一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)新たにHIV感染症と診断された成人および青少年にお・・・

MMWR抄訳

rss

2012/06/22Vol. 61 / No. 24

MMWR61(24):441-445
Previous HIV Testing Among Adults and Adolescents Newly Diagnosed with HIV Infection - National HIV Surveillance System, 18 Jurisdictions, United States, 2006-2009 

新たにHIV感染症と診断された成人および青少年における過去のHIV検査-National HIV Surveillance System、アメリカ、18管轄区、2006~2009年

2006年、CDCはHIV感染症の早期発見を促進し、ケアへの連携を容易にし、健康転帰を改善するため、HIV感染症のリスクの高い成人、青少年、妊婦に対し保健医療現場での少なくとも年1回のHIV検査の実施を推奨した。最近診断されたHIV感染症患者における過去のHIV検査パターンを理解することは、HIV感染症の発症から診断までの期間を短縮させるようなHIV検査戦略の計画に役立つ可能性がある。CDCは新たにHIV感染症と診断された成人および青少年における過去のHIV検査パターンを調査するため、National HIV Surveillance System(NHSS)によるHIV発症サーベイランスに参加した18管轄区の2006~2009年のデータを分析した。2006~2009年には推定125,124例の成人/青少年(13歳以上)が新たにHIV感染症と診断された。このうち検査歴の情報が入手できた57,476例(46%)において、初回HIV検査時のHIV感染症診断率は41%であり、59%はHIV感染症診断前のHIV検査結果が陰性であった。診断前のHIV検査陰性率をサブグループ別に評価した場合、13~29歳群(65%)、HIV伝播カテゴリーでの男性同性愛者(MSM)の男性(65%)とMSM/注射薬使用者(IDU)の男性(65%)の検査陰性率が最も高かった。HIV診断前12ヶ月以内の検査結果が陰性であったのは24%のみであり、サブグループとしては13~29歳群(33%)、白人(28%)、HIV伝播カテゴリーでのMSMの男性(29%)で検査陰性率が最も高かった。自分のHIV感染を意識していない患者は伝播リスクの高い行動を続ける可能性がある。HIV感染症の早期発見を増加させるため、ハイリスク集団における年1回のHIV検査の実施率を上昇させる取り組みが必要である。

References

  • CDC. Revised recommendations for HIV testing of adults, adolescents, and pregnant women in health-care settings. MMWR 2006;55(No. RR-14).
  • Prejean J, Song R, Hernandez A, et al. Estimated HIV incidence in the United States, 2006-2009. PLoS One 2011;6:e17502.
  • Song R, Hall HI, Frey R. Uncertainties associated with incidence estimates of HIV/AIDS diagnoses adjusted for reporting delay and risk redistribution. Stat Med 2008;24:453-64.
  • McDavid Harrison K, Kajese T, Hall HI, Song R. Risk factor redistribution of the national HIV/AIDS surveillance data: an alternative approach. Public Health Rep 2008;123:618-27.
  • CDC. Results of the expanded HIV testing initiative-25 jurisdictions, United States, 2007-2010. MMWR 2011;60:805-10.
  • CDC. HIV surveillance report, 2010. Vol. 22. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at <http://www.cdc. gov/hiv/topics/surveillance/resources/reports>. Accessed June 13, 2012.
  • Office of National AIDS Policy. National HIV/AIDS strategy. Washington, DC: Office of National AIDS Policy; 2010. Available at <http://www. whitehouse.gov/administration/eop/onap/nhas>. Accessed June 13, 2012.
  • CDC. Division of HIV/AIDS Prevention strategic plan, 2011 through 2015. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/strategy/dhap/pdf/dhap-strategic-plan.pdf>. Accessed June 13, 2012.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ