一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)2011年のBehavioral Risk Fac・・・

MMWR抄訳

rss

2012/06/08Vol. 61 / No. 22

MMWR61(22):410-413
Methodologic Changes in the Behavioral Risk Factor Surveillance System in 2011 and Potential Effects on Prevalence Estimates

2011年のBehavioral Risk Factor Surveillance Systemにおける方法論の変更と推定有病率に対する影響の可能性

アメリカにおけるBehavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)を含む電話インタビューによる公衆衛生調査は、近年の固定電話を持たず携帯電話のみを持つ人口の急激な増加と回答率の低下のため調整が必要となっている。BRFSSは、2004年から携帯電話世帯の追加と統計学的重みづけの方法の改善[従来の事後層化法からraking法(反復比例フィッティング法)へ]を計画しパイロット研究などを実施しており、実際にデータ収集と重みづけの方法を変更した2011年BRFSSデータセットが2012年に発表される。予備的評価は、携帯電話世帯の回答者の追加と重みづけ法の変更により健康リスク行動(身体活動、大量飲酒、喫煙など)と慢性疾患(喘息、脳卒中、冠動脈性心疾患、糖尿病)の推定有病率が増加する可能性があることを示す。公衆衛生局はデータ収集法と重みづけ法の変更によりBRFSSの2011年のデータと2010年以前のデータに違いが生じる可能性を意識するべきであり、推定有病率の誤った解釈を避けるためにコミュニティに推定法変更の影響に関する情報を提供する必要がある。

References

  • CDC. Behavioral Risk Factor Surveillance System: 2010 survey data. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011. Available at http://www.cdc.gov/brfss/technical_infodata/ surveydata/2010.htm. Accessed January 6, 2012.
  • CDC. Interim results: state specific influenza vaccination coverage-United States, August 2010-February 2011. MMWR 2011;60:737-43.
  • Kennet J, Gfroerer J, eds. Evaluating and improving methods used in the National Survey on Drug Use and Health. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, Substance Abuse and Mental Health Services Administration, Office of Applied Studies; 2005. Available at <http:// www.samhsa.gov/data/nsduh/methods.pdf>. Accessed May 31, 2012.
  • Hu SS, Pierannunzi C, Balluz L. Integrating a multimode design into a national random-digit-dialed telephone survey. Prev Chronic Dis 2011; 8:A145.
  • Blumberg SJ, Luke JV. Wireless substitution: early release estimates from the National Health Interview Survey, January-June 2011. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/data/nhis/earlyrelease/wireless201112.pdf>. Accessed December 20, 2011.
  • Groves R. Survey errors and survey costs. New York, NY: John Wiley & Sons; 1989.
  • Battaglia MP, Frankel MR, Link MW. Improving standard poststratification techniques for random-digit-dialing telephone surveys. Survey Research Methods 2008;2:11-9.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ