一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)コミュニティベースのナロキソン配布オピオイド過量投・・・

MMWR抄訳

rss

2012/02/17Vol. 61 / No. 6

MMWR61(6):101-105
Community-Based Opioid Overdose Prevention ProgramsProviding Naloxone - United States, 2010 

コミュニティベースのナロキソン配布オピオイド過量投与予防プログラム-アメリカ、2010年

アメリカでは1990年から2008年にかけて薬物の過量投与による死亡率が3倍に上昇し、2008年に報告された薬物過量投与による死亡者数は36,450例であった。オピオイド(処方された麻薬性鎮痛薬やヘロインを含む)は薬物過量投与による死亡の主因であるため、1990年代中期から薬物使用者やその家族などを対象としたコミュニティベースでのオピオイド過量投与予防プログラムが実施されており、1996年以降はオピオイドの過量投与による致死性呼吸抑制を改善するためにオピオイド拮抗薬である塩酸ナロキソンを配布するプログラムが増加している。2010年10月、Harm Reduction Coalitionはナロキソンを配布する地域プログラムの存在やナロキソンの配布状況などに関するデータを収集するため、50のナロキソン配布オピオイド過量投与予防プログラムを対象に調査を行った。この報告は、調査が終了した15州とワシントンDCにおける48のプログラムおよび188の地域プログラムに関する結果をまとめたものである。ナロキソン配布を初めて開始した1996年から2010年6月までに、これらプログラムは53,032例に過量投与に関する教育とナロキソンの配布を行い、10,171例からナロキソンにより過量投与後の転帰が改善したという報告を受けた。しかし2008年に薬物過量投与による死亡率が全国の中央値以上であった25州中19州(76.0%)は、ナロキソンを配布するオピオイド過量投与予防プログラムを実施していない。オピオイド使用者およびオピオイドを過量投与する可能性のある人々に対するオピオイド過量投与に関する教育とナロキソンの配布は、最近の公衆衛生上の問題となっているオピオイド過量投与による死亡率を低下させるのに役立つ可能性がある。

References

  • CDC. WONDER [Database]. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at <http://wonder.cdc.gov>. Accessed February 13, 2012.
  • Hardman JG, Limbird LE, eds. Goodman and Gilman’s the pharmacologic basis of therapeutics. 11th ed. New York, NY: McGraw-Hill; 2006:576-8.
  • Wermeling DP. Opioid harm reduction strategies: focus on expanded access to intranasal naloxone [Editorial]. Pharmacotherapy 2010;30:627-31.
  • Lagu T, Anderson BJ, Stein M. Overdoses among friends: drug users are willing to administer naloxone to others. J Subst Abuse Treat 2006;30:129-33.
  • Doe-Simkins M, Walley AY, Epstein A, Moyer P. Saved by the nose: bystander-administered intranasal naloxone hydrochloride for opioid overdose. Am J Public Health 2009;99:788-91.
  • Enteen L, Bauer J, McLean R, et al. Overdose prevention and naloxone prescription for opioid users in San Francisco. J Urban Health 2010;8:931-41.
  • Young AM, Havens JR, Leukefeld CG. Route of administration for illicit prescription opioids: a comparison of rural and urban drug users. Harm Reduct J 2010;7:24.
  • Albert S, Brason FW, Sanford CK, Dasgupta N, Graham J, Lovette B. Project Lazarus: community-based overdose prevention in rural North Carolina. Pain Med 2011;12(Suppl 2):S77-85.
  • Burris S, Beletsky L, Castagna C, Coyle C, Crowe C, McLaughlin J. Stopping an invisible epidemic: legal issues in the provision of naloxone to prevent opioid overdose. Drexel L Rev 2009;1:273-340.
  • The Global Fund to Fight AIDS, Tuberculosis and Malaria. Harm reduction for people who use drugs: information note. June 2011. Available at <http://www.theglobalfund.org/documents/rounds/11/r11_harmreduction_infonote_en>. Accessed on February 13, 2012.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ