一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)最新情報:インフルエンザ活性-アメリカ、2011-・・・

MMWR抄訳

rss

2012/06/08Vol. 61 / No. 22

MMWR61(22):414-420
Update: Influenza Activity - United States, 2011-12 Season and Composition of the 2012-13 Influenza Vaccine

最新情報:インフルエンザ活性-アメリカ、2011-12シーズンと2012-13インフルエンザワクチンの組成

アメリカにおける2011-12インフルエンザシーズン(2011年10月2日~2012年5月19日)のインフルエンザ活性の概要と、北半球の2012-13インフルエンザワクチンの組成を報告する。この期間中アメリカでは169,453検体が検査され、22,417検体(13%)がインフルエンザウイルス陽性、このうち19,285検体(86%)がインフルエンザA型、3,132検体(14%)がインフルエンザB型であった。サブタイプを検討したインフルエンザA型14,968株のうち11,002株(74%)がA(H3N2)ウイルス、3,966株(26%)がインフルエンザA(H1N1)pdm09(pH1N1)ウイルスであった。2011年8月以降、6州でpH1N1ウイルスのM遺伝子を有する新たなブタ由来インフルエンザA(H3N2)変異(H3N2v)ウイルスのヒト感染例13例が報告された。このうち3例は入院したが、全例が回復した。13例中6例は最近のブタとの接触歴がなかった。また2011-12シーズン中には2種類の新たなウイルス[インフルエンザA(H1N2)変異(H1N2v)ウイルス、インフルエンザA(H1N1)変異(H1N1v)ウイルス]が各1例より同定された。2011年10月1日以降に分離されたインフルエンザウイルス1,887株について抗原性を検討した結果、pH1N1ウイルス527株中503株(95%)、A(H3N2)ウイルス1,058株中864株(82%)、Bウイルス302株のうちB/Victoria系に属する147株(49%)中139株(95%)は、それぞれ北半球2011-12年インフルエンザワクチン製剤のpH1N1成分(A/California/7/2009様)、A(H3N2)成分(A/Perth/16/2009様)、B成分(B/Brisbane/60/2008様)と関連していた。FDAはアメリカにおける2012-13シーズンの3価インフルエンザワクチン製剤の成分として、A/California/7/2009様(pH1N1)、A/Victoria/361/2011様(H3N2)、B/Wisconsin/1/2010様ウイルスを推奨した。2011-12シーズン中、インフルエンザ様疾患(ILI)による外来受診率は2012年3月17日の週がピークで2.4%(全国基準値)であった。外来受診率が全国基準値を1回も超えなかったシーズンは、ILIサーベイランスネットワークの調査開始(1997-98シーズン)以降初めてであった。ちなみに2008-09/2009年パンデミック/2010-11年シーズンにおける外来受診率のピークは、それぞれ3.6%、7.7%、4.5%であった。インフルエンザ活性の地理的分布は2012年3月17日の週がピークであり、20州が広範囲、20州が地域的なインフルエンザ活性を報告した。FluSurv-NETの報告によると、2011年10月2日~2012年4月28日の累積インフルエンザ関連入院率(10万人あたり)は0~4歳14.2(過去3シーズン:35.5~72.8)、5~17歳4.2(6.4~27.3)、18~49歳4.1(3.6~23.1)、50~64歳8.5(5.1~30.8)、65歳以上30.4(13.5~65.9)であった。2011-12シーズンにおいて肺炎およびインフルエンザ関連死亡率が流行閾値以上であったのは、2012年1月21日の1週(7.9%)のみであった(過去3シーズン:3~13週、7.9~9.1%)。検査確定インフルエンザ関連死小児は26例(平均7.3歳、中央値6.5歳)報告された(2008-09シーズン67例、2009年パンデミック348例、2010-11シーズン122例)。6例はインフルエンザB、5例はA(H3)、7例はpH1N1、7例はサブタイプ不明のインフルエンザAウイルス、1例はタイプ不明のインフルエンザウイルスの感染者であった。以上、2011-12インフルエンザシーズンは近年に比べて軽度で、ILIによる外来受診率や入院率、肺炎およびインフルエンザ関連死亡率が低かったことが明らかになった。

References

  • CDC. Update: influenza A (H3N2)v transmission and guidelines-five states, 2011. MMWR 2012;60:1741-4.
  • Brammer L, Blanton L, Epperson S, et al. Surveillance for influenza during the 2009 influenza A (H1N1) pandemic-United States, April 2009- March 2010. Clin Infect Dis 2011;52(Suppl 1):S27-35.
  • CDC. Prevention and control of influenza with vaccines: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2010;59(No. RR-8).
  • CDC. Influenza prevention: information for travelers. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011. Available at <http://www.cdc.gov/flu/travelers/travelersfacts.htm>. Accessed May 31, 2012.
  • CDC. Antiviral agents for the treatment and chemoprophylaxis of influenza: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2011;60(No. RR-1).

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ