一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)経食道心エコー検査に使用された汚染された超音波ゲル・・・

MMWR抄訳

rss

2012/04/20Vol. 61 / No. 15

MMWR61(15):262-264
Pseudomonas aeruginosaRespiratory Tract Infections Associated with Contaminated Ultrasound Gel Used for Transesophageal Echocardiography - Michigan, December 2011-January 2012

経食道心エコー検査に使用された汚染された超音波ゲルによる緑膿菌気道感染症-ミシガン州、2011年12月~2012年1月

2011年12月下旬、ミシガン州ロイヤルオークのBeaumont Health System (BHS) Department of Epidemiologyに、州内のある外科ICUで緑膿菌による気道感染症が増加しているとの報告があり、BHSのスタッフが調査した結果、これらの緑膿菌は全て経食道心エコー検査(TEE)に使用された超音波ゲルによるものと判明した。緑膿菌は12月に外科ICUに入院中の10例の気管内チューブから採取した呼吸器検体で検出され、7例がNational Healthcare Safety Network (NHSN)基準を満たす緑膿菌に感染し、9つのコロニー形成が認められた。これらの症例は全て心血管手術を受けており、手術部位、血液、さらに手術室、外科医、手術室およびICUスタッフ、看護スタッフいずれからも検出されなかったことから、TEEに使用された超音波ゲルが感染源として疑われ、開封された超音波ゲルの瓶と未開封の瓶からrep-PCR法にてアウトブレイク菌株とほぼ一致する緑膿菌が検出された。これらの情報はOakland County Health Department、Michigan Department of Community HealthおよびFDAに報告された。その後の調査では、外科ICUで1月に検査した20例中6例、他の外科ICUでは11例中1例に緑膿菌が検出された。冠動脈バイパス手術(CABG)例では32例中3例(9%)、心臓弁手術例では13例中7例(54%)と心臓弁手術例で感染リスクが有意に高かった。1月23日、BHSでは超音波ゲルを使い捨ての無菌ゲルに切り替え、その後、緑膿菌感染は認められていない。患者の皮膚および粘膜に直接接触する処置を行う場合は、使い捨ての滅菌された製品を使用すべきである。

References

  • Horan TC, Andrus M, Dudeck MA. CDC/NHSN surveillance definition of health care-associated infection and criteria for specific types of infection in the acute care setting. Am J Infect Control 2008; 36:309-32.
  • Levy PY, Teysseire N, Etienne J, Raoult D. A nosocomial outbreak of Legionella pneumophila caused by contaminated transesophageal echocardiography probes. Infect Control Hosp Epidemiol 2003; 24:619-22.
  • Gaillot O, Maruejouls C, Abachin E, et al. Nosocomial outbreak of Klebsiella pneumonia producing SHV-5 extended-spectrum beta-lactamase, originating from contaminated ultrasonography coupling gel. J Clin Microbiol 1998;36:1357-60.
  • Hutchinson J, Runge W, Mulvey M, Norris et al. Burkholderia cepacia infections associated with intrinsically contaminated ultrasound gel: the role of microbial degradation of parabens. Infect Control Hosp Epidemiol 2004;25:291-6.
  • Jacobson M, Wray R, Kovach D, Henry D, Speert D, Matlow A. Sustained endemicity of Burkholderia cepacia complex in a pediatric institution, associated with contaminated ultrasound gel. Infect Control Hosp Epidemiol 2006;27:362-6.
  • Olshtain-Pops K, Block C, Temper V, et al. An outbreak of Achromobacter xylosoxidans associated with ultrasound gel used during transrectal ultrasound guided prostate biopsy. J Urol 2011;185:144-7.
  • Weist K, Wendt C, Petersen LR, Versmold H, Ruden H. An outbreak of pyodermas among neonates caused by ultrasound gel contaminated with methicillin-susceptible Staphylococcus aureus. Infect Control Hosp Epidemiol 2000;21:761-4.
  • Muradali D, Gold WL, Phillips A, Wilson S. Can ultrasound probes and coupling gel be a source of nosocomial infection in patients undergoing sonography? An in vivo and in vitro study. Am J Roentgenol 1995;164:1521-4.
  • Ohara T, Itoh Y, Itoh K. Ultrasound instruments as possible vectors of staphylococcal infection. J Hosp Infect 1998;40:73-7.
  • Health Canada. Notice to hospitals: important safety information on ultrasound and medical gels. Ottawa, Canada: Health Canada; 2004. Available at <http://www.hc-sc.gc.ca/dhp-mps/medeff/advisories-avis/ prof/_2004/ultrasound_2_nth-ah-eng.php>. Accessed April 11, 2012.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ