一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)家庭内での曝露によるヒトOrfウイルス感染症-アメ・・・

MMWR抄訳

rss

2012/04/13Vol. 61 / No. 14

MMWR61(14):245-248
Human Orf Virus Infection from Household Exposures - United States, 2009-2011

家庭内での曝露によるヒトOrfウイルス感染症-アメリカ、2009~2011年

orf(伝染性膿疱性皮膚炎)は一般に羊やヤギに感染するパラポックスウイルスによって起こる人獣共通伝染病であり、ヒトでは細菌感染症や悪性腫瘍に似た潰瘍性皮膚病変として発症する場合がある。ヒトのorfウイルス感染症は職業上動物と接触する人々や体験型動物園などに行った小児などで報告されているが、このような曝露歴のない患者は誤診され、不要な治療を受ける可能性がある。この報告は、2009~2011年に家庭内での肉の調理や宗教行事としての動物の屠殺に関連してorfを発症した4症例の臨床経過を述べたものである。63歳女性は最近屠殺されたヤギの骨が右手の掌にささり、その後損傷部位に丘疹が発現し、さらに水疱が形成された。42歳男性は宗教行事として子羊の屠殺を補助し、5日後に左手の第5指に水疱病変が発現し徐々に腫脹し疼痛性となった。35歳男性はイースターフェスティバルでの子羊の屠殺時に左手の親指をナイフで切り、その後同部位が腫脹し疼痛が発現した。28歳の妊婦は自宅で子羊の頭を調理中に骨で右手の掌を切り、同部位に水疱性病変が発現した。これら4例中2例は細菌感染症の疑いで抗生物質を処方されたが、症状は改善しなかった。転帰不明の1例を除く3例は病変部の外科的切除などを行い、orfは治癒した。全例の病変部検体は、定量的PCRにてorfウイルスDNA陽性であった。orfに特徴的な皮膚病変を有し、家庭内での肉の調理や動物の屠殺の経験のある患者の鑑別診断には、orfを考慮するべきである。またorfウイルスの曝露リスクを有する人々やコミュニティーは、感染予防のため手指衛生や非透過性手袋の使用などに関するカウンセリングを受ける必要がある。

References

  • Lederman ER, Austin C, Trevino I, et al. Orf virus infection in children: clinical characteristics, transmission, diagnostic methods, and future therapeutics. Pediatr Infect Dis J 2007;26:740-4.
  • Uzel M, Sasmaz S, Bakaris S, et al. A viral infection of the hand commonly seen after the feast of sacrifice: human orf (orf of the hand). Epidemiol Infect 2005;133:653-7.
  • Leavell UW Jr, McNamara MJ, Muelling R, Talbert WM, Rucker RC, Dalton AJ. Orf. Report of 19 human cases with clinical and pathological observations. JAMA 1968;204:657-64.
  • Hosamani M, Scagliarini A, Bhanuprakash V, McInnes CJ, Singh RK. Orf: an update on current research and future perspectives. Expert Rev Anti Infect Ther 2009;7:879-93.
  • Lederman ER, Green GM, DeGroot HE, et al. Progressive Orf virus infection in a patient with lymphoma: successful treatment using imiquimod. Clin Infect Dis 2007;44:e100-3.
  • Erbagci Z, Erbagci I, Almila Tuncel A. Rapid improvement of human orf (ecthyma contagiosum) with topical imiquimod cream: report of four complicated cases. J Dermatolog Treat 2005;16:353-6.
  • Erbagci Z, Erbagci I, Almila Tuncel A. Rapid improvement of human orf (ecthyma contagiosum) with topical imiquimod cream: report of four complicated cases. J Dermatolog Treat 2005;16:353-6.
  • Ghislain PD, Dinet Y, Delescluse J. Orf in urban surroundings and religious practices: a study over a 3-year period [French]. Ann Dermatol Venereol 2001;128:889-92.
  • Malik M, Bharier M, Tahan S, Robinson-Bostom L. Orf acquired during religious observance. Arch Dermatol 2009;145:606-8.
  • Bayindir Y, Bayraktar M, Karadag N, et al. Investigation and analysis of a human orf outbreak among people living on the same farm. New Microbiol 2011;34:37-43.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ