一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)入国難民による麻疹のアウトブレイク-カリフォルニア・・・

MMWR抄訳

rss

2012/06/01Vol. 61 / No. 21

MMWR61(21):385-389
Measles Outbreak Associated with an Arriving Refugee - Los Angeles County, California, August-September 2011

入国難民による麻疹のアウトブレイク-カリフォルニア州ロサンゼルス郡、2011年8~9月

アメリカでは2000年、ワクチン接種の拡大により風土病としての麻疹は根絶されたが、ワクチンを接種していない人が麻疹を風土病とする国や地域へ旅行することにより、散発的なアウトブレイクが依然として発生している。2011年8月26日、Los Angeles County Department of Public Health (LACDPH)にボツワナからロサンゼルスに到着した難民に麻疹の疑いがあると報告があった。この症例(症例A:15歳男児、ワクチン未接種)は24日、クアラルンプールから空路にて入国した。出発前の8月21日に発熱を来し、22日に発疹が発現していたが、マレーシアのInternational Organization for Migration(IOM)には報告せずに24日アメリカに入国、翌25日に救急外来(ED)を受診し、約8時間、隔離されずにいた後、別の病院のEDに搬送され、麻疹の疑いで隔離された。デング熱である可能性も疑われ、血清学的検査および核酸増幅検査(NAAT)を行い、麻疹と確診された。LACDPHおよびカリフォルニア州の公衆衛生局(CDPH)は家族を含み症例Aとの接触が疑われる97名を調査したところ、同じ飛行機に搭乗していたアメリカ生まれの12ヵ月齢の女児(症例B)が、帰国から5日目(29日)、自宅近くの病院で麻疹・ムンプス・風疹(MMR)ワクチン(第1回目)の接種を受け、翌30日に発熱、31日に発疹を来し、9月9日、NAATにより麻疹と確診された。インドネシア生まれの19ヵ月齢の女児(症例C)はロサンゼルス群にいる家族に会うため同じ飛行機に搭乗、8月30日に自宅待機を指示された。9月1日に発熱したがLACDPHへ報告せずに、ラスベガスに旅行に行った。旅行から帰った9月3日に発疹を来し、6日になってLACDPHに報告、自宅で待機するようにとの指示に従わず、7日に小児科を受診、9日にNAATにより麻疹と確診された。さらに症例Aが入国した際のU.S. Customs and Border Protectionの職員(25歳男性、症例D)が9月3日に発熱、6日に発疹を来し、9日にNAATにより麻疹と確診された。これら3例の他に二次感染例は認めていない。麻疹の予防にはワクチン接種のほか、アメリカに入国する旅行者に対する警戒が重要であることが示唆される。

References

  • Parker Fiebelkorn A, Redd SB, Gallagher K, et al. Measles in the United States during the postelimination era. J Infect Dis 2010;202:1520-8.
  • CDC. Notes from the field: measles among U.S.-bound refugees from Malaysia-California, Maryland, North Carolina, and Wisconsin, August-September 2011. MMWR 2011;60:1281-2.
  • CDC. National Notifiable Diseases Surveillance System: measles 2010 case definition. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2010. Available at <http://www.cdc.gov/osels/ph_ surveillance/nndss/casedef/measles_2010.htm>. Accessed May 25, 2012.
  • Rota P, Brown K, Mankertz A, et al. Global distribution of measles genotypes and measles molecular epidemiology. J Infect Dis 2011; 204(Suppl 1):S514-23.
  • CDC. Measles, mumps, and rubella-vaccine use and strategies for elimination of measles, rubella, and congenital rubella syndrome and control of mumps: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 1998;47(No. RR-8).
  • CDC. Measles imported by returning U.S. travelers aged 6-23 months, 2001-2011. MMWR 2011;60:397-400.
  • CDC. Notes from the field: measles outbreak-Indiana, June-July 2011. MMWR 2011;60:1169.
  • Chen T-H, Kutty P, Lowe L, et al. Measles outbreak associated with an international youth sporting event in the United States, 2007. Pediatr Infect Dis J 2010;29:794-800.
  • CDC. Notes from the field: multiple cases of measles after exposure during air travel-Australia and New Zealand, January 2011. MMWR 2011;60:851.
  • CDC. Notes from the field: measles outbreak-Hennepin County, Minnesota, February-March 2011. MMWR 2011;60:421.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ