一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)州のたばこ収入とたばこ規制支出金との比較-アメリカ・・・

MMWR抄訳

rss

2012/05/25Vol. 61 / No. 20

MMWR61(20):370-374
State Tobacco Revenues Compared with Tobacco Control Appropriations - United States, 1998-2010

州のたばこ収入とたばこ規制支出金との比較-アメリカ、1998~2010年

1999年、CDCのBest Practices for Comprehensive Tobacco Controlはたばこ関連疾患/機能障害/死亡を減少させるため、エビデンスに基づいた州のたばこ規制プログラムに年間16~42億ドル(2007年以降は37億ドルに変更)出資するよう勧告した。州のたばこ関連収入とたばこ規制プログラムへの出資状況を分析するため、CDCは1998~2010年のデータを調査した。たばこ会社からの支払い(州とたばこ会社との間で結ばれた包括的和解契約による)とたばこ税による州の年間収入は1998年の88億ドルから2010年には240億ドルまで増加し、1998~2010年の総収入は2,438億ドルであった。一方、たばこ規制のための州と連邦の年間支出額は1998年の2.6億ドルから2002年には8.2億ドルに増加したが、2009年には7.4億ドル、2010年には6.4億ドルへと減少し、この期間中の総支出額は81億ドルであった。Best Practicesの勧告に基づいた場合、この期間中のたばこ規制プログラムへの出資額は少なくとも292億ドルになる(16億ドル×9年+37億ドル×4年)。たばこに関する州の収入と州/連邦の支出の割合は、1998~2010年全体で30:1であり、2010年は37:1であった。州がBest Practicesレベルでタバコ規制プログラムに出資した場合、より大幅かつ迅速に喫煙を減少させることができ罹病率や死亡率も減少する可能性がある。

References

  • CDC. Best practices for comprehensive tobacco control-1999. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 1999.
  • CDC. Best practices for comprehensive tobacco control programs-2007. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2007. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/stateandcommunity/ best_practices/index.htm>. Accessed May 17, 2012.
  • Institute of Medicine. Ending the tobacco problem: a blueprint for the nation. Washington, DC: The National Academies Press; 2007. Available at <http:// books.nap.edu/openbook.php?record_id=11795>. Accessed May 21, 2012.
  • Jones WJ, Silvestri GA. The Master Settlement Agreement and its impact on tobacco use 10 years later: lessons for physicians about health policy making. Chest 2010;137:692-700.
  • Orzechowski W, Walker RC. The tax burden on tobacco. Vol. 45. Arlington, VA: Orzechowski and Walker; 2010.
  • Campaign for Tobacco Free Kids. A broken promise to our children: the 1998 state tobacco settlement 13 years later. Washington, DC: Campaign for Tobacco Free Kids; 2011. Available at <http://www. tobaccofreekids.org/what_we_do/state_local/tobacco_settlement>. Accessed December 9, 2011.
  • Niemeyer D, Miner KR, Carlson LM, Baer K, Shorty L. The 1998 Master Settlement Agreement: a public health opportunity realized-or lost? Health Promot Pract 2004;5(3 Suppl):21S-32S.
  • CDC. Vital Signs: current cigarette smoking among adults aged >=18 years-United States, 2005-2010. MMWR 2011;60:1207-12.
  • Farrelly MC, Pechacek TF, Chaloupka FJ. The impact of tobacco control program expenditures on aggregate cigarette sales: 1981-2000. J Health Econ 2003;22:843-59.
  • Lightwood JM, Dinno A, Glantz SA. Effect of the California tobacco control program on personal health care expenditures. PLoS Med 2008;5:e178.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ