一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)労働者における短い睡眠時間-アメリカ、2010年

MMWR抄訳

rss

2012/04/27Vol. 61 / No. 16

MMWR61(16):281-285
Short Sleep Duration Among Workers - United States, 2010

労働者における短い睡眠時間-アメリカ、2010年

National Sleep Foundationは健常成人に1日7~9時間の睡眠を推奨している。2004~2007年のNational Health Interview Survey(NHIS)のデータによると、アメリカの労働者における睡眠不足(6時間以上/日)の割合(自己申告)は過去20年間に増加しており、この割合は業種によって異なることが明らかになっている。労働者における睡眠不足の現状を調査するため、CDCは2010年NHISのデータを分析した。2010年のNHISの調査には初めて通常の勤務体制に関する質問が含まれた。全体として、アメリカの雇用成人の30.0%は1日の平均睡眠時間が6時間以下であった。睡眠不足の労働者の割合は、年齢別では30~44歳群(31.6%)と45~64歳群(31.8%)が18~29歳群(26.5%)と65歳以上群(21.7%)に比べて有意に高く、人種/民族別では非ラテンアメリカ系黒人(38.9%)と非ラテンアメリカ系アジア人(33.2%)が非ラテンアメリカ系白人(28.6%)とラテンアメリカ系人(28.8%)よりも有意に高かった。睡眠不足の労働者の割合は業種によって様々であり(24.1%~41.6%)、特に製造業の労働者における睡眠不足の割合(34.1%)は全業種の平均値(30.1%)に比べて有意に高かった。勤務体制別の睡眠不足の割合は、夜勤労働者(44.0%)が日勤労働者(28.8%)に比べて有意に高く、夜勤労働者の中では特に運輸・倉庫業(69.7%)と医療・社会福祉業(52.3%)の労働者で睡眠不足の割合が高かった。労働者の睡眠不足は健康への悪影響や職場内の安全性と関連していることから、睡眠習慣改善のため経営者と従業員に対し個別化した睡眠時間と労働時間に関するエビデンスに基づく訓練プログラムを実施する必要がある。

References

  • Grandner MA, Patel NP, Gehrman PR, Perlis ML, Pack AI. Problems associated with short sleep: bridging the gap between laboratory and epidemiological studies. Sleep Med Rev 2010;14:239-47.
  • Lombardi DA, Folkard S, Willetts JL, Smith GS. Daily sleep, weekly working hours, and risk of work-related injury: US National Health Interview Survey (2004-2008). Chronobiol Int 2010;27:1013-30.
  • Colten HR, Altevogt BM. Sleep disorders and sleep deprivation: an unmet public health problem. Washington, DC: National Academies Press; 2006.
  • Knauth P, Hornberger S. Preventive and compensatory measures for shift workers. Occup Med (Lond) 2003;53:109-16.
  • Luckhaupt SE, Tak SW, Calvert GM. The prevalence of short sleep duration by industry and occupation in the National Health Interview Survey. Sleep 2010;33:149-59.
  • Pilcher JJ, Lambert BJ, Huffcutt AI. Differential effects of permanent and rotating shifts on self-report sleep length: a meta-analytic review. Sleep 2000;23:155-63.
  • Burgard S, Ailshire J. Putting work to bed: stressful experiences on the job and sleep quality. Population Studies Center research report 08-652. Ann Arbor, MI: University of Michigan; 2008. Available at <http://www. psc.isr.umich.edu/pubs/pdf/rr08-652.pdf>.
  • Dijk DJ, Duffy JF, Riel E, Shanahan TL, Czeisler CA. Ageing and the circadian and homeostatic regulation of human sleep during forced desynchrony of rest, melatonin and temperature rhythms. J Physiol 1999; 516:611-27.
  • Czeisler CA, Weitzman ED, Moore-Ede MC, Zimmerman JC, Knauer RS. Human sleep: its duration and organization depend on its circadian phase. Science 1980;210:1264-7.
  • Lockley SW, Cronin JW, Evans EE, et al. Effect of reducing interns’ weekly work hours on sleep and attentional failures. N Engl J Med 2004;351:1829-37.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ