一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)頷き症候群-南スーダン、2011年

MMWR抄訳

rss

2012/01/27Vol. 61 / No. 3

MMWR61(3):52-54
Nodding Syndrome - South Sudan, 2011Merc

頷き症候群-南スーダン、2011年

2010年11月、南スーダンのMinistry of Healthは、最近増加している頷き症候群と思われる疾患のアウトブレイクについてCDCに調査を依頼した。頷き症候群は原因不明の神経疾患であり、首を縦に振り、痙攣や意識障害などの発作を伴う。5~15歳での発症が多く、南スーダンの西および中央エクアトリア州、ウガンダ北部、タンザニア南部にて報告されている。CDCは2011年5月に南スーダンに入り、症例シリーズ研究および症例対照研究を行った。症例シリーズ研究の平均年齢は13.1歳で、91.7%は5~15歳にて発症していた。症状は首を縦に振る、てんかん様発作、認知障害などが報告された。南スーダン西エクアトリア州の2地域(Witto、Maridi)にて行われた症例対照研究は、38組のmatched pairを対象とし、年齢は症例群:11.1(7~16)歳、対照群:10.6(6~17)歳、男女比はそれぞれ20:18、18:20であった。皮膚切除により回線糸状虫症(オンコセルカ症)と診断された症例は症例群:29例(76.3%、Witto:7/13例、Maridi:22/25例)、対照群:18例(47.4%、Witto:7/13例、Maridi:11/25例)であり、Maridiでは症例群にて有意に多く認められた(88.0% vs 44.0%)。他の危険因子(軍需品への曝露、親の職業、人口統計学的因子)との相関性は認められず、ビタミンA、B6、B12、オンコセルカ抗体、重金属および遺伝子マーカーとの関連性については検査中である。頷き症候群の原因は不明であるが、CDCはイベルメクチン(寄生虫薬)による回線糸状虫症の治療および抗てんかん薬による発作の治療の強化を推奨し、また、新規例のサーベイランスの強化を優先事項としている。

References

  • Nyungura JL, Akim T, Lako A, Gordon A, Lejeng L, William G. Investigation into nodding syndrome in Witto Payam, Western Equatoria State, 2010. Southern Sudan Medical Journal 2010;4:3-6.
  • Winkler AS, Friedrich K, Konig R, et al. The head nodding syndrome-clinical classification and possible causes. Epilepsia 2008;49:2008-15.
  • Winkler AS, Friedrich K, Meindl M, et al. Clinical characteristics of people with head nodding in southern Tanzania. Trop Doct 2010;40:173-5.
  • Lacey M. Nodding disease: mystery of southern Sudan. Lancet Neurol 2003;2:714.
  • CDC. CDC responds to nodding disease in Uganda [Video]. Available at <http://www.cdc.gov/globalhealth/video/nodding/nodding.htm>. Accessed January 20, 2012.
  • Wadman M. African outbreak stumps experts. Nature 2011;475:148-9.
  • Kaiser C. Head nodding syndrome and river blindness: a parasitologic perspective [Letter]. Epilepsia 2009;50:2325.
  • Ministry of Health, Government of Southern Sudan. Nodding disease/syndrome. In: Neglected tropical disease in Southern Sudan. Ministry of Health, Government of Southern Sudan; 2008:45.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ