一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)獣医院でのリン化亜鉛を摂取した犬による職業性ホスフ・・・

MMWR抄訳

rss

2012/04/27Vol. 61 / No. 16

MMWR61(16):286-288
Occupational Phosphine Gas Poisoning at Veterinary Hospitals from Dogs that Ingested Zinc Phosphide - Michigan, Iowa, and Washington, 2006-2011

獣医院でのリン化亜鉛を摂取した犬による職業性ホスフィンガス中毒-ミシガン州、アイオワ州、ワシントン州、2006~2011年

殺鼠薬のリン化亜鉛(Zn3P2)は、胃酸との相互作用により非常に毒性の高いホスフィン(PH3)ガスを放出する。Zn3P2を誤って摂取したペットは嘔吐時に空気中にホスフィンを放出する可能性があり、このような動物を治療する獣医院のスタッフはPH3ガス中毒を発症する危険性がある。2006~2011年、CDCのNational Institute for Occupational Safety and Health(NIOSH)は3州の4つの獣医院(ミシガン州:2、アイオワ州:1、ワシントン州:1)からPH3中毒の報告を受けた。これらの獣医院ではスタッフ8名がPH3ガスに曝露し、PH3吸入に関連した一過性の中毒症状(息切れ、頭痛、めまいなど)を発症した。中毒の重症度は8名全て軽度(無治療で改善、休職期間3日未満)であった。4匹の犬は全て完全に回復した。この4件のイベントは、Zn3P2を摂取した犬を治療した獣医院のスタッフにおける職業性PH3中毒の初めての報告である。獣医院のスタッフは、診療時のPH3曝露のリスクとAmerican Veterinary Medical Association(AVMA)が作成したホスフィン産物予防策を意識する必要がある。またペットおよびペットの飼い主、獣医院のスタッフにおけるPH3曝露は、Zn3P2の適切な保管・取り扱い・使用や他の駆除法の使用によって最小限にすることが可能である。

References

  • American Veterinary Medical Association. Phosphine product precautions. Washington, DC: American Veterinary Medical Association; 2011. Available at <http://www.avma.org/public_health/phosphine_gas/ default.asp>. Accessed April 20, 2012.
  • Calvert GM, Mehler LN, Alsop J, De Vries AL, Besbelli N. Surveillance of pesticide-related illness and injury in humans. In: Krieger R, Doull J, Hodgson E, et al, eds. Hayes’ handbook of pesticide toxicology. 3rd ed. Boston, MA: Academic Press; 2010:1313-69.
  • CDC. Case definition for acute pesticide-related illness and injury cases reportable to the national public health surveillance system. Cincinnati, OH: US Department of Health and Human Services, CDC, National Institute for Occupational Safety and Health; 2005. Available at <http:// www.cdc.gov/niosh/topics/pesticides/pdfs/casedef2003_revapr2005.pdf>. Accessed April 20, 2012.
  • Washington State Veterinary Medical Association. Exposure to zinc phosphide sickens Washington technician-what you should know. Snoqualmie, WA: Washington State Veterinary Medical Association; 2011. Available at <http:// wsvma.org/displaycommon.cfm?an=1&subarticlenbr=457#exposuresick>. Accessed April 20, 2012.
  • National Pesticide Information Center. Zinc phosphide/phosphine technical fact sheet. Corvallis, OR: National Pesticide Information Center; 2010. Available at <http://npic.orst.edu/factsheets/znptech.pdf>. Accessed April 20, 2012.
  • Guale FG, Stair EL, Johnson BW, Edwards WC, Haliburton JC. Laboratory diagnosis of zinc phosphide poisoning. Vet Hum Toxicol 1994; 36:517-9.
  • Stephenson JB. Zinc phosphide poisoning. Arch Environ Health 1967;15:83-8.
  • Popp W, Mentfewitz J, Götz R, Voshaar T. Phosphine poisoning in a German office. Lancet 2002;359:1574.
  • Proudfoot AT. Aluminium and zinc phosphide poisoning. Clin Toxicol (Phila) 2009;47:89-100.
  • Brautbar N, Howard J. Phosphine toxicity: report of two cases and review of the literature. Toxicol Ind Health 2002;18:71-5.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ