一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)慢性閉塞性肺疾患に関連する医療資源利-ノースカロラ・・・

MMWR抄訳

rss

2012/03/02Vol. 61 / No. 8

MMWR61(8):143-146
Chronic Obstructive Pulmonary Disease and Associated Health-Care Resource Use - North Carolina, 2007 and 2009

慢性閉塞性肺疾患に関連する医療資源利-ノースカロライナ、2007年と2009年

慢性下気道疾患、主に慢性閉塞性肺疾患(COPD)(気腫、慢性気管支炎を含む)はアメリカにおける死因の第3位であり、アメリカの成人の5.1%は気腫、慢性気管支炎と診断されている。喫煙はCOPDの主因であり、アメリカにおいてCOPDによる死亡の少なくとも75%は喫煙が関与している。COPDの州別有病率やCOPDに関連する医療資源利用のデータは少ない。今回、ノースカロライナ州の成人におけるCOPDの有病率とCOPD患者の医療資源利用について検討するため、Behavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)のNorth Carolina COPDモジュールの2007年と2009年のデータを分析した。回答者26,227名のうち、5.7%は医療専門家にCOPDと言われた経験があった(自己申告COPD)。自己申告COPDの有病率は年齢とともに上昇し、18~44歳群は3.1%であったが=65歳群は10%であった。また教育レベル別のCOPD有病率は高校卒業未満群(11.1%)が高校卒業群(6.7%)と大学卒業群(4.2%)より高く、喫煙状態別では現在喫煙者(11.7%)が過去の喫煙者(5.6%)と喫煙未経験者(3.0%)よりも高かった。COPD成人におけるCOPD診断のための呼吸機能検査の実施率は2007年76.4%、2009年82.4%であった。また2007年のデータによると、過去12ヶ月間のCOPD関連症状(息切れ、気管支炎など)による医師の受診率は43.0%、救急診療部あるいは病院の受診率は14.9%であり、COPDに対する日常的薬物療法の実施率は48.1%のみであった。医師はCOPDの診断にスパイロメトリーを用いるべきであり、症状のコントロールや再燃抑制のために適切な薬物療法(長時間作用型気管支拡張薬、吸入コルチコステロイドなど)を処方する必要がある。

References

  • Kochanek KD, Xu JQ, Murphy SL, Miniño AM, Kung HC. Deaths: preliminary data for 2009. Natl Vital Stat Rep 2011;59(4). Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2011. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/data/nvsr/nvsr59/nvsr59_04.pdf>. Accessed February 21, 2012.
  • Akinbami LJ, Liu X. Chronic obstructive pulmonary disease among adults aged 18 and over in the United States, 1998-2009. NCHS data brief no. 63. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2011. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/data/databriefs/db63.htm>. Accessed February 21, 2012.
  • CDC. Smoking-attributable mortality, years of potential life lost, and productivity losses-United States, 2000-2004. MMWR 2008; 57:1226-8.
  • Brown DW, Pleasants R, Ohar JA, el al. Health-related quality of life and chronic obstructive pulmonary disease in North Carolina. North Am J Med Sci 2010;2:60-5.
  • Klein RJ, Schoenborn CA. Age adjustment using the 2000 projected U.S. population. Healthy People Stat Notes. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2001. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/data/statnt/statnt20.pdf>. Accessed February 21, 2012.
  • Mannino DM, Homa DM, Akinbami LJ, Ford ES, Redd SC. Chronic obstructive pulmonary disease surveillance-United States, 1971-2000. Respir Care 2002;47:1184-99.
  • Qaseem A, Wilt TJ, Weinberger SE, et al. Diagnosis and management of stable chronic obstructive pulmonary disease: a clinical practice guideline update from the American College of Physicians, American College of Chest Physicians, American Thoracic Society, and European Respiratory Society. Ann Intern Med 2011;155:179-91.
  • Link MW, Battaglia MP, Frankel MR, Osborn L, Mokdad AH. Reaching the U.S. cell phone generation: comparison of cell phone survey results with an ongoing landline telephone survey. Public Opin Q 2007; 71:814-39.
  • Hopkins DP, Husten CG, Fielding JE, Rosenquist JN, Westphal LL. Evidence reviews and recommendations on interventions to reduce tobacco use and exposure to environmental tobacco smoke: a summary of selected guidelines. Am J Prev Med 2001;20(2 Suppl):67-87.
  • Lee PN, Fry JS. Systematic review of the evidence relating FEV1 decline to giving up smoking. BMC Med 2010;8:84.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ