一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)K-8(幼稚園~8年生)の児童における肥満-ニュー・・・

MMWR抄訳

rss

2011/12/16Vol. 60 / No. 49

MMWR60(49):1673-1678
Obesity in K-8 Students - New York City, 2006-07 to 2010-11 School Yea

K-8(幼稚園~8年生)の児童における肥満-ニューヨーク市、2006-07年度~2010-11年度

過体重と肥満の小児は、将来呼吸器/代謝性/心血管疾患の危険因子が発現する可能性が高い。アメリカでは、1960年代以降小児における過体重と肥満の有病率が上昇している。ニューヨーク市において、1996年の公立/私立小学校における過体重児の割合は3年生19.7%、6年生21.2%であったが、2003年の公立小学校における過体重児と肥満児の割合はそれぞれ43%、24%であった。ニューヨーク市における小児肥満のデータを更新し公衆衛生的介入の成果を評価するため、New York City Department of Health and Mental Hygieneは2006-07年度~2010-11年度のデータを用いて公立学校の幼稚園から8年生まで(K-8)の児童の体格指数(BMI)を分析した。2006-07年度から2010-11年度にかけて、全体的に肥満の有病率は21.9%から20.7%へと有意に低下し(低下率5.5%)、サブグループ別に評価した場合にも[男性/女性、年齢(5~6歳、7~10歳、11~14歳)、食事コード(昼食に制限なし、制限あり)、学区の貧困レベル(連邦の貧困基準未満住民の割合が<10%:低レベル、10%~<20%:中レベル、20%~<30%:高レベル、=30%:超高レベル)、人種/民族(アジア/太平洋諸島系、ラテンアメリカ系、黒人、白人)]、全てのサブグループで肥満の有病率は有意に低下した。しかし人種/民族別の低下率は、黒人小児(1.9%)がラテンアメリカ系小児(3.4%)がアジア/太平諸島系小児(7.6%)、白人小児(12.5%)よりも小さかった。また年齢別で肥満の有病率の低下が最も大きかった5~6歳群(低下率9.9%)では、貧困レベルが低い群は有病率が有意に低下したが(低下率16.7%)、超高レベル群では有意な低下はみられなかった(低下率2.7%)。ニューヨーク市の小児における肥満の有病率をさらに低下させ人種や貧困レベルによる格差をなくすため、今後も公衆衛生的介入(学校内外での食環境の改善、身体活動プログラム、小児と親に対する食事や身体活動に関する教育など)を続ける必要がある。

References

  • Duncan GE, Li SM, Zhou XH. Prevalence and trends of a metabolic syndrome phenotype among U.S. adolescents, 1999-2000. Diabetes Care 2004;27:2438-43.
  • Okosun IS, Boltri JM, Lyn R, Davis-Smith M. Continuous metabolic syndrome risk score, body mass index percentile, and leisure time physical activity in American children. J Clin Hypertens 2010;12:636-44.
  • Visness CM, London SJ, Daniels JL, et al. Association of childhood obesity with atopic and nonatopic asthma: results from the National Health and Nutrition Examination Survey 1999-2006. J Asthma 2010; 47:822-9.
  • Ogden CL, Fryar CD, Carroll MD, Flegal KM. Mean body weight, height, and body mass index, United States 1960-2002. Adv Data 2004; 27:1-17.
  • CDC. Prevalence of overweight among third- and sixth-grade children-New York City, 1996. MMWR 1998;47:980-4.
  • Thorpe LE, List DL, Marx T, May L, Helgerson SD, Frieden TR. Childhood obesity in New York City elementary school students. Am J Pub Health 2004;94:1496-500.
  • CDC. Obesity prevalence among low-income, preschool-aged children-United States, 1998-2008. MMWR 2009;58:769-73.
  • Ogden CL, Carroll MD, Curtin LR, Lamb MM, Flegal KM. Prevalence of high body mass index in US children and adolescents, 2007-2008. JAMA 2010;303:242-9.
  • Madesen KA, Weeden AE, Crawford PB. Disparities in peaks, plateaus, and declines in prevalence of high BMI among adolescents. Pediatrics 2010;126:434-42.
  • Sekhobo JP, Edmunds LS, Reynolds DK, Dalenius K, Sharma A. Trends in prevalence of obesity and overweight among children enrolled in the New York State WIC program, 2002-2007. Public Health Rep 2010;125:218-24.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ