一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)結核の傾向-アメリカ、2011年

MMWR抄訳

rss

2012/03/23Vol. 61 / No. 11

MMWR61(11):181-185
Trends in Tuberculosis - United States, 2011

結核の傾向-アメリカ、2011年

2011年、アメリカにおける結核(TB)新規診断例は10,521例報告されており、2010年に比べ6.4%減少、1953年以降で最少だった。TB症例数は2000年から2008年にかけて年平均3.8%減少し、2008年から2009年には11.4%と大きく減少している。発症率は10万人あたり3.4(メイン州:0.7~アラスカ州:9.7)であり、2010年に比べ34州にて低下、16州およびDCにて増加、カリフォルニア、フロリダ、ニューヨークおよびテキサス州では500例以上報告され、この4州の症例数は合計5,299例で全体の50.4%を占めた。出生国別の症例数および発症率はアメリカ:3,929例(2010年比9.9%減、1993年比77.5%減)、10万人あたり1.5(2010年比10.3%減、1993年比80.1%減)、アメリカ以外の国:6,546例(2010年比3.0%減)、10万人あたり17.3(2010年比4.8%減、1993年比49.0%減)であり、メキシコ(1,392例)、フィリピン(750例)、ベトナム(537例)、インド(498例)、中国(365例)の5ヵ国で54.1%を占めていた。アジアを出生地とする症例は過去12年にて漸増しており、2000年は全体の20.5%、2011年は29.9%を占めた。また、TB患者におけるHIV発症率は7.9%であった。多剤耐性を示すTB症例(MDR-TB)は2010年にて109例(1.3%、うち90例はアメリカ以外の国を出生地とする症例)であり、2009年(1.3%)からの変動はなく、TBの既往のある症例にて既往のない症例の約4倍多く認められた。また、2011年には広範囲薬剤耐性例が4例報告されている。結核患者は減少しているが、結核の根絶に向けて、結核に対する認識、検査、潜在性患者や少数民族およびアメリカ以外の出身者に対する治療の必要性が示唆される。

References

  • CDC. Reported tuberculosis in the United States, 2010. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011. Available at <http://www.cdc.gov/tb/statistics/reports/2010/default.htm>. Accessed February 21, 2012.
  • CDC. Decrease in reported tuberculosis cases-United States, 2009. MMWR 2010;59:289-94.
  • US Census Bureau. Current estimates data. Available at <http://www.census.gov/popest/data/national/totals/2011/index.html>. Accessed February 2, 2012.
  • CDC. A strategic plan for the elimination of tuberculosis in the United States. MMWR 1989;38(No. S-3).
  • Hill AN, Becerra JE, Castro KG. Modelling tuberculosis trends in the USA. Epidemiol Infect 2012:1-11.
  • Cegielski JP, Griffith DE, McGaha PK, et al. Eliminating tuberculosis, one neighborhood at a time. Am J Public Health 2012 (In press).
  • CDC. CDC immigration requirements: technical instructions for tuberculosis screening and treatment. Using cultures and directly observed therapy. US Department of Health and Human Services, CDC; 2009. Available at   <http://www.cdc.gov/immigrantrefugeehealth/pdf/tuberculosis-ti-2009.pdf>. Accessed February 16, 2012.
  • Sterling TR, Villarino ME, Borisov AS, et al. Three months of rifapentine and isoniazid for latent tuberculosis infection. N Engl J Med 2011; 365:2155-66.
  • CDC. Recommendations for use of an isoniazid-rifapentine regimen with direct observation to treat latent Mycobacterium tuberculosis infection. MMWR 2011;60:1650-3.
  • CDC. Treatment of tuberculosis. American Thoracic Society, CDC, and Infectious Diseases Society of America. MMWR 2003;52(No. RR-11).

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ