一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)バイタルサイン:0~19歳における非故意的な負傷に・・・

MMWR抄訳

rss

2012/04/27Vol. 61 / No. 16

MMWR61(15):270-276
Vital Signs: Unintentional Injury Deaths Among Persons Aged 0-19 Years - United States, 2000-2009

バイタルサイン:0~19歳における非故意的な負傷による死亡-アメリカ、2000~2009年

アメリカでは1~19歳における死因の第1位は非故意的な負傷による死亡であり、1歳未満の新生児および乳児では第5位である。CDCはNational Vital Statistics Systemの2000~2009年データより、0~19歳における非故意的な負傷による死亡例を年齢、性別、人種/民族、負傷の種類および州別に分析し、その結果がまとめられた。非故意的な負傷による死亡例は2000年:12,441名(10万人あたり15.5)、2009年:9,143名(11.0)で、29%低下していた。男女別では男児:8,217名(19.9)から6,016名(14.1)、女児:4,224名(10.8)から3,127名(7.7)とともに29%の低下であった。人種/民族別では黒人:21%、アメリカンインディアン/アラスカ原住民:22%、ラテン系:28%、白人:29%、アジア/太平洋諸国:38%の低下であった。負傷の種類では自動車事故による死亡者数は2000年:7,497名(9.3)、2009年:4,564名(5.5)と41%減少しが、2000~2009年のいずれにおいても最も多かった。溺死、他の交通手段、火事/火災、転落死はいずれも減少していたが、窒息および中毒死は直線的な増加を示した(窒息:30%、中毒:80%増)。年齢別では1歳未満にて10万人あたり23.1から27.7と増加したが、他の年齢層ではいずれも減少した。1歳未満の新生児および乳児の死亡率増加は主に窒息死の増加によるもので、2009年には907名が死亡している。15~19歳の死亡率低下は主に自動車事故による死亡者数の減少によるもので、中毒による死亡率は1.7から3.3へ91%増加していた。2009年における州別の死亡率はマサチューセッツ州:4.0、ニュージャージー州:4.5~サウスダコタ州:23.6、ミシシッピ州:25.1で、31州では直線的に減少し、デラウエア(51%)、オレゴン(47%)、アイオワ(46%)およびバージニア州(45%)では低下率が大きかった。以上、0~19歳の未成年者における非故意的な負傷による死亡率は低下しているが、新生児および乳児の窒息死と思春期齢における中毒死は増加しており、これらに対する予防施策により死亡率はさらに低下する可能性が示唆された。

References

  • CDC. Web-based Injury Statistics Query and Reporting System (WISQARS). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2009. Available at <http://www.cdc.gov/injury/wisqars/ index.html>. Accessed March 13, 2012.
  • National Center for Health Statistics. National Health Interview Survey 2009 data release. Hyattsville, MD: CDC, National Center for Health Statistics; 2010. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/nhis/nhis_2009_ data_release.htm>. Accessed March 13, 2012.
  • Doll LS, Bonzo SE, Mercy JA, Sleet DA, eds. Handbook of injury and violence prevention. New York, NY: Springer; 2007.
  • Peden M, Oyegbite K, Ozanne-Smith J, Hyder AA, Branche C, Rahman AKM, et al., eds. World report on child injury prevention. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2008. Available at <http://www. who.int/violence_injury_prevention/child/injury/world_report/report/ en/index.html>. Accessed March 13, 2012.
  • Miller TR, Finkelstein AE, Zaloshnja E, Hendrie D. The cost of child and adolescent injuries and the savings from prevention. In: Liller KD, ed. Injury prevention for children and adolescents: research, practice, and advocacy. 2nd ed. Washington, DC: American Public Health Association 2012.
  • Singh G, Kogan M. Widening socioeconomic disparities in U.S. childhood mortality, 1969-2000. Am J Public Health 2007;97:1658-65.
  • Borse N, Gilchrist J, Dellinger A, Rudd R, Ballesteros M, Sleet D. CDC childhood injury report: patterns of unintentional injuries among 0-19 year olds in the United States, 2000-2006. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2008. Available at <http://www.cdc.gov/ safechild/childhoodinjuryreport/index.html>. Accessed March 13, 2012.
  • Ballesteros MF, Sleet DA. Epidemiology of injuries among children and adolescents: focus on unintentional injuries. In: Liller KD, ed. Injury prevention for children and adolescents: research, practice, and advocacy. 2nd ed. Washington, DC: American Public Health Association 2012.
  • Task force on Sudden Infant Death Syndrome. Moon RY. SIDS and other sleep-related infant deaths: expansion of recommendations for a safe infant sleeping environment. Pediatrics 2011;128:1030-9.
  • Warner M, Chen LH, Makuc DM, Anderson RN, Miniño AM. Drug poisoning deaths in the United States, 1980-2008. NCHS data brief no. 81. Hyattsville, MD: CDC, National Center for Health Statistics; 2011. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/data/databriefs/db81.htm>. Accessed March 13, 2012.
  • CDC. Vital signs: overdoses of prescription opioid pain relievers - United States, 1999-2008. MMWR 2011;60:1487-92.
  • Colliver JD, Kroutil LA, Dai L, Gfroerer JC. Office of Applied Studies. Misuse of prescription drugs: Data from: 2002-2004 national surveys on drug use and health. Table 5. Rockville, MD: Substance Abuse and Mental Health Services Administration, Office of Applied Studies; 2006. Available at <http://www.oas.samhsa.gov/prescription/appd.htm#tab5-2b>. Accessed March 13, 2012.
  • CDC. WONDER [Database]. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011. Available at <http://wonder.cdc.gov/ mcd-icd10.html>. Accessed April 9, 2012.
  • Longthorne A, Subramanian R, Chen CL. An analysis of the significant decline in motor vehicle traffic crashes in 2008. DOT HS 811 346. Washington, DC: National Highway Traffic Safety Administration; 2010. Available at <http://www-nrd.nhtsa.dot.gov/pubs/811346.pdf>. Accessed March 13, 2012.
  • Global Health Observatory Data Repository. Mortality and burden of disease: disease and injury country estimates, 2008, by sex and age. Available at <http://apps.who.int/ghodata>. Accessed February 16, 2010.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ