一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)妊婦におけるインフルエンザワクチン接種率-29州お・・・

MMWR抄訳

rss

2012/02/24Vol. 61 / No. 7

MMWR61(7):113-118
Influenza Vaccination Coverage Among Pregnant Women - 29 States and New York City, 2009-10 Season 

妊婦におけるインフルエンザワクチン接種率-29州およびニューヨーク市、2009-10年期

2009-10年期はインフルエンザA(H1N1)パンデミック09(pH1N1)ウイルスの流行により、妊娠女性における重症化および死亡リスクが高くなり、妊婦は不活化3価季節性ワクチンとpH1N1ワクチンの両方を接種するよう勧告が出された。CDCはPregnancy Risk Assessment Monitoring System (PRAMS)データにより、29州およびニューヨーク市にて2009年9月1日~2010年5月31日に出産した女性を対象として、妊婦におけるワクチン接種について分析を行った (季節性ワクチン:27,153名、pH1N1ワクチン:27,372名)。季節性ワクチンとpH1N1ワクチンを両方とも接種した女性は28.5(15.0~49.9)%、どちらかを接種した女性は59.3(38.9~80.2)%であった。季節性ワクチンの接種率は47.1%(フロリダ州:26.1%~ミネソタ州:67.9%)であり、ワクチンの接種を医師などの医療提供者から勧められた女性では70.7%(ミシシッピ州:54.0%~ミネソタ州:86.2%)と高かった。pH1N1ワクチンの接種率は40.4%(ミシシッピ州:21.9%~バーモント州:63.3%)であり、季節性ワクチンと同様、接種を勧められた女性では73.3%(ミシシッピ州:53.6%~バーモント州:88.7%)と高かった。接種を勧められた女性と勧められていない女性における季節性ワクチン接種率(中央値)はそれぞれ62.1%、14.3%、pH1N1ワクチン接種率はそれぞれ53.1%、4.9%であり、普及比(PR)は季節性にて5.2、pH1N1にて14.4であった。以上、妊婦のインフルエンザワクチン接種率には医療提供者の接種勧告が大きく影響していることが示唆された。

References

  • ACOG Committee on Obstetric Practice. ACOG committee opinion number 468, October 2011. Influenza vaccination during pregnancy. Obstet Gynecol 2011;116:1006-7.
  • CDC. Prevention and control of influenza with vaccines: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), 2010. MMWR 2010;59(No. RR-8).
  • Jamieson DJ, Honein MA, Rasmussen SA, et al. H1N1 2009 influenza virus infection during pregnancy in the USA. Lancet 2009;374:451-8.
  • CDC. Use of influenza A (H1N1) 2009 monovalent vaccine: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), 2009. MMWR 2009;58(No. RR-10).
  • Ahluwalia IB, Jamieson DJ, Rasmussen SA, et al. Correlates of seasonal influenza vaccine among pregnant women in Georgia and Rhode Island. Obstet Gynecol 2010;116:949-55.
  • CDC. Seasonal influenza and 2009 H1N1 vaccination coverage among pregnant women-10 states, 2009-10 season. MMWR 2010;59:1541-5.
  • CDC. Influenza vaccination coverage among pregnant women-United States, 2010-11 influenza season. MMWR 2011;60:1078-82.
  • Moro PL, Broder K, Zheteyeva Y, et al. Adverse events in pregnant women following administration of trivalent inactivated influenza vaccine and live attenuated influenza vaccine in the vaccine adverse event reporting system, 1990-2009. Am J Obstet Gynecol 2011;204:146.e1-7.
  • CDC. Vaccinations to prevent diseases: universally recommended vaccinations. Community Guide systematic reviews. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011. Available at <http://www.thecommunityguide.org/vaccines/universally/index.html>. Accessed February 16, 2012.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ