June 22, 2012.
  • Gordon SM, Drachman J, Bland LA, Reid MH, Favero M, Jarvis WR. Epidemic hypotension in a dialysis center caused by sodium azide. Kidney Int 1990;37:110-5.
  • Okumura T, Ninomiya N, Ohta M. The chemical disaster response system in Japan. Prehosp Disaster Med 2003;18:189-92.
  • Schier JG, Rogers HS, Patel MM, Rubin CA, Belson MG. Strategies for recognizing acute chemical-associated foodborne illness. Mil Med 2006;171:1174-80.
  • Patel MM, Schier JG, Belson MG. Recognition of illness associated with covert chemical releases. Pediatr Emerg Care 2006;22:592-601.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ