一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)麻疹-アメリカ、2011年

MMWR抄訳

rss

2012/04/20Vol. 61 / No. 15

MMWR61(15):255-257
Measles - United States, 2011

麻疹-アメリカ、2011年

アメリカでは2000年に麻疹を根絶しているが、その後も国外からの輸入感染は持続し、2001~2010年には年間60(37~140)例、4(2~10)アウトブレイクが報告され、2011年には222例(人口100万人あたり0.7)および17のアウトブレイクが報告されている。ここでは2011年の5月までの麻疹の発症状況について述べる。輸入感染は発疹の発現前7~21日に国外で麻疹ウイルスに曝露、帰国から21日以内に発疹の発現を認める症例とした。麻疹の発症は31州から222例(3ヵ月~84歳、中央値:14歳)報告され、200例(90%)は輸入感染に関連する症例で、うち52例(26%)は海外から帰国したアメリカ人、20例(10%)は海外からの観光客であった。アメリカ人196例のうち166例はワクチン未接種または接種状況不明例で、そのうち141例(85%)は接種適格例であった。入院した症例は70例で、下痢(17例)、脱水症状(15例)、肺炎(12例)などの症状を示し、脳炎を来した症例および死亡例は認められなかった。研究室レベルでの確診例は200例で、94例(47%)は麻疹特異IgMおよび麻疹ウイルス、69例(35%)はIgM、37例(19%)はウイルスのみ検出され、ウイスルの遺伝子型はD4、D9、D8、B3、G3およびH1の6種類であった。以上、麻疹の輸入感染の増加はワクチンの未接種によるものと考えられ、国外へ旅行する場合、6ヵ月齢以上の場合はMMRワクチンを接種すべきであり、12ヵ月齢以上の場合はMMRワクチンを28日以上空けて2回、接種すべきである。

References

  • Katz SL, Hinman AR. Summary and conclusions: measles elimination meeting, 16-17 March 2000. J Infect Dis 2004;189(Suppl 1):S43-7.
  • CDC. Measles-United States, January-May 20, 2011. MMWR 2011;60:666-8.
  • CDC. Measles, mumps, and rubella-vaccine use and strategies for elimination of measles, rubella, and congenital rubella syndrome and control of mumps: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 1998;47:(No. RR-8).
  • European Centre for Disease Prevention and Control. Surveillance report: European monthly measles monitoring, 21 February 2012. Stockholm, Sweden: European Centre for Disease Prevention and Control; 2012. Available at <http://ecdc.europa.eu/en/publications/publications/sur_ emmo_european-monthly-measles-monitoring-february-2012.pdf>. Accessed April 6, 2012.
  • Ministere de Santé et Services sociaux Quebec. Measles. Quebec, Canada: Ministere de Santé et Services sociaux Quebec; 2012. Available at <http:// www.msss.gouv.qc.ca/en/sujets/prob_sante/measles/measles.php>. Accessed April 6, 2012.
  • Editorial team. Measles once again endemic in the United Kingdom. Euro Surveill 2008;13.
  • Rota PA, Brown K, Mankertz A, et al. Global distribution of measles genotypes and measles molecular epidemiology. J Infect Dis 2011;204(Suppl 1):S514-23.
  • World Health Organization. Measles virus nomenclature update: 2012. Wkly Epidemiol Rec 2012;87:73-80.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ