一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)神経障害および神経発達障害を伴う小児と若年成人にお・・・

MMWR抄訳

rss

2012/01/06Vol. 60 / No. 51&52

MMWR60(51&52):1729-1733
Severe Influenza Among Children and Young Adults with Neurologic and Neurodevelopmental Conditions - Ohio, 2011

神経障害および神経発達障害を伴う小児と若年成人における重度のインフルエンザ-オハイオ、2011年

神経障害や神経発達障害を有する小児は、季節性インフルエンザの罹患時に重症化や合併症発症(死亡を含む)のリスクが高い。2011年4月、Ohio Department of HealthとCDCは神経障害/神経発達障害を有する小児および若年成人が入所している施設で2011年2月に発生したインフルエンザのアウトブレイクを調査した。この報告は、このアウトブレイク中に重度インフルエンザを発症した13例の特徴と臨床経過(2例)を調査結果に基づいてまとめたものである。アウトブレイクでは施設入所者130例(2~41歳)中76例が呼吸器疾患を急性発症し、うち13例(14~33歳)が重度のインフルエンザであった(確定7例、疑い6例)。これら重度インフルエンザの13例全例が重度の神経障害および神経発達障害を有していた(有病率:脳性麻痺100%、知的障害100%、てんかん92%、脊柱側彎症77%など)。また全例が、2010年10月~11月に2010-11年季節性インフルエンザワクチンを接種していた。発症時の臨床徴候は発熱が最も多く(92%)、退院時診断/死因は呼吸不全が最も多かった(54%)。8例(62%)にはオセルタミビル治療を行った(4例は発症後48時間以内に治療開始)。13例中10例が入院し、7例が死亡した。一部の入所者では、基礎疾患が早期診断や治療を妨げ、疾患の重症化に関与している可能性があった。長期ケア施設などの入所者で呼吸器症状がみられた場合には、インフルエンザの迅速な検査、早期の積極的な抗ウイルス薬治療(理想的には発症後48時間以内、診断確定を待たずに開始)、施設入所者に全員に対する抗ウイルス薬による化学的予防が重要である

References

  • Cox CM, Blanton L, Dhara R, et al. 2009 pandemic influenza A (H1N1) deaths among children-United States 2009-2010. Clinical Infec Dis 2011;52(Suppl 1):S69-74.
  • Keren R, Zaoutis TE, Bridges CB, et al. Neurological and neuromuscular disease as a risk factor for respiratory failure in children hospitalized with influenza infection. JAMA 2005;294:2188-94.
  • Bhat N, Wright JG, Broder KR, et al. Influenza-associated deaths among children in the United States, 2003-2004. N Engl J Med 2005; 353:2559-67.
  • CDC. Antiviral agents for the treatment and chemoprophylaxis of influenza-recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2011;60(No. RR-1).
  • Harper SA, Bradley JS, Englund JA, et al. Seasonal influenza in adults and children-diagnosis, treatment, chemoprophylaxis, and institutional outbreak management: clinical practice guidelines of the Infectious Diseases Society of America. Clin Infect Dis 2009;48:1003-32.
  • Herrera GA, Iwane MK, Cortese M, et al. Influenza vaccine effectiveness among 50-64-year-old persons during a season of poor antigenic match between vaccine and circulating influenza virus strains: Colorado, United States, 2003-2004. Vaccine 2007;25:154-60.
  • Michiels B, Govaerts F, Remmen R, Vermeire E, Coenen S. A systematic review of the evidence on the effectiveness and risks of inactivated influenza vaccines in different target groups. Vaccine 2011;29:9159-70.
  • Bridges CB, Kuehnert MJ, Hall CB. Transmission of influenza: implications for control in health care settings. Clin Infect Dis 2003;37:1094-101.
  • Carman WF, Elder AG, Wallace LA, et al. Effects of influenza vaccination of health-care workers on mortality of elderly people in long-term care: a randomised controlled trial. Lancet 2000;355:93-7.
  • CDC. General recommendations on immunization-recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2011;60(No. RR-2).

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ