一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)浴槽修理工における塩化メチレンへの致死的曝露-アメ・・・

MMWR抄訳

rss

2012/02/24Vol. 61 / No. 7

MMWR61(7):119-122
Fatal Exposure to Methylene Chloride Among Bathtub Refinishers - United States, 2000-2011

浴槽修理工における塩化メチレンへの致死的曝露-アメリカ、2000~2011年

塩化メチレンは揮発性が高い無色の毒性化合物であり、溶媒や溶剤、塗料の除去剤として用いられている。2010年、Michigan Fatality Assessment and Control Evaluation Programは、航空機の維持に使用される塩化メチレンをベースとした塗料除去剤を使っていた浴槽修理工の死亡事故について調査したところ、同じような事故が他に2件起きていたため、CDCのNational Institute for Occupational Safety and Health (NIOSH)に連絡した。NIOSHから連絡を受けたOccupational Safety and Health Administration (OSHA)により、2000~2011年の間に9州においてさらに10名の浴槽修理工が塩化メチレン除去剤により死亡していたことが明らかとなった。死亡した計13名の年齢は23~57(中央値:39)歳、男性が12名であり、使用していた除去剤は6件が航空機産業、他は木、金属、ガラス、石工術に使用されるもので、製品ラベルには浴槽の修理に使用するとの記載はなかった。6名の検死解剖記録では、塩化メチレンの血中濃度は18~223mg/L(OSHAの曝露基準値は<2mg/L)と高く、カルボキシヘモグロビン(COHb)濃度は0~5%と低かったことから、一酸化炭素は死因ではないと考えられた。このような浴槽修理による死亡は1976~1999年には塩化メチレンによる死亡事故の8%(2件)であったが、2000年以降は75%(13件)を占めている。いずれも呼吸用保護器は装着しておらず、作業中の換気も十分ではなかったことから、塩化メチレン除去剤を使用する場合、防護対策の徹底により労働者の安全を確保し、死亡リスクを低くすることが重要である。

References

  • Hall AH, Rumack BH. Methylene chloride exposure in furniture-stripping shops: ventilation and respirator practices. J Occup Med 1990;32:33-7.
  • Mahmud M, Kales SN. Methylene chloride poisoning in a cabinet worker. Environ Health Perspect 1999;107:769-72.
  • Agency for Toxic Substances and Disease Registry. Case studies in environmental medicine: methylene chloride. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, Public Health Service, Agency for Toxic Substances and Disease Registry; 1990.
  • Occupational Safety and Health Administration. Occupational safety and health standards: methylene chloride. Washington, DC: US Department of Labor, Occupational Safety and Health Administration. Available at <http://www.osha.gov/pls/oshaweb/owadisp.show_document?p_table=standards&p_id=10094>. Accessed February 17, 2012.
  • National Institute for Occupational Safety and Health. Pocket guide to chemical hazards. Cincinnati, OH: US Department of Health and Human Services, CDC, National Institute for Occupational Safety and Health; 1997.
  • Agency for Toxic Substances and Disease Registry. Toxicological profile for methylene chloride (update): draft for public comment. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, Public Health Service, Agency for Toxic Substances and Disease Registry; 1998.
  • DiVincenzo GD, Kaplan CJ. Uptake, metabolism and elimination of methylene chloride vapor by humans. Toxicol AppI Pharmacol 1981;59:130-40.
  • National Toxicology Program. Report on carcinogens. 12th ed. Research Triangle Park, NC: US Department of Health and Human Services, Public Health Service, National Toxicology Program; 2011. Available at <http://ntp.niehs.nih.gov/ntp/roc/twelfth/roc12.pdf>. Accessed February 17, 2012.
  • Rosenman KD. Cardiovascular disorders. In: Levy BS, Wegman DH, Baron SL, Sokas RK, eds. Occupational and environmental health. 6th ed. New York, NY: Oxford University Press; 2011:492-504.
  • Michigan Fatality Assessment and Control Evaluation. Methylene chloride causes death of 3 MI bathtub refinishers. East Lansing, MI: Michigan State University; 2011. Available at <http://www.oem.msu.edu/userfiles/bathtubrefinishingha14.pdf>. Accessed February 17, 2012.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ