一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)潜在性結核菌感染の直接監視下治療にイソニアジド-リ・・・

MMWR抄訳

rss

2011/12/09Vol. 60 / No. 48

MMWR60(48):1650-1653
Recommendations for Use of an Isoniazid-Rifapentine Regimen with Direct Observation to Treat Latent Mycobacterium tuberculosisInfection

潜在性結核菌感染の直接監視下治療にイソニアジド-リファペンチンレジメンの使用の推奨

潜在性結核菌感染(LTBI)に対する直接監視下(DOT)におけるイソニアジド-リファペンチン併用による新しいレジメン(INH-RPT)の有効性を検討した3つの臨床試験の結果を受け、2011年4月、CDCはこのレジメンの使用を推奨することを発表した。DOT INH-RPTレジメンはINH(15mg/kg、最大量:900mg)とRPT(10.0~14.0kg:300mg、14.1~25.0kg:450mg、25.1~32.0kg:600mg、32.1~49.9kg:750mg、=50.0kg:900mg)をDOTにて週1回、12週間投与するものであり、ブラジルでは18歳以上のツベルクリン反応陽性を示す399例を対象にリファンピン(RIF)とピラジナミド(PZA)併用と比較され、2年以上の追跡にてINH-RPT:2例、RIF-PZA:1例にてTBの発症を認めた。この試験はRIF-PZAの肝毒性により中止されている。南アフリカにおける試験では18歳以上のHIV陽性ツベルクリン反応陽性の1,148例を対象にINH単独6ヶ月間連日投与と比較され、TB発症率は1.4~2.0/100例-年と同等であることが示され、ブラジル/カナダ/スペイン/アメリカにて行われた試験では2歳以上7,731例を対象にINHの9ヶ月間連日投与と比較され、INH-RPTにて7例、INHにて15例にTBの発症を認めた(ハザード比=0.38)。このINH-RPTレジメンが推奨される症例は12歳以上のリスク症例であり、2~11歳の症例にはINHの9ヶ月間連日投与が推奨される。また、2歳未満の小児、抗レトロウイルス療法を受けているHIV感染例、妊婦、INHまたはRIF耐性を示す症例に対してはこのレジメンは推奨されない。臨床試験では高い認容性が示されているが、副作用のモニタリングを行い、発現した場合はCDCのサーベイランスシステムおよびFDAに報告すべきである。

References

  • American Thoracic Society, CDC, Infectious Diseases Society of America. Controlling tuberculosis in the United States. Am J Respir Crit Care Med 2005;172:1169-227.
  • CDC. Targeted tuberculin testing and treatment of latent tuberculosis infection. MMWR 2000;49(No. RR-6).
  • Schechter M, Zajdenverg R, Falco G, et al. Weekly rifapentine/isoniazid or daily rifampin/pyrazinamide for latent tuberculosis in household contacts. Am J Respir Crit Care Med 2006;173:922-6.
  • Martinson NA, Barnes GL, Moulton LH, et al. New regimens to prevent tuberculosis in adults with HIV infection. N Engl J Med 2011;365:11-20.
  • Sterling TR, Villarino ME, Borisov AS, et al. Three months of once-weekly rifapentine and isoniazid for M. tuberculosis infection. N Engl J Med 2011;365:2155-66.
  • Saukkonen JJ, Cohn DL, Jasmer RM, et al. An official ATS statement: hepatotoxicity of antituberculosis therapy. Am J Respir Crit Care Med 2006;174:935-52.
  • CDC. Severe isoniazid-associated liver injuries among persons being treated for latent tuberculosis infection-United States, 2004-2008. MMWR 2010;59:224-9.
  • CDC. Update: adverse event data and revised American Thoracic Society/CDC recommendations against the use of rifampin and pyrazinamide for treatment of latent tuberculosis infection-United States, 2003. MMWR 2003;52:735-9.
  • Girling DJ. Adverse effects of antituberculosis drugs. Drugs 1982; 23:56-74.
  • Benator D, Bhattacharya M, Bozeman L, et al. Rifapentine and isoniazid once a week versus rifampicin and isoniazid twice a week for treatment of drug-susceptible pulmonary tuberculosis in HIV-negative patients: a randomised clinical trial. Lancet 2002;360:528-34.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ