一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)季節性インフルエンザA(H3N2)ウイルスとSta・・・

MMWR抄訳

rss

2012/04/27Vol. 61 / No. 16

MMWR61(16):289-291
Severe Coinfection with Seasonal Influenza A (H3N2) Virus and Staphylococcus aureus- Maryland, February-March 2012

季節性インフルエンザA(H3N2)ウイルスとStaphylococcus aureusによる重度の重感染症-メリーランド、2012年2月~3月

2012年3月5日、Maryland Department of Health and Mental Hygiene(DHMH)とCalvert County Health Departmentは呼吸器疾患の発症後に死亡したメリーランド州の1家族3例の報告を受けた。このうち1例(患者A)は2月末に上気道症状を発症し、4日後に自宅で死亡した。他の2例(患者B、C)は、患者Aの死亡から3日後に発熱と息切れ、血痰を伴う咳を主訴として受診し、入院となった。2例とも胸部X線所見にて両肺野に硬化像を伴う広範な浸潤影を認め、患者Bにはセフトリアキソンとアジスロマイシン、患者Cにはセフトリアキソン、シプロフロキサシン、レボフロキサシン、バンコマイシンによる治療を行ったが、2例とも入院翌日に死亡した。これら3例は全て50歳以上で、2例は慢性疾患を有していた。3例全例で季節性インフルエンザA(H3N2)ウイルスの感染を認め、患者Bと患者Cではメチシリン耐性Staphylococcus aureus(MRSA)の重感染(MRSA肺炎・菌血症として発症)も確認された。DHMHとCalvert County Health Departmentは、District of Columbia Department of Health、地域の病院、CDCと協力してこの重感染症の原因と関連患者の調査を行った。3月初め、さらにこの家族の3例がインフルエンザウイルス感染症と診断された。このうち2例はインフルエンザA(H3N2)と確定されて入院したが、MRSAの重感染はみられず2例とも回復した。インフルエンザワクチンの接種はインフルエンザ合併症の最良の予防法である。インフルエンザ患者で細菌感染症の重感染が臨床的に疑われる場合には、インフルエンザに対する抗ウイルス薬とともに抗生物質(MRSAを含むS.aureusに活性を示す抗生物質など)による経験治療を考慮するべきである。

References

  • Chickering HT, Park JH. Staphylococcus aureus pneumonia. JAMA 1919;72:617-26.
  • Hageman JC, Uyeki TM, Frances JS, et al. Severe community-acquired pneumonia due to Staphylococcus aureus, 2003-04 influenza season. Emerg Infect Dis 2006;12:894-9.
  • Kallen AJ, Brunkard J, Moore Z, et al. Staphylococcus aureus community-acquired pneumonia during the 2006 to 2007 influenza season. Ann Emerg Med 2009;53:358-65.
  • Jones TF, Creech CB, Erwin P, Baird SG, Woron AM, Schaffner W. Family outbreaks of invasive community-associated methicillin-resistant Staphylococcus aureus infection. Clin Infect Dis 2006;42:e76-8.
  • Liu C, Bayer A, Cosgrove S, et al. Clinical practice guidelines by the Infectious Diseases Society of America for the treatment of methicillin-resistant Staphylococcus aureus infections in adults and children. Clin Infect Dis 2011;52:e18-55.
  • Gorwitz R, Kruszon-Moran D, McAllister S, et al. Changes in the prevalence of nasal colonization with Staphylococcus aureus in the United States, 2001-2004. J Infect Dis 2008;197:1226-34.
  • Kallen A, Mu Y, Bulens S, et al. Health care-associated invasive MRSA infections, 2005-2008. JAMA 2010;304:641-8.
  • Limbago B, Fosheim GE, Schoonover V, et al.; Active Bacterial Core surveillance MRSA investigators. Characterization of methicillin-resistant Staphylococcus aureus isolates collected in 2005 and 2006 from patients with invasive disease: a population-based analysis. J Clin Microbiol 2009;47:1344-51.
  • CDC. Antiviral agents for the treatment and chemoprophylaxis of influenza: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2011;60(No. RR-1).
  • Siegel J, Rhinehart E, Jackson M, Chiarello L; Health Care Infection Control Practices Advisory Committee.2007 guideline for isolation precautions: preventing transmission of infectious agents in health care settings. Am J Infect Control 2007;35(10 Suppl 2):S65-16

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ