一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)ギャングの殺人-アメリカ5都市、2003~2008・・・

MMWR抄訳

rss

2012/01/27Vol. 61 / No. 3

MMWR61(3):46-51
Gang Homicides - Five U.S. Cities, 2003-2008

ギャングの殺人-アメリカ5都市、2003~2008年

アメリカではギャングによる殺人が若者の殺人のかなり多くを占める都市があり、今回、CDCはロサンゼルス、ロングビーチ、オークランド(カリフォルニア州)、オクラホマシティ(オクラホマ州)、ニューアーク(ニュージャージー州)の5都市について、National Violent Death Reporting System(NVDRS)の2003~2008年のデータを分析し、その現状について分析を行った。この期間、これら5都市におけるギャングによる殺人により856名、非ギャングによる殺人により2,077名が死亡しており、15~19歳の若者が占める割合はそれぞれ27~42%、9~14%であった。被害者はギャング、非ギャングともに男性が約80%を占めるが、ギャングによる殺人ではとくにその傾向が強く、ニューアークでは100%、オクラホマシティ、ロスアンゼルスでは95.2%が男性であった。武器はギャングでは90%以上が銃であり(非ギャング:57~86%)、現場は非ギャングでは住居が多いのに対し、ギャングでは路上が多かった。また、時間帯はギャングでは午後~夕方、非ギャングでは夜が多かった。ロサンゼルスとオクラホマシティでは車からの狙撃がギャングによる殺人にて有意に多く、ギャングによる殺人はギャング間の闘争により、公共の場にて銃で短時間に行われることが示唆された。思春期の早い段階でのギャングとの関わり合いを抑止することにより若者の死亡を減少しうるものと思われる。

References

  • US Census Bureau. Cities with 100,000 or more population in 2000 ranked by population. County and city data book 2000. Washington, DC: US Census Bureau; 2011. Available at <http://www.census.gov/statab/ccdb/cityrank.htm>. Accessed January 17, 2012.
  • Egley A Jr, Howell JC. Highlights of the 2009 National Youth Gang Survey: fact sheet. Washington, DC: US Department of Justice, Office of Juvenile Justice and Delinquency Prevention; 2011. Available at <https://www.ncjrs.gov/pdffiles1/ojjdp/233581.pdf>. Accessed January 17, 2012.
  • Inter-University Consortium for Political and Social Research. Law enforcement agency identifiers crosswalk [United States], 2005. Ann Arbor, MI: Inter-University Consortium for Political and Social Research; 2005. Available at <http://data.nicar.org/files/active/0/04634-0001-Codebook.pdf>. Accessed January 17, 2012.
  • CDC. Web-Based Injury Statistics Query and Reporting System (WISQARS). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at <http://www.cdc.gov/injury/wisqars>. Accessed January 17, 2012.
  • Howell JC. Youth gang homicides: a literature review. Crime Delinquency 1999;45:208-41.
  • Bjerregaard B. Gang membership and drug involvement: untangling the complex relationship. Crime Delinquency 2010;56:1-32.
  • Klein M, Maxson C. Street gang patterns and policies. New York, NY: Oxford University Press; 2006.
  • McDaniel, DD. Risk and protective factors associated with gang affiliation among high-risk youth: a public health approach. Inj Prev [Epub ahead of print, January 11, 2012].
  • Howell JC. Gang prevention: an overview of research and programs. Washington, DC: US Department of Justice, Office of Juvenile Justice and Delinquency Prevention; 2010. Available at <https://www.ncjrs.gov/pdffiles1/ojjdp/231116.pd>. Accessed January 17, 2012.
  • Tremblay R, Masse L, Pagani L, Vitaro F. From childhood physical aggression to adolescent maladjustment: the Montreal prevention experiment. In: Peters RD, McMahon RJ, eds. Preventing childhood disorders, substance abuse, and delinquency. Thousand Oaks, CA: Sage; 1996:268-98.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ