一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)作業関連喘息-38州とワシントンDC、2006~2・・・

MMWR抄訳

rss

2012/05/25Vol. 61 / No. 20

MMWR61(20):375-378
Work-Related Asthma - 38 States and District of Columbia, 2006-2009  

作業関連喘息-38州とワシントンDC、2006~2009年

作業増悪喘息(既存の喘息が職場の環境因子により増悪)と職業性喘息(職場環境に関連して発症した喘息)を含む作業関連喘息(WRA)は、重篤な健康および社会経済的転帰と関連する予防可能な職業性肺疾患である。American Thoracic Society は、米国の成人喘息患者の15%は作業関連因子が関与していると推測している。米国の成人(18歳以上)における現在の喘息およびWRAの有病率を推定するため、CDCは38州およびワシントンDCにおけるBehavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)の2006~2009年のデータを分析した。調査対象とした全1,082,135例における現在の喘息の有病率は8.4%であり、雇用経験のある現在喘息患者38,306例におけるWRAの有病率は9.0%であった。州別のWRA有病率は4.8%(アリゾナ州)~14.1%(フロリダ州)であった。WRAの有病率は男性(9.1%)と女性(8.9%)で同等であり、年齢別では45~64歳群(12.7%)が18~44歳群(6.9%)、65歳以上群(7.5%)よりも高く、人種/民族別では黒人(12.5%)とその他の人種/民族(11.8%)が白人(8.2%)、ラテンアメリカ系(10.5%)よりも高かった。これらの所見は、州および全国の保健局が喘息患者におけるWRAの割合を監視する上で有用な基礎情報となる。また作業情報の収集も含めたWRAサーベイランスにより、WRAの理解が深まる可能性がある。

References

  • Friedman-Jimenez G, Beckett WS, Szeinuk J, et al. Clinical evaluation, management, and prevention of work-related asthma. Am J Ind Med 2000;37:121-41.
  • Tarlo SM, Balmes J, Balkissoon R, et al. Diagnosis and management of work-related asthma: American College of Chest Physicians consensus statement. Chest 2008;134(3 Suppl):1S-41S.
  • Balmes J, Becklake M, Blanc P, et al. American Thoracic Society statement: occupational contribution to the burden of airway disease. Am J Respir Crit Care Med 2003;167:787-97.
  • Lutzker LA, Rafferty AP, Brunner WM, et al. Prevalence of work-related asthma in Michigan, Minnesota, and Oregon. J Asthma 2010; 47:156-61.
  • Liss GM, Nordman H, Tarlo SM, Bernstein DI. Prevention and surveillance. In: Bernstein IL, Chan-Yeung M, Malo J, Bernstein DI, eds. Asthma in the workplace. 3rd ed. New York, NY: Taylor & Francis Group; 2006:353-75.
  • Henneberger PK, Kreiss K, Rosenman KD, et al. An evaluation of the incidence of work-related asthma in the United States. Int J Occup Environ Health 1999;5:1-8.
  • Sama SR, Milton DK, Hunt PR, et al. Case-by-case assessment of adult-onset asthma attributable to occupational exposures among members of a health maintenance organization. J Occup Environ Med 2006; 48:400-7.
  • Menzies D, Nair A, Williamson PA, et al. Respiratory symptoms, pulmonary function, and markers of inflammation among bar workers before and after a legislative ban on smoking in public places. JAMA 2006;296:1742-8.
  • CDC. Work-related lung disease surveillance system (eWoRLD). Asthma. Cincinnati, OH: US Department of Health and Human Services, CDC, National Institute for Occupational Safety and Health; 2008. Available at <http://www2a.cdc.gov/drds/worldreportdata/ sectiondetails.asp?archiveid=1&sectiontitleid=9>. Accessed May 21, 2012.
  • Hu SS, Balluz L, Battaglia MP, et al. Improving public health surveillance using a dual-frame survey of landline and cell phone numbers. Am J Epidemiol 2001;173:703-11.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ