一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)痘の曝露後予防のためのVariZIGの投与可能期間・・・

MMWR抄訳

rss

2012/03/30Vol. 61 / No. 12

MMWR61(12):212
FDA Approval of an Extended Period for Administering VariZIG for Postexposure Prophylaxis of Varicella

痘の曝露後予防のためのVariZIGの投与可能期間延長に関するFDAの承認

アメリカにおいてVariZIGは、水痘に対する免疫のエビデンスがなく水痘ワクチンの接種適応外で重症化のリスクが高い患者における水痘の曝露後予防のために使用可能な唯一の水痘-帯状疱疹免疫グロブリン製剤である。2011年5月、FDAはVariZIGの投与可能期間を今までの水痘-帯状疱疹ウイルス曝露後96時間(4日)から10日に延長することを承認した。数件の研究データは、水痘-帯状疱疹免疫グロブリンを曝露後4日以内に投与した患者と5~10日目に投与した患者で水痘の発症率が同等であること、曝露後10日目までに免疫グロブリンを投与した場合には水痘を発症しても軽度であることを示唆する。Advisory Committee on Immunization Practices(ACIP)は、VariZIGの適応に関する勧告を変更していない。ACIPがVariZIGの投与を推奨している患者は、免疫不全患者、母親が周産期(出産の5日前から出産2日後まで)に水痘の徴候/症状を有していた新生児、新生児期に水痘-帯状疱疹ウイルスに曝露し母親が水痘に対する免疫のエビデンスがない早産児(=妊娠28週に出生)、新生児期に水痘-帯状疱疹ウイルスに曝露した早産児(<妊娠28週に出生、あるいは出生体重<=1,000g)である。

References

  • Food and Drug Administration. Varicella zoster immune globulin (VZIG) anticipated short supply and alternate product availability under an investigational new drug application expanded access protocol. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, Food and Drug Administration; 2006. Available at http://www.fda.gov/biologicsbloodvaccines/safetyavailability/ucm176029.htm. Accessed March 28, 2012.
  • Evans EB, Pollock TM, Cradock-Watson JE, Ridehalgh MK. Human anti-chickenpox immunoglobulin in the prevention of chickenpox. Lancet 1980;315:354-6.
  • Miller E, Marshall R, Vurdien J. Epidemiology, outcome and control of varicella-zoster infection. Rev Med Microbiol 1993;4:222-30.
  • Enders G, Miller E. Varicella and herpes zoster in pregnancy and the newborn. In: Arvin A, Gershon A, eds. Varicella-zoster virus: virology and clinical management. Cambridge, UK: Cambridge University Press; 2000.
  • Koren G, Money D, Boucher M, et al. Serum concentrations, efficacy, and safety of a new, intravenously administered varicella zoster immune globulin in pregnant women. J Clin Pharmacol 2002;42:267-74.
  • Winsnes R. Efficacy of zoster immunoglobulin in prophylaxis of varicella in high-risk patients. Acta Paediatr Scand 1978;67:77-82.
  • CDC. Prevention of varicella: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2007;56(No. RR-4).
  • CDC. A new product (VariZIGTM) for postexposure prophylaxis of varicella available under an investigational new drug application expanded access protocol. MMWR 2006;55:209-10.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ