一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)医師による関節炎の診断の有無による成人における州別・・・

MMWR抄訳

rss

2011/12/09Vol. 60 / No. 48

MMWR60(48):1640-1645
State-Specific Prevalence of No Leisure-Time Physical Activity Among Adults With and Without Doctor-Diagnosed Arthritis - United States, 2009

医師による関節炎の診断の有無による成人における州別の余暇の身体活動の有無-アメリカ、2009年

Behavioral Risk Factor Surveillance System (BRFSS)データによると、アメリカにおいて余暇の身体活動(LTPA)を行わない成人は1989年には31%であり、2002年には25%に減少したが、2008年も25%のままであった。これは関節炎患者など例外的にLTPAを行わない人が減少を阻止しているものと考えられる。アメリカでは関節炎患者は約5,000万人おり、身体活動は疼痛を軽減するなど関節炎には有益であるにもかかわらず、その多くは疼痛や関節炎の悪化を恐れてLTPAを避ける傾向にある。今回、CDCにより2009年のBRFSSデータから医師による関節炎の診断の有無によるLTPAの有無について州別に分析され、結果が報告された(回答数:432,607)。LTPAを行わない成人は全ての州およびDCにて関節炎患者にて有意に多く認められ、関節炎患者では31.8%(ミネソタ州:21.1%~テネシー州:42.6%)、非関節炎患者では20.7%(オレゴン州:13.9%~ウエストバージニア州:28.8%)であり、その差は52.9%(ニューヨーク州:27.9%~オレゴン州:83.5%)と大きいものであった。また、LTPAを行わないと回答した成人にて関節炎患者の占める割合は35.2%(カリフォルニア州:25.4%~ケンタッキー州:46.8%)であり、LTPAを行わないとの回答が関節炎患者にて30%以上(年齢補正値)であった州は23州(45%)であり、非関節炎患者にて30%を超える州は認めなかった。LTPAを行わない成人を減少させるには、関節炎患者に対し安全で効果的な運動プログラムを提供すべきであると思われる

References

  • CDC. Prevalence of doctor-diagnosed arthritis and arthritis-attributable activity limitation-United States, 2007-2009. MMWR 2010; 59:1261-5.
  • Brittain DR, Gyurcsik NC, McElroy M, Hillard SA. General and arthritis-specific barriers to moderate physical activity in women with arthritis. Womens Health Issues 2011;21:57-63.
  • Kelley GA, Kelley KS, Hootman JM, Jones DL. Effects of community-deliverable exercise on pain and physical function in adults with arthritis and other rheumatic diseases: a meta-analysis. Arthritis Care Res  2011;63:79-93.
  • Dunlop DD, Song J, Semanik PA, et al. Objective physical activity measurement in the osteoarthritis initiative: are guidelines being met? Arthritis Rheum 2011;63:3372-82.
  • Shih M, Hootman JM, Kruger J, Helmick CG. Physical activity in men and women with arthritis: National Health Interview Survey, 2002. Am J Prev Med 2006;30:385-93.
  • Community Preventive Services Task Force. Promoting physical activity. In: The guide to community preventive services. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011. Available at <http://www.thecommunityguide.org/pa/index.html>. Accessed December 2, 2011.
  • Brady TJ. Moving from identifying to addressing health disparities: a public health perspective, Arth Care Res 2007;57:544-6.
  • Physical Activity Guidelines Advisory Committee. Physical Activity Guidelines Advisory Committee report, 2008. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2008. Available at <http://www.health.gov/paguidelines/report/pdf/committeereport.pd>f. Accessed December 2, 2011.
  • Carlson SA, Densmore D, Fulton JE, Yore MM, Kohl HW. Differences in physical activity prevalence and trends from 3 U.S. surveillance systems: NHIS, NHANES, and BRFSS. J Phys Act Health 2009;6(Suppl 1): S18-27.
  • Blumberg SJ, Luke JV. Reevaluating the need for concern regarding noncoverage bias in landline surveys. Am J Public Health 2009;99:1806-10.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ