一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)癌スクリーニング-アメリカ、2010年

MMWR抄訳

rss

2012/01/27Vol. 61 / No. 3

MMWR61(3):41-45
Cancer Screening - United States, 2010

癌スクリーニング-アメリカ、2010年

アメリカにおける乳癌、子宮頸癌、結腸直腸癌の新規診断例は約35,000例/年、死亡数は約10,000例/年である。U.S. Preventive Services Task Force (USPSTF)はこれらの癌の罹患率および死亡率抑制のため、スクリーニング検査を受けるよう推奨しており、Healthy People 2020もスクリーニングの目標値を定めている。今回、National Health Interview Survey (NHIS)の2010年データより、これらの癌のスクリーニング検査についての分析が行われた。乳癌のスクリーニングは50~74歳の女性に対し、2年に1回のマンモグラフィ検査が推奨されているが、検査率は72.4%(95%CI=70.0~74.0%)とHealthy People 2020の目標値(81.1%)を有意に下回っていた。子宮頸癌のスクリーニングは21~65歳の女性に対し、3年に1回のパップテストが推奨されているが、検査率は83.0%(95%CI=82.0~84.0%)と目標値(93.0%)を有意に下回り、結腸直腸癌のスクリーニングは男女ともに50~75歳に対し、(1)便潜血反応検査(年1回)、(2)S字結腸鏡検査(5年に1回)と便潜血検査(3年に1回)、または(3)結腸鏡検査(10年に1回)が推奨されているが、検査率は58.6%(95%CI=57.3~59.9%)と目標値(70.5%)を有意に下回っていた。これらの検査率は人種により異なり、乳癌、子宮頸癌は白人および黒人、結腸直腸癌は白人にて高く、アメリカでの居住年数が10年未満の住民、低学歴および医療保険の非加入者にて低い傾向が認められた。また、結腸直腸癌の検査率は2000~2010年にて増加傾向が認められたが、乳癌、子宮頸癌に関してはほぼ横ばいであった。Healthy People 2020の目標値を達成するためには、検査率の低い住民に対する介入の重要性が示唆された。

References

  • Taplin S. Breast cancer screening improvement means considering the entire process. Testimony before the Subcommittee on Health, Committee on Energy and Commerce, US House of Representatives; October 7, 2009. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2011. Available at <http://www.hhs.gov/asl/testify/2009/10/t20091007a.html>. Accessed January 17, 2012.
  • US Preventive Services Task Force. Recommendations for adults: cancer. Rockville, MD: US Preventive Services Task Force; 2011. Available at <http://www.uspreventiveservicestaskforce.org/adultrec.htm>. Accessed January 17, 2012.
  • National Center for Health Statistics. 2010 National Health Interview Survey (NHIS) public use data release: NHIS survey description. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2011. Available at <ftp://ftp.cdc.gov/pub/health_statistics/nchs/dataset_documentation/nhis/2010/srvydesc.pdf>. Accessed January 19, 2012.
  • US Department of Health and Human Services. Healthy People 2020 topics and objectives: cancer. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2011. Available at <http://www.healthypeople.gov/2020/topicsobjectives2020/objectiveslist.aspx?topicId=5>. Accessed January 17, 2012.
  • Breen N, Gentleman JF, Schiller JS. Update on mammography trends: comparisons of rates in 2000, 2005, and 2008. Cancer 2011;117: 2209-18.
  • Klabunde CN, Cronin KA, Breen N, Waldron WR, Ambs AH, Nadel MR. Trends in colorectal cancer test use among vulnerable populations in the United States. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev 2011;20:1611-21.
  • CDC. Vital signs: colorectal cancer screening, incidence, and mortality-United States, 2002-2010. MMWR 2011;60:884-9.
  • Raghunathan T, Xie D, Schenker N, et al. Combining information from two surveys to estimate county-level prevalence rates of cancer risk factors and screening. J Am Stat Assoc 2007;102:474-86.
  • Miller BA, Chu KC, Hankey BF, Ries LA. Cancer incidence and mortality patterns among specific Asian and Pacific Islander populations in the U.S. Cancer Causes Control 2008;19:227-56.
  • Gorin SS, Heck JE. Cancer screening among Latino subgroups in the United States. Prev Med 2005;40:515-26.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ