一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)中高等学校におけるHIV、他のSTDおよび妊娠防止・・・

MMWR抄訳

rss

2012/04/06Vol. 61 / No. 13

MMWR61(13):222-228
HIV, Other STD, and Pregnancy Prevention Education in Public Secondary Schools - 45 States, 2008-2010

中高等学校におけるHIV、他のSTDおよび妊娠防止教育-45州、2008~2010年

アメリカでは高校生の46%に性交渉の経験があり、HIV感染症、他の性行為感染症(STD)、妊娠のリスクがあるため、National HIV/AIDS StrategyおよびCommunity Preventive Services Task Force (CPSTF)により、中高等学校の生徒(6~12年生)に対しこれらのリスク抑止に関する教育が展開されている。今回、CDCにより国内45州における2008および2010年のSchool Health Profilesデータが分析され、その教育内容に関する報告がまとめられた。本報告では2010年の分析結果を2008年の結果と比較して述べる。今回の調査は6~8年生に対してはHIV、AIDSの診断、治療および避妊の方法など11項目、9~12年生に対してはHIV、AIDS、妊娠の予防やアルコール、ドラッグとの関連性など8項目およびコンドームに関する3項目に関する指導を対象としており、6~8年生に対する11項目の指導率は43.3(アリゾナ州:12.6~ニューヨーク州:66.3)%、9~12年生に対する8項目の指導率は80.3(アラスカ州:45.3~ニュージャージー州:96.4)%、コンドームに関する3項目の指導率は58.1(ユタ州:11.3~デラウェア州:93.1)%であった。6~8年生に対する11項目のうち5項目については指導率が有意に増加した州はなく、6項目についてはそれぞれ1つの州にて指導率が有意に増加していたが、HIV、STDおよび妊娠の診断および治療に関する指導率は10州にて有意に低下、これらの予防に関する指導率も9州にて有意に低下していた。また、9~12年生に対する8項目のうち5項目については指導率が有意に増加した州はなく、3項目については1~4州にて指導率が有意に増加していた。コンドームに関する項目については1~7州にて指導率の有意な低下認められた。以上、中高等学校でのHIV、STDおよび妊娠の抑止に関する指導はまだまだ努力が足りておらず、年齢相応の性教育の徹底が急がれる。

References

  • CDC. Youth risk behavior surveillance-United States, 2009. MMWR 2010;59(No. SS-5).
  • Office of National AIDS Policy. National HIV/AIDS Strategy for the United States. Washington, DC: The White House; 2010. Available at <http://www.whitehouse.gov/sites/default/files/uploads/NHAS.pdf>. Accessed December 9, 2011.
  • CDC. Guide to community preventive services. Prevention of HIV/ AIDS, other STIs and pregnancy: interventions for adolescents. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2010. Available at <http://www.thecommunityguide.org/hiv/riskreduction.html>. Accessed March 28, 2012.
  • CDC. Health Education Curriculum Analysis Tool (HECAT). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2009. Available at <http://www.cdc.gov/healthyyouth/hecat>. Accessed December 13, 2011.
  • Kirby D, Laris BA, Rolleri L. Sex and HIV education programs for youth: their impact and important characteristics. Scotts Valley, CA: ETR Associates; 2006. Available at <http://www.etr.org/recapp/ documents/programs/sexhivedprogs.pdf>. Accessed December 13, 2011.
  • Kirby D, Coyle K, Alton F, Rolleri L, Robin L. Reducing adolescent sexual risk: a theoretical guide for developing and adapting curriculum-based programs. Scotts Valley, CA: ETR Associates; 2011. Available at <http://pub.etr.org/upfiles/reducing_adolescent_sexual_risk.pdf>. Accessed December 13, 2011.
  • Brener ND, Demissie Z, Foti K, et al. School Health Profiles 2010: characteristics of health programs among secondary schools in selected U.S. sites. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011. Available at <http://www.cdc.gov/healthyyouth/ profiles/2010/profiles_report.pdf>. Accessed December 9, 2011.
  • Kaiser Family Foundation. HIV/AIDS at 30: a public opinion perspective. Menlo Park, CA: Kaiser Family Foundation; 2011. Available at <http://www.kff.org/kaiserpolls/upload/8186.pdf>. Accessed December 9, 2011.
  • Snyder TD, Dillow SA. Table 7. Percentage of the population 3 to 34 years old enrolled in school, by age group: selected years, 1940 through 2009. In: Digest of education statistics 2010. Washington, DC: US Department of Education, National Center for Education Statistics, Institute of Education Sciences; 2011. Available at <http://nces.ed.gov/ programs/digest/d10/tables/dt10_007.asp?referrer=report>. Accessed December 9, 2011.
  • National Association of State Boards of Education. Someone at school has AIDS: a complete guide to education policies concerning HIV infection. Alexandria, VA: National Association of State Boards of Education; 2001.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ