一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)ヒトパピローマウイルスに関連する癌-アメリカ、20・・・

MMWR抄訳

rss

2012/04/20Vol. 61 / No. 15

MMWR61(15):258-261
Human Papillomavirus-Associated Cancers - United States, 2004-2008

ヒトパピローマウイルスに関連する癌-アメリカ、2004~2008年

ヒトパピローマウイルス(HPV)はほとんど全ての子宮頸癌、および外陰部、膣、陰茎、肛門、口咽頭癌の発症に関与している。2004~2008年のNational Program of Cancer Registries (NPCR)およびSurveillance, Epidemiology, and End Result (SEER)データの分析では、この期間のHPV関連癌診断例は年平均33,369例(男性:12,080、女性:21,290、人口10万人あたり10.8)で、癌種別では子宮頸癌が最も多く年平均11,967例、次いで口咽頭癌:11,726例(男;9,356、女:2,370)、肛門癌:4,767例(男:1,678、女:3,089)で、口咽頭癌の発症率は男性が女性の約4倍高く(6.2 vs 1.4)、肛門癌は女性が高値であった(1.2 vs 1.8)。州別では女性がユタ州(10万人あたり8.5)~ウエストバージニア州(16.3)、男性がユタ州(4.9)~ワシントンDC(11.6)であった。CDCはHPVによる新規発症例は年間26,000例(男性:8,000、女性:18,000)、癌種別では子宮頸癌:11,500例、口咽頭癌:7,400例(男性:5,900、女性:1,500)と推定している。HPVに対しては2価および4価のワクチンが承認されており、Advisory Committee on Immunization Practicesは11~12歳の女児に対し2価または4価ワクチン、男児に対して4価ワクチンの3回接種、さらに女性は26歳、男性は21歳までのキャッチアップ接種を推奨している。2010年では13~17歳の女児の32%がHPVワクチンの3回接種を完了している。

References

  • International Agency for Research on Cancer. Monographs on the evaluation of carcinogenic risks to humans. Volume 90: human papillomaviruses. Lyon, France: World Health Organization, International Agency for Research on Cancer; 2007.
  • CDC. National and state vaccination coverage among adolescents aged 13 through 17 years-United States, 2010. MMWR 2011;60:1117-23.
  • Gillison ML, Chaturvedi AK, Lowy DR. HPV prophylactic vaccines and the potential prevention of noncervical cancers in both men and women. Cancer 2008;113(10 Suppl):3036-46.
  • CDC. United States Cancer Statistics (USCS) 1999-2007 cancer incidence and mortality data. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at <http://www.cdc.gov/ uscs>. Accessed April 25, 2012.
  • Watson M, Saraiya M, Ahmed F, et al. Using population-based cancer registry data to assess the burden of human papillomavirus-associated cancers in the United States: overview of methods. Cancer 2008;113:2841-54.
  • CDC. Recommendations on the use of quadrivalent human papillomavirus vaccine in males-Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), 2011. MMWR 2011;60:1705-8.
  • CDC. Cancer screening-United States, 2010. MMWR 2012;61:41-5.
  • Benard VB, Lawson HW, Eheman CR, Anderson C, Helsel W. Adherence to guidelines for follow-up of low-grade cytologic abnormalities among medically underserved women. Obstet Gynecol 2005;105(6):1323-8.
  • US Preventive Services Task Force. Screening for cervical cancer. Rockville, MD: US Preventive Services Task Force; 2012. Available at <http://www.uspreventiveservicestaskforce.org/uspstf/uspscerv.htm>. Accessed April 16, 2012.
  • Smith EM, Rubenstein LM, Haugen TH, Hamsikova E, Turek LP. Tobacco and alcohol use increases the risk of both HPV-associated and HPV-independent head and neck cancers. Cancer Causes Control 2010;21:1369-78.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ