一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)世界的な麻疹コントロールの進展、2000~2010・・・

MMWR抄訳

rss

2012/02/03Vol. 61 / No. 4

MMWR61(4):73-78
Progress in Global Measles Control, 2000-2010

世界的な麻疹コントロールの進展、2000~2010年

2001年のWHOとUNICEFによる麻疹コントロール戦略(全ての小児に対する麻疹含有ワクチン[MCV]の2回接種)の導入により、2000~2008年に定期接種でのMCV初回接種(MCV1)の接種率は72%から83%に上昇し、麻疹による推定年間死亡者数は2000年の733,000例から2008年には164,000例に減少した。2010年、World Health Assemblyは2015年までに1歳児におけるMCV1の定期接種率を全ての国で≧90%、各地域/同等の行政単位で≧80%まで上昇させること、麻疹の年間発症率を<5例/100万人まで減少/維持すること、麻疹による死亡率を2000年から≧95%減少させることを目標として掲げた。この報告は、2000~2010年に世界で実施された麻疹の予防接種活動とサーベイランス活動についてまとめたものである。2000年から2010年にかけて世界におけるMVC1接種率は72%から85%に上昇し、WHOの6管轄地域のうち3地域はMCV1接種率が90%となった。またこの期間中、約10億人の小児が補足的予防接種活動(SIA)により麻疹ワクチンの接種を受けた。麻疹の年間サーベイランスデータをWHOとUNICEFに報告している国の数は、2000年の169ヶ国(88%)から2010年には190ヶ国(98%)に増加した。麻疹患者の年間報告数は2000年(853,480例)から2008年(277,968例)にかけて大きく減少したが、2009年は変化がみられず、2010年には多くの国で麻疹の大規模なアウトブレイクが発生したため339,845例まで増加した。2010年末までにまだ40%の国が発症率<5例/100万人の目標に到達していない。2015年目標の達成には、麻疹コントロールのための政治的/資金的協力の減少を克服すること、MCVの2回接種率を高く維持すること、接種率上昇のための新たな介入の開発に役立つ接種率のモニタリングを適切に行うことが重要である。

References

  • Wolfson LJ, Strebel PM, Gacic-Dobo M, et al. Has the 2005 measles mortality reduction goal been achieved? A natural history modelling study. Lancet 2007;369:191-200.
  • World Health Organization (WHO), United Nations Children’s Fund (UNICEF). WHO-UNICEF joint statement on strategies to reduce measles mortality worldwide. Geneva, Switzerland: 2001. Available at <http://whqlibdoc.who.int/hq/2001/who_v&b_01.40.pdf>. Accessed January 27, 2012.
  • CDC. Global measles mortality, 2000-2008. MMWR 2009;58:1321-6.
  • World Health Organization. Global eradication of measles: report by the Secretariat. Geneva, Switzerland; 2010. Available at <http://apps.who.int/gb/ebwha/pdf_files/wha63/a63_18-en.pdf>. Accessed January 27, 2012.
  • World Health Organization (WHO), United Nations Children’s Fund (UNICEF). WHO-UNICEF estimates of MCV coverage. Geneva, Switzerland; 2011. Available at <http://apps.who.int/immunization_monitoring/en/globalsummary/timeseries/tswucoveragemcv.htm>. Accessed January 27, 2012.
  • World Health Organization. Measles reported cases. Geneva, Switzerland; 2011. Available at <http://apps.who.int/immunization_monitoring/en/globalsummary/timeseries/tsincidencemea.htm>. Accessed January 27, 2012.
  • Measles/rubella/congenital rubella syndrome surveillance data final classification, 2010. Immunization Newsletter 2011;33:7. Available at <http://new.paho.org/hq/index.php?option=com_docman&task=doc_download&gid=16202&itemid=358>. Accessed January 27, 2012.
  • World Health Organization. World Health Organization global technical consultation to assess the feasibility of measles eradication: meeting report. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2010. Available at <http://www.who.int/immunization/sage/1_Global_Technical_Consultation_Assess_Feasibility_Measles_Erad_8_sept_2010.pdf>. Accessed January 27, 2012.
  • World Health Organization. Meeting of the Strategic Advisory Group of Experts on Immunization, November 2010: summary, conclusions and recommendations. Wkly Epidemiol Rec 2011;86:1-16.
  • van den Ent MM, Brown DW, Hoekstra EJ, Christie A, Cochi SL. Measles mortality reduction contributes substantially to reduction of all cause mortality among children less than five years of age, 1990-2008. J Infect Dis 2011;204(suppl 1):s18-23.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ