一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)脳卒中の有病率-アメリカ、2006~2010年

MMWR抄訳

rss

2012/05/25Vol. 61 / No. 20

MMWR61(20):379-382
Prevalence of Stroke - United States, 2006-2010

脳卒中の有病率-アメリカ、2006~2010年

2008年、アメリカにおいて脳卒中は死因の第4位であり、長期にわたる重度機能障害の主因であった。高齢の脳卒中生存者の約半数は中等度から重度の機能障害を有し、2008年のアメリカにおける脳卒中生存者のケアに関連した費用は188億ドル、生産性喪失と早期死亡に関連した費用は155億ドルである。以前のCDCの報告によると、2005年のアメリカの成人における脳卒中の有病率(施設に入所していない脳卒中既往患者の割合)は2.6%であった。アメリカの成人(18歳以上)における脳卒中の有病率の傾向を調査するため、CDCはBehavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)の2006~2010年のデータを分析した。全体として自己申告された脳卒中の年齢調整有病率は2006年の2.7%から2010年には2.6%に低下したが、2005年の報告と同様、脳卒中の有病率には年齢、人種/民族、教育レベルによる格差がみられた。年齢別の有病率は2006年から2010年まで一貫して65歳以上群(7.9~8.4%)が18~44歳群(0.6~0.7%)に比べて約10倍高かった。人種民族別では、アメリカンインディアン/アラスカ先住民(4.4~5.9%)と黒人(3.7~4.1%)が最も高く、アジア系/ハワイ先住民およびその他の太平洋諸島系(1.5~2.3%)が最も低かった。また教育レベル別では高校卒業未満群(4.1~5.0%)が最も高く、大学卒業以上群(1.7~1.8%)が最も低かった。地域別の有病率は南東部とネバダ州で高く、ジョージア州とサウスダコタ州はこの期間中有病率が有意に低下した(それぞれ3.3%から2.8%へ、2.2%から1.8%へ)。以上の結果は、州の脳卒中予防プログラムの開発に有用と思われる。

References

  • Miniño AM, Murphy SL, Xu J, Kochanek KD. Deaths: final data for 2008. Natl Vital Stat Rep 2011;59(10).
  • Kelly-Hayes M, Beiser A, Kase CS, Scaramucci A, D’Agostino RB, Wolf PA. The influence of gender and age on disability following ischemic stroke: the Framingham Study. J Stroke Cerebrovasc Dis 2003;12:119-26.
  • Roger VL, Go AS, Lloyd-Jones DM, et al. Heart disease and stroke statistics-2012 update: a report from the American Heart Association. Circulation 2012;125:e2-220.
  • Gillum RF, Kwagyan J, Obisesan TO. Ethnic and geographic variation in stroke mortality trends. Stroke 2011;42:3294-6.
  • CDC. Prevalence of stroke-United States, 2005. MMWR 2007; 56:469-74.
  • Klein RJ, Schoenborn CA. Age adjustment using the 2000 projected U.S. population. Healthy People 2010 Stat Notes 2001;20:1-10.
  • Fang J, Alderman MH, Keenan NL, Croft JB. Declining US stroke hospitalization since 1997: National Hospital Discharge Survey, 1988-2004. Neuroepidemiology 2007;29:243-9
  • Carandang R, Seshadri S, Beiser A, et al. Trends in incidence, lifetime risk, severity, and 30-day mortality of stroke over the past 50 years. JAMA 2006;296:2939-46.
  • Kleindorfer DO, Khoury J, Moomaw CJ, et al. Stroke incidence is decreasing in whites but not in blacks: a population-based estimate of temporal trends in stroke incidence from the Greater Cincinnati/ Northern Kentucky Stroke Study. Stroke 2010;41:1326-31.
  • Liao Y, Greenlund KJ, Croft JB, Keenan NL, Giles WH. Factors explaining excess stroke prevalence in the US Stroke Belt. Stroke 2009; 40:3336-41.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ