一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)小学校における髄膜炎菌性疾患のアウトブレイク-オク・・・

MMWR抄訳

rss

2012/04/06Vol. 61 / No. 13

MMWR61(13):217-221
Outbreak of Meningococcal Disease Associated with an Elementary School - Oklahoma, March 2010

小学校における髄膜炎菌性疾患のアウトブレイク-オクラホマ州、2010年3月

2010年3月10日、Oklahoma State Department of Health (OSDH)は7歳の男子児童(生徒A)が脳脊髄液(CSF)培養検査の結果、髄膜炎菌性髄膜炎の疑いで入院したとの連絡を受けた。髄膜炎菌(N. meningitides)の確認後、Rogers County Health Department (RCHD)は患者との接触調査を行い、4人の家族に対し化学的予防が行われた。翌11日の朝、さらに3名の生徒(B、C、D)に髄膜炎菌性疾患の疑いがあり、生徒Bは死亡したとの報告があった。これら4名は幼稚園~高校までの合同学校(生徒数1,850名)の幼稚園(生徒C)と小学校2年生(生徒A、B、D)であり、全例が48時間以内に発症していたため、RCHDおよびOSDHは特定の学年の生徒および接触のあった生徒に対し学校内にて化学的予防を開始した。同日夕刻、生徒Dが死亡し、さらに小学生2名(生徒E、F)が発熱と発疹のため入院した。12日、高校生(生徒G:12年生)にて髄膜炎菌性疾患が疑われ、2回目の化学的予防を実施するとともに、全ての生徒および職員に対しワクチンの接種勧告を出した。19日には学校の体育館、22~26日には地域のクリニックにてワクチンの接種を行い、計1,459回のワクチン接種と、1,063コースの抗生物質が投与された。生徒A、B、C、DおよびGの検査の結果、4名(A、C、D、G)にてN. meningitides血清型Cが確認された。また、5名ともワクチンの接種は受けていなかった。オクラホマ州の2005~2009年における髄膜炎菌性疾患の発症率は10万人あたり0.5例であり、2009年におけるワクチン接種率は29.5%(アメリカ全体では53.6%)と低い。髄膜炎菌性疾患はワクチン接種により予防可能な疾患であるため、接種率の改善が急務であると思われる。

References

  • American Academy of Pediatrics. Meningococcal infections. In: Pickering LK, Baker CJ, Kimberlin DW, Long SS, eds. Red book: 2009 report of the Committee on Infectious Diseases. 28th ed. Elk Grove Village, IL: American Academy of Pediatrics; 2009.
  • Cohn AC, MacNeil JR, Harrison LH, et al. Changes in Neisseria meningitides disease epidemiology in the United States, 1998-2007: implications for prevention of meningococcal disease. Clin Infect Dis 2010;50:184-91.
  • CDC. Summary of notifiable diseases-United States, 2008. MMWR 2010;57(54).
  • Zangwill KM, Schuchat A, Riedo FX, et al. School-based clusters of meningococcal disease in the United States: descriptive epidemiology and a case-control analysis. JAMA 1997;277:389-95.
  • Brooks R, Woods CW, Benjamin, DK Jr, Rosenstein NE. Increased case-fatality rate associated with outbreaks of Neisseria meningitides infection, compared with sporadic meningococcal disease, in the United States, 1994-2002. Clin Infect Dis 2006;43:49-54.
  • CDC. National, state, and local area vaccination coverage among adolescents aged 13-17 years-United States, 2009. MMWR 2010; 59:1018-23.
  • CDC. Advisory Committee on Immunization Practices, Vaccines for Children Program. Vaccines to prevent meningococcal disease. Resolution no. 6/11-1. Atlanta, GA: Advisory Committee on Immunization Practices; 2011. Available at <http://www.cdc.gov/vaccines/programs/vfc/downloads/ resolutions/06-11mening-mcv.pdf>. Accessed April 3, 2012.
  • CDC. Control and prevention of serogroup C meningococcal disease; evaluation and management of suspected outbreaks: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 1997;46(No. RR-05):13-21.
  • Krause G, Blackmore C, Wiersma S, Lesneski C, Gauch L, Hopkins RS. Mass vaccination campaign following community outbreak of meningococcal disease. Emerg Infect Dis 2002;8:1398-403.
  • Weiss D, Stern EJ, Zimmerman C, et al. Epidemiologic investigation and targeted vaccination initiative in response to an outbreak of meningococcal disease among illicit drug users in Brooklyn, New York. Clin Infect Dis 2009;48:894-901.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ