一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)アラスカ原住民の乳児における新生児後死亡率-アラス・・・

MMWR抄訳

rss

2012/01/13Vol. 61 / No. 1

MMWR61(1):1-5
Postneonatal Mortality Among Alaska Native Infants - Alaska, 1989-2009

アラスカ原住民の乳児における新生児後死亡率-アラスカ州、1989~2009年

2006~2008年におけるアラスカ州の新生児後死亡率(1,000人あたり)は3.4であり、全国値(2.3)より48%高く、アラスカ原住民/アメリカインディアン(AN/AI)(8.0)でも全国値(4.7)より70%高い。今回、Alaska Bureau of Vital Staticsは1989~2009年、アラスカ州における出生児(222,317名)の生後28~364日における新生児後死亡児(821名)の記録から、乳児死亡の危険因子についての分析を行った。州全体の新生児後死亡率は1989年:4.9から2009年:3.9へと低下しており[年間変化率(APC):-2.2]、非アラスカ原住民(non-AN)ではAPC:-2.8、ANではAPC:-1.5であった。Non-ANとANの比較では、1989~1999年、2000~2009年にてともにANの新生児後死亡率が高く[non-ANに対しそれぞれ相対リスク(RR)=2.4、3.1]、その危険因子として早期産[満期産(37週以上)に対し34週未満にてRR=4.6、34~36週にてRR=1.9]、低体重(2,500g未満)(RR=3.8)、父親不明の未婚女性による出産(RR=3.5)、妊娠中の飲酒/喫煙(RR=2.2、2.9)、母親の学歴(高卒未満)(RR=1.6)などが挙げられた。また、死因としては乳児突然死症候群(SIDS)、予測不能乳児突然死(SUID)による死亡率が1992~1995年にて1,000名あたり2.2から2004~2007年には1.4へ減少したが、早産、先天性異常、感染症、周産期イベント、外傷などによる死亡率には有意な変動は認めなかった。アラスカ州における新生児後死亡率はアラスカ原住民にて高く、ANコミュニティに対する乳児死亡の予防に関する積極的な介入の必要性が示唆された。

References

  • Mathews TJ, MacDorman MF. Infant mortality statistics from the 2007 period linked birth/infant death data set. Natl Vital Stat Rep 2011;59(6).
  • Alaska Bureau of Vital Statistics. 2008 annual report. Juneau, AK: Alaska Department of Health and Social Services, Division of Public Health, Bureau of Vital Statistics; 2009. Available at <http://www.hss.state.ak.us/dph/bvs/data/2008ar.htm>. Accessed January 5, 2012.
  • Blabey MH, Gessner BD. Three maternal risk factors associated with elevated risk of postneonatal mortality among Alaska Native population. Matern Child Health J 2009;13:222-30.
  • Clegg LX, Hankey BF, Tiwari R, Feuer EJ, Edwards BK. Estimating average annual per cent change in trend analysis. Stat Med 2009;28:3670-82.
  • National Center for Health Statistics. Health, United States, 2010: with special feature on death and dying. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2011. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/hus.htm>. Accessed January 6, 2012.
  • Shapiro-Mendoza CK, Tomashek KM, Anderson RN, Wingo J. Recent national trends in sudden, unexpected infant deaths: more evidence supporting a change in classification or reporting. Am J Epidemiol 2006;163:762-9.
  • MacDorman MF, Mathews TJ. Recent trends in infant mortality in the United States. NCHS Data Brief No 9. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2008. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/data/databriefs/db09.htm>. Accessed January 6, 2012.
  • Gessner BD, Gillingham MB, Birch S, Wood T, Koeller DM. Evidence for an association between infant mortality and a carnitine palmitoyltransferase 1A genetic variant. Pediatrics 2010;126:945-51.
  • Northam S, Knapp TR. The reliability and validity of birth certificates. J Obstet Gynecol Neonatal Nurs 2006;35:3-12.
  • CDC. Misclassification of infant deaths-Alaska, 1990-1991. MMWR 1992;41:584-5,591.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ