一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)10代女性における性経験と避妊具の使用-アメリカ、・・・

MMWR抄訳

rss

2012/05/04Vol. 61 / No. 17

MMWR61(17):297-301
Sexual Experience and Contraceptive Use Among Female Teens - United States, 1995, 2002, and 2006-2010

10代女性における性経験と避妊具の使用-アメリカ、1995、2002、2006~2010年

2010年のアメリカにおける10代女性(15~19歳)の出産率は1,000人あたり34.3であり、1990年より44%減少しているが、他の先進国に比べ高く、約368,000名が出産している。今回、CDCは1995、2002および2006~2010年のNational Survey of Family Growthデータより、10代女性の性経験および避妊具の使用について分析を行った。その結果、2006~2010年、10代女性の半数以上(56.7%、15~17歳:72.9%、18~19歳:36.5%)は性経験がなく、1995年の48.9%から16%増加していた。人種/民族による有意な相違はなく(白人:57.6%、黒人:53.6%、ラテン系:56.2%)、1995年からの増加率は黒人:34%、ラテン系:29%、白人:15%であった。調査した月に性経験をもった10代女性のうち、59.8%は高度避妊法[持続性可逆的避妊法(子宮内避妊装置またはホルモンインプラント)、ホルモン含有避妊薬経口剤/パッチ/リング、ホルモン注射または本人/パートナーの不妊手術]を行っており(コンドーム併用:12.0%、非併用:47.8%)、16.3%は中等度避妊法(コンドームのみ)、6.1%は低度避妊法、17.9%は避妊を行っていなかった。1995年と2006~2010年の比較では、高度避妊法は26%増加、中等度避妊法は43%減少していた。人種/民族別の高度避妊法は白人:65.7%、黒人:46.5%、ラテン系:53.7%であり、それぞれ1995年より34%、4%、19%増加していた。また、避妊を行っていない女性は白人では19%減少していたが、黒人では20%増加していた。年齢別の高度避妊法は15~17歳:56.5%(1995年:46.0%、23%増)、18~19歳:61.8%(1995年;48.4%、28%増)であり、避妊を行っていない女性は15~17歳:19.5%(1995年:23.9%、19%減)、18~19歳:16.9%(1995年:16.3%)であった。以上、10代女性の性経験開始年齢は高くなっており、高度避妊率も増加していることが示された。

References

  • Hamilton BE, Martin JA, Ventura SJ. Births: preliminary data for 2010. Natl Vital Stat Rep 2011;60(2).
  • United Nations. Demographic yearbook 2009. New York, NY: United Nations; 2010. Available at <http://unstats.un.org/unsd/demographic/ products/dyb/dyb2.htm>. Accessed February 28, 2012.
  • Trussell J. Contraceptive failure in the United States. Contraception 2011; 83:397-404.
  • Groves RM, Mosher WD, Lepkowski J, Kirgis NG. Planning and development of he continuous National Survey of Family Growth. Vital Health Stat 2009;1(48).
  • Santelli JS, Lindberg LD, Finer LB, Singh S. Explaining recent declines in adolescent pregnancy in the United States: the contribution of abstinence and improved contraceptive use. Am J Public Health 2007;97:150-6.
  • Martinez G, Copen CE, Abma JC. Teenagers in the United States: sexual activity, contraceptive use, and childbearing, 2006-2010 National Survey of Family Growth. Vital Health Stat 2011;23(31).
  • American College of Obstetricians and Gynecologists, Committee on Adolescent Health. The initial reproductive health visit. Committee opinion no. 460. Obstet Gynecol 2010;116:240-3.
  • Hagan JF, Shaw JS, Duncan PM. Bright futures: guidelines for health supervision of infants, children and adolescents. 3rd ed. Elk Grove Village, IL: American Academy of Pediatrics; 2008.
  • CDC. Prepregnancy contraceptive use among teens with unintended pregnancies resulting in live births-Pregnancy Risk Assessment Monitoring System (PRAMS), 2004-2008. MMWR 2012;61:25-9.
  • CDC. U.S. medical eligibility criteria for contraceptive use, 2010. MMWR 2010;59(No. RR-4).

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ