一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)露天採炭夫における塵肺症および進行性職業性肺疾患-・・・

MMWR抄訳

rss

2012/06/15Vol. 61 / No. 23

MMWR61(23):431-434
Pneumoconiosis and Advanced Occupational Lung Disease Among Surface Coal Miners - 16 States, 2010-2011

露天採炭夫における塵肺症および進行性職業性肺疾患-16州、2010~2011年

炭鉱夫塵肺症(CWP)は長期間の塵埃の吸入により発症する慢性疾患であり、最も重症な疾患は進行性塊状線維症(PMF)である。CWP予防のため、Coal Mine Health and Safety Act of 1969により地下および露天採炭時の吸入性粉塵への曝露制限が定められ、CWPの発症率は地下採炭夫にて11.2%(1970~1974年)から2.0%(1995~1999年)に低下している。今回、CDCはNational Institute for Occupational Safety and Health(NIOSH)のCoal Workers’ Health Surveillance Programより、2010~2011年における2,328名の採炭夫(男性:95%、非ラテン系白人:83%)の胸部レントゲン写真の分析を行った。このうち2,257名[97%、52(18-82)歳]は1年以上、露天採炭に従事しており、CWPの発症は46名(2.0%)、PMFの発症は12名(0.5%)に認め、うちそれぞれ37名、9名は地下採炭の経験はなかった。また、この露天採炭夫のうち中央アパラチア(ケンタッキー、バージニア、ウエストバージニア州)の採炭夫が833名、その他の13州(アラバマ、アリゾナ、コロラド、イリノイ、インディアナ、メリーランド、モンタナ、ニューメキシコ、ノースダコタ、オハイオ、ペンシルベニア、テネシー、ワイオミング州)の採炭夫が1,424名であり、それぞれにおけるCWP発症率は3.7%(31例)、1.1%(15例)、PMF発症率は1.2%(10例)、0.1%(2例)と、ともに中央アパラチアの採炭夫にて高値であった。進行性塵肺症およびr型不透過陰影も中央アパラチアの採炭夫にて高率に認められた(それぞれ1.3%vs0.4%、1.7%vs0.5%)。採炭夫としての総労働期間(中央値)は中央アパラチア:28年、その他13州:20年と有意差を認め、二項回帰分析では総労働期間の75%以上が露天採炭である2,102名において、CWP発症リスクは中央アパラチアの採炭夫にて2.7倍高値であった。以上、露天採炭夫では進行性塵肺症の発症リスクが高く、予防には塵埃のモニタリングおよびコントロールが有効であり、また、迅速な鑑別診断と治療介入が推奨される。

References

  • Suarthana E, Laney AS, Storey E, Hale JM, Attfield MD. Coal workers’ pneumoconiosis in the United States: regional differences 40 years after implementation of the 1969 Federal Coal Mine Health and Safety Act. Occup Environ Med 2011;68:908-13.
  • Laney AS, Attfield MD. Coal workers’ pneumoconiosis and progressive massive fibrosis are increasingly more prevalent among workers in small underground coal mines in the United States. Occup Environ Med 2010;67:428-31.
  • CDC. Pneumoconiosis prevalence among working coal miners examined in federal chest radiograph surveillance programs-United States, 1996-2002. MMWR 2003;32:336-9.
  • Mine Safety and Health Administration. Table 03. Average number of employees at coal mines in the United States, by primary activity, 1978-2008. Arlington, VA: Mine Safety and Health Administration, US Department of Labor; 2012. Available at <http://www.msha.gov/stats/ part50/wq/1978/wq78cl03.asp>. Accessed June 8, 2012.
  • International Labour Office. Guidelines for the use of the ILO international classification of radiographs of pneumoconiosis. Revised edition 2011. Geneva, Switzerland: International Labour Office; 2011. Available at <http://www.ilo.org/safework/info/WCMS_108548/lang-- en/index.htm>. Accessed June 11, 2012.
  • Laney AS, Petsonk EL, Attfield MD. Pneumoconiosis among underground bituminous coal miners in the United States: is silicosis becoming more frequent? Occup Environ Med 2010;67:652-56.
  • Jacobsen M, Maclaren WM. Unusual pulmonary observations and exposure to coal mine dust: a case-control study. Ann Occup Hyg 1982;26:753-65.
  • Seaton A, Dick JA, Dodgson J, Jacobsen M. Quartz and pneumoconiosis in coalminers. Lancet 1981;2:1272-5.
  • National Institute for Occupational Safety and Health. NIOSH criteria for a recommended standard: occupational exposure to crystalline silica. Cincinnati, OH: US Department of Health and Human Services, CDC, National Institute for Occupational Safety and Health; 1974. NIOSH publication no. 75-120. Available at <http://www.cdc.gov/niosh/ docs/1970/75-120.html>. Accessed June 8, 2012.
  • National Institute for Occupational Safety and Health. Criteria for a recommended standard: occupational exposure to coal mine dust. Cincinnati, OH: US Department of Health and Human Services, CDC, National Institute for Occupational Safety and Health; 1995. NIOSH publication no. 95-106. Available at <http://www.cdc.gov/niosh/docs/ 95-106>. Accessed June 8, 2012.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ