一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)成人の入院患者における静脈血栓塞栓症-アメリカ、2・・・

MMWR抄訳

rss

2012/06/08Vol. 61 / No. 22

MMWR61(22):401-404
Venous Thromboembolism in Adult Hospitalizations - United States, 2007-2009

成人の入院患者における静脈血栓塞栓症-アメリカ、2007~2009年

入院患者は静脈血栓塞栓症(VTE)[深部静脈血栓症(DVT)、肺塞栓症(PE)]の発症リスクが上昇しているが、入院中に発症する多くのVTEイベントは予防可能である。U.S. Department of Health and Human Servicesの新たなプログラムは、入院中の予防可能なVTEの発症数減少を目的としている。アメリカにおける入院中のVTE発症者数を推定するため、CDCはNational Hospital Discharge Survey(NHDS)の2007~2009年のデータを分析した。アメリカの成人(18歳以上)入院患者のうち推定で毎年平均547,596例がVTEを発症した。このうちDVT発症者は348,558例、PE発症者は277,549例であり、DVT/PEとも発症した患者は78,511例であった。入院患者におけるVTE/DVT/PEの年間平均発症率(10万例あたり)は、それぞれ239/152/121例であった。入院中の年間平均VTE発症者数は患者の年齢とともに上昇し、18~39歳群は54,034例、40~59歳群は143,354例、60歳以上群は350,208例であった。また入院患者における年齢別の年間VTE発症率は、18~39歳群が60例、40~49歳群が143例、50~59歳群が200例、60~69歳群が391例、70~79歳群が727例、80歳以上群が1,134例であった。入院中の年間平均VTE発症者数は男性(250,973例)と女性(296,623例)で差はみられなかった。VTEと診断された成人入院患者のうち毎年平均28,726例が死亡した。VTEは重要な公衆衛生上の問題であり、入院患者における予防可能なVTE発症数を減少させるためエビデンスに基づく予防戦略を開発し実施する必要がある。

References

  • Raskob GE, Silverstein R, Bratzler DW, Heit JA, White RH. Surveillance for deep vein thrombosis and pulmonary embolism: recommendations from a national workshop. Am J Prev Med 2010;38(4 Suppl):S502-9.
  • Beckman MG, Hooper C, Critchley SE, Ortel TL. Venous thromboembolism: a public health concern. Am J Prev Med 2010;38(4 Suppl):S495-501.
  • Heit JA. Venous thromboembolism: disease burden, outcomes and risk factors. J Thromb Haemost 2005;3:1611-7.
  • US Department of Health and Human Services. Partnership for patients: better care, lower costs. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2011. Available at <http://www.healthcare.gov/compare/ partnership-for-patients>. Accessed June 2, 2012.
  • Hall MJ, DeFrances CJ, Williams SN, Golosinskiy A, Schwartzman A. National Hospital Discharge Survey: 2007 summary. Natl Health Stat Rep 2010;26:1-20,24.
  • Maynard GA, Morris TA, Jenkins IH. Optimizing prevention of hospital-acquired venous thromboembolism (VTE): prospective validation of a VTE risk assessment model. J Hosp Med 2010;5:10-8.
  • Silverstein MD, Heit J, Mohr DN, Petterson TM, O’Fallon WM, Melton III LJ. Trends in the incidence of deep vein thrombosis and pulmonary embolism: a 25-year population-based study. Arch Intern Med 1998;158:585-93.
  • Tormene D, Ferri V, Carraro S, Simioni P. Gender and the risk of venous thromboembolism. Semin Thromb Hemost 2011;37:193-8.
  • Yu HT, Dylan ML, Lin J, Dubois RW. Hospitals’ compliance with prophylaxis guidelines for venous thromboembolism. Am J Health Syst Pharm 2007;64:69-76.
  • White RH, Garcia M, Sadeghi B, et al. Evaluation of the predictive value of ICD-9-CM coded administrative data for venous thromboembolism in the United States. Thromb Res 2010;126:61-7.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ