一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)消火活動に関連するクリプトスポリジウム症のアウトブ・・・

MMWR抄訳

rss

2012/03/09Vol. 61 / No. 9

MMWR61(9):153-156
Outbreak of Cryptosporidiosis Associated with a Firefighting Response - Indiana and Michigan, June 2011

消火活動に関連するクリプトスポリジウム症のアウトブレイク-インディアナ州およびミシガン州、2011年6月

2011年6月、Indiana State Department of Health (ISDH)にインディアナ州の消防署の職員の多くが消化器系疾患のため出勤できず、1名がクリプトスポリジウム症のため入院したとの報告があった。全例、ミシガン州(インディアナ州との州境から15マイル)で6月6日に発生した牛小屋の火災に出動し、消火栓の水と酪農場の池の水を使って消火活動を行っており、同じく消火を行ったミシガン州の消防士も発症していたことから、ISDHとMichigan Department of Community Health (MDCH)により調査が開始された。6月22日、4つの消防署(ミシガン州:3、インディアナ州:1)に勤務する消防士34名に電話でアンケート調査を行った結果、33名から回答を得、うち20名(61%)が消火活動から12日以内に下痢または消化器疾患を来していた。全例が男性であり、年齢は33(21~58)歳、発症までの期間は5(2~10)日、症状は下痢(100%)、激しい腹痛(75%)、疲労感(55%)、胃内ガス貯留(55%)、悪心(50%)、体重低下(50%)が多く、発症期間は4(0.5~15)日間であった。9例が医療機関を受診、6例が便の検体を提出し、1例が入院し、クリプトスポリジウム症による無石胆嚢炎に対し胆嚢摘出後を受けた。死亡例はなかった。感染例は非感染例に比べ牛と接触しておる可能性が高かった。6月27日から行われた環境調査にて、CDCに提出された牛の糞の検体(n=25)、池の水および井戸の水(それぞれ20mL)および症例の便の検体が検査され、ヒト(n=2)、牛(n=10)および池の水の検体からクリプトスポリジウムパルバムが検出された。これを受けて周辺住民に対し池での遊泳禁止、井戸の塩素処理、消防署に対し消防車内のタンクや防護服の洗浄および衛生的指導が行われ、二次症例の報告はない。

References

  • CDC. Cryptosporidiosis surveillance-United States, 2006-2008. MMWR 2010;59(No. SS-6).
  • Santin M, Trout JM, Xiao L, Zhou L, Greiner E, Faver R. Prevalence and age-related variation of Cryptosporidium species and genotypes in dairy calves. Vet Parasitol 2004;122:103-17.
  • Kiang KM, Scheftel JM, Leano FT, et al. Recurrent outbreaks of cryptosporidiosis associated with calves among students at an educations farm programme, Minnesota, 2003. Epidemiol Infect 2006;134:878-86.
  • CDC. Prevention and control of cryptosporidiosis. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2010. Available at <http://www.cdc.gov/parasites/crypto/prevention.html>. Accessed February 29, 2012.
  • Levine JF, Levy MG, Walker RL, Crittenden S. Cryptosporidiosis in veterinary students. J Am Vet Med Assoc 1988;193:1413-4.
  • Konkle DM, Nelson KM, Lunn DP. Nosocomial transmission of Cryptosporidium in a veterinary hospital. J Vet Intern Med 1997;11:340-3.
  • CDC. Control measures for outbreaks: intensified cryptosporidiosis (crypto) control measures for the child care setting. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011. Available at <http://www.cdc.gov/parasites/crypto/daycare/outbreak.html>. Accessed February 29, 2012.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ