一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)外来血液透析センターにおける血流感染症の減少-ニュ・・・

MMWR抄訳

rss

2012/03/16Vol. 61 / No. 10

MMWR61(10):169-173
Reducing Bloodstream Infections in an Outpatient Hemodialysis Center - New Jersey, 2008-2011  

外来血液透析センターにおける血流感染症の減少-ニュージャージー、2008~2011年

血液透析患者は血流感染症(BSI)のリスクがあり、アメリカでは2008年に血液透析患者約37,000例が中心ライン関連BSIを発症した。医療現場におけるBSI発症は全国的に減少しているが、血液透析に関連したBSIの発症は減少傾向がみられていない。2009年9月、ニュージャージー州のある病院(AtrantiCare Regional Medical Center)の外来血液透析センターはBSIの発症率を低下させるためCDC Hemodialysis BSI Prevention Collaborativeに参加し、協同予防介入プログラム(透析イベントのサーベイランス、カテーテルおよびバスキュラーアクセスのケアの監視、クロルヘキシジンによる皮膚消毒、手指衛生アドヒアランスの調査、患者の教育と参加、カテーテル使用減少プログラム、スタッフの教育と能力テスト)に基づいた介入を開始した。さらに2010年8月からは、病院および透析センターのリーダーを対象に社会的/行動的変容プロセス(ポジティブ逸脱プロセス)を導入した。この血液透析センターにおける介入前後のバスキュラーアクセスに関連したBSI(アクセス関連BSI)の発症率を評価した結果、全てのアクセス関連BSIの発症率(患者100例-月あたり)は介入前(2008年1月~2009年8月)の2.04から介入後(2009年9月~2010年7月)には0.75へと有意に低下し、ポジティブ逸脱プロセス導入後(2010年8月~2011年12月)にはさらに0.24まで低下した。他の外来血液透析センターも、同様の予防アプローチの採用によりアクセス関連BSIの発症が減少する可能性がある。

References

  • CDC. Vital signs: central line-associated bloodstream infections- United States, 2001, 2008, and 2009. MMWR 2011;60:243-8.
  • Marsh DR, Schroeder DG, Dearden KA, et al. The power of positive deviance. BMJ 2004;329:1177-9.
  • Lindberg C, Norstrand P, Munger M, et al. Letting go, gaining control: positive deviance and MRSA prevention. Clinical Leader 2009;2: 60-7.
  • Wagner AK, Soumerai SB, Zhang F, Ross-Degnan D. Segmented regression analysis of interrupted time series studies in medication use research. J Clin Pharm Ther 2002;27:299-309.
  • US Renal Data System. USRDS 2011 annual data report: atlas of chronic kidney disease and end-stage renal disease in the United States. Bethesda, MD: National Institutes of Health, National Institute of Diabetes and Digestive and Kidney Diseases; 2011. Available at <http://www.usrds.org/adr.aspx>. Accessed March 5, 2012.
  • National Kidney Foundation. KDOQI clinical practice guidelines and clinical practice recommendations for 2006 updates: hemodialysis adequacy, peritoneal dialysis adequacy and vascular access. Am J Kidney Dis 2006;48(Suppl 1).
  • O’Grady NP, Alexander M, Burns LM, et al. Guideline for the prevention of intravascular catheter-related infections. Clin Infect Dis 2011; 52:e162-93.
  • Mid-Atlantic Renal Coalition. 2010 Fistula First Breakthrough Initiative annual report. Lake Success, NY: IPRO ESRD Network of New York; 2011. Available at <http://www.fistulafirst.org>. Accessed February 29, 2012.
  • CDC. Reduction in central line-associated bloodstream infections among patients in intensive care units-Pennsylvania, April 2001-March 2005. MMWR 2005;54:1013-6.
  • Ellingson K, Muder RR, Jain R, et al. Sustained reduction in the clinical incidence of methicillin-resistant Staphylococcus aureus colonization or infection associated with a multifaceted infection control intervention. Infect Control Hosp Epidemiol 2011;32:1-8.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ