一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)バイタルサイン:主に塩分消費の原因となる食物カテゴ・・・

MMWR抄訳

rss

2012/02/10Vol. 61 / No. 5

MMWR61(5):92-98
Vital Signs: Food Categories Contributing the Most to Sodium Consumption - United States, 2007-2008

バイタルサイン:主に塩分消費の原因となる食物カテゴリー-アメリカ、2007~2008年

アメリカでは平均塩分摂取量が2歳以上にて3,266mg(2007~2008年)とガイドラインの推奨する摂取量(<2,300mg、リスク例:<1,500mg)を大きく上回っている。塩分摂取はアメリカにおける死因の第1位である心疾患、第4位である脳卒中のリスク因子である高血圧の主な要因であるため、塩分摂取の削減は死亡数および医療費の削減に深く関連するものである。今回、2007~2008 What We Eat in America (WWEIA)、National Health and Nutrition Examination Survey (NHANES)データより、2歳以上7,277名を対象とした塩分摂取に関する調査(24時間思い出し法、1人あたり2日間)結果を報告する。平均1日摂取量は全体で3,266±40mgであり、うち44%が食品からの摂取であった。食品カテゴリー別ではパン(7.4%)、食肉/ハムなどの肉加工品(5.1%)、ピザ(4.9%)、生/加工鶏肉(4.5%)、スープ(4.3%)、チーズバーガーなどのサンドイッチ(4.0%)、チーズ(3.8%)、パスタ料理(3.3%)、肉料理(3.2%)、チップス/プレッツェルなど塩味のスナック菓子(3.1%)などとなっている。年齢別では2~19歳:2,957±53mg、20~50歳:3,568±58mg、51~70歳:3,239±73mg、71歳以上:2,658±77mgであり、男女別では男性:3,760±57mg、女性:2,828±36mg、人種別では非ラテン系白人:3,324±49mg、非ラテン系黒人:3,116±51mg、メキシコ系アメリカ人:3,037±49mgであった。また、65.2%はスーパーやコンビニエンスストアで購入された食品由来であり、レストラン由来は24.8%(ファストフード/ピザ店:13.6%、ウエイター/ウエイトレスのいるレストラン:11.2%)、その他:10.0%であった。摂取された食品はパン:79.9%が最も多く、チーズ:56.2%、スナック菓子:50.7%、鶏肉:48.3%と続いた。これら10カテゴリーに属する食品からの塩分摂取を25%削減することにより全体の摂取量を11%(約360mg)削減することが可能である。塩分摂取の削減のため、現在、食品製造業および外食産業界では消費者が購入する前の段階において塩分の添加を減少させており、学校や保育施設においても塩分を削減、さらに患者への塩分含量のチェックや低塩食品の選択などの指導が行われている。

References

  • Roger VL, Go AS, Lloyd-Jones DM, et al. Heart disease and stroke statistics-2012 update: a report from the American Heart Association. Circulation 2012;125:e2-220.
  • CDC. Vital Signs: Prevalence, treatment, and control of hypertension -United States, 1999-2002 and 2005-2008. MMWR 2011;60:103-8.
  • Bibbins-Domingo K, Chertow GM, Coxson PG, et al. Projected effect of dietary salt reductions on future cardiovascular disease. N Engl J Med 2010;362:590-9.
  • Institute of Medicine. Strategies to reduce sodium intake in the United States. Washington, DC: The National Academies Press; 2010. Available at <http://www.iom.edu/reports/2010/strategies-to-reduce-sodium-intake-in-the-united-states.aspx>. Accessed December 5, 2011.
  • US Department of Health and Human Services, US Department of Agriculture. Dietary guidelines for Americans, 2010. 7th ed. Washington DC: US Department of Health and Human Services, US Department of Agriculture; 2011. Available at <http://health.gov/dietaryguidelines/2010.asp>. Accessed December 5, 2011.
  • CDC. Usual sodium intakes compared with dietary guidelines, United States, 2005-2008. MMWR 2011;60:1413-7.
  • Mattes RD, Donnelly D. Relative contributions of dietary sodium sources. J Am Coll Nutr 1991;10:383-93.
  • Krebs-Smith SM, Kott PS, Guenther PM. Mean proportion and population proportion: two answers to the same question? J Am Diet Assoc 1989;89:671-6.
  • Subar AF, Krebs-Smith SM, Cook A, Kahle LL. Dietary sources of nutrients among US adults, 1989 to 1991. J Am Diet Assoc 1998;98:537-47.
  • CDC. Sodium intake among adults-United States, 2005-2006. MMWR 2010;59:746-9.
  • National Institutes of Health, National Cancer Institute. Risk factor monitoring and methods. sources of sodium among the US population, 2005-06. Available at <http://riskfactor.cancer.gov/diet/foodsources/sodium>. Accessed December 5, 2011.
  • Anderson CA, Appel LJ, Okuda N, et al. Dietary sources of sodium in China, Japan, the United Kingdom, and the United States, women and men aged 40 to 59 years: The INTERMAP study. J Am Diet Assoc 2010;110:736-45.
  • Nielsen SJ, Siega-Riz AM, Popkin BM. Trends in energy intake in U.S. between 1977 and 1996: similar shifts seen across age groups. Obesity Res 2002;10:370-8.
  • Guthrie JF, Lin B-H, Frazao E. Role of food prepared away from home in the American diet, 1977-78 versus 1994-96: changes and consequences. J Nutr Educ Behav 2002;34:140-50.
  • Zeigler P, Briefel R, Ponza M, Novak T, Hendricks K. Nutrient intakes and food patterns of toddlers’ lunches and snacks: influence of location. J Am Diet Assoc 2006;106(1 Suppl 1):s124-34.
  • US Department of Agriculture, Agricultural Research Service, Beltsville Human Nutrition Research Center, Food Surveys Research Group, 2011. Sodium intake of the US population: What we eat in America, NHANES 2007-2008. Food Surveys Research Group dietary data brief no. 8. Available at <http://www.ars.usda.gov/sp2userfiles/place/12355000/pdf/dbrief/sodium_intake_0708.pdf>. Accessed December 6, 2011.
  • Espeland MA, Kumanyika S, Wilson AC, et al. Statistical issues in analyzing 24-hour dietary recall and 24-hour urine collection data for sodium and potassium intakes. Am J Epidemiol 2001;153:996-1006.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ