一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)望まない妊娠により出産した経験のある10代の青少年・・・

MMWR抄訳

rss

2012/01/20Vol. 61 / No. 2

MMWR61(2):25-29
Prepregnancy Contraceptive Use Among Teens with Unintended Pregnancies Resulting in Live Births - Pregnancy Risk Assessment Monitoring System (PRAMS), 2004-2008

望まない妊娠により出産した経験のある10代の青少年における避妊法の使用-Pregnancy Risk Assessment Monitoring System(PRAMS)、2004~2008年

アメリカでは毎年15~19歳の青少年の約40万人が出産しており、10代における出産率は先進国の中で最高である。10代の母親は退学など社会的転帰への悪影響がみられる可能性が高いため、10代の女性の出産は公衆衛生上の問題である。さらに10代の母親の乳児は低出生体重児であることが多く、10代の母親の娘は彼女たち自身も10代で母親になる可能性が高い。妊娠を望んでいない10代の女性が妊娠してしまう理由を調査するため、CDCは19州におけるPregnancy Risk Assessment Monitoring System(PRAMS)の2004~2008年のデータを分析した。この報告は、望まない妊娠により出産した経験のある15~19歳の女性における避妊法の自己申告使用率について述べたものである。2004~2008年、対象とした10代の女性の50.1%は、妊娠時にいずれの避妊法も使用していなかった。避妊法の非使用率は、非ラテンアメリカ系白人(49.7%)、非ラテンアメリカ系黒人(50.5%)、ラテンアメリカ系(50.6%)で有意差はみられなかった。避妊しなかった女性のうち31.4%はその時に妊娠する可能性はないと信じており、23.6%はパートナーが避妊法の使用を望まなかったため避妊せず、22.1%は妊娠のことを気にしていなかった。使用した避妊法についての調査結果が得られた5州において、非常に有効な避妊法の使用率は21.0%であったが、最も有効な避妊法[IUD(子宮内避妊具)など]の使用率は1%未満であった。また中等度に有効な避妊法(コンドーム)の使用率は24.2%、最低限有効な避妊法(リズム法など)の使用率は5.1%であった。10代の青少年の出産率を低下させるには、性活動を低下あるいは開始を遅延させるための適切な教育、妊娠を防ぐためのモチベーションの向上、妊娠する可能性のある状況に関する情報の提供、避妊薬へのアクセスの改善、妊娠と性行為感染症を防ぐためのより効果的な方法+コンドームの使用促進、パートナーに避妊法の使用を交渉するための技術を強化するなどの取り組みが必要である。

References

  • Hamilton BE, Martin JA, Ventura SJ. Births: preliminary data for 2009. Natl Vital Stat Rep 2010;59(3).
  • United Nations. 2008 demographic yearbook. New York, NY: United Nations; 2010.
  • Hoffman S. Updated estimates of the consequences of teen childbearing for mothers. In: Hoffman S, Maynard R, eds. Kids having kids: economic costs and social consequences of teen pregnancy. Washington, DC: The Urban Institute Press; 2008.
  • Manlove J, Terry-Humen E, Mincieli L, Moore K. Outcomes for children of teen mothers from kindergarten through adolescence. In: Hoffman S, Maynard R, eds. Kids having kids: economic costs and social consequences of teen pregnancy. Washington, DC: The Urban Institute Press; 2008.
  • Martin JA, Hamilton BE, Sutton PD, et al. Births: final data for 2008. Natl Vital Stat Rep 2010;59(1).
  • Hoffman S, Scher L. Consequences of teen childbearing for the life chances of children, 1979-2002. In: Hoffman S, Maynard R, eds. Kids having kids: economic costs and social consequences of teen pregnancy. Washington, DC: The Urban Institute Press; 2008.
  • Shulman HB, Gilbert BC, Lansky A. The Pregnancy Risk Assessment Monitoring System (PRAMS): current methods and evaluation of 2001 response rates. Public Health Rep 2006;121:74-83.
  • Trussell J. Contraceptive failure in the United States. Contraception 2011;83:397-404.
  • Martinez G, Copen CE, Abma JC. Teenagers in the United States: sexual activity, contraceptive use, and childbearing, 2006-2010 National Survey of Family Growth. Vital Health Stat 2011:23(31).
  • CDC. Guide to community preventive services. sexual behavior: youth development behavioral interventions coordinated with community service to reduce sexual risk behaviors in adolescents. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011. Available at <http://www.thecommunityguide.org/hiv/youthdev-community.html>. Accessed January 17, 2012.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ