一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)ロタウイルスワクチンの導入の進展-ラテンアメリカお・・・

MMWR抄訳

rss

2011/12/02Vol. 60 / No. 47

MMWR60(47):1611-1614
Progress in the Introduction of Rotavirus Vaccine - Latin America and the Caribbean, 2006-2010

ロタウイルスワクチンの導入の進展-ラテンアメリカおよびカリブ海諸島、2006~2010年

ロタウイルス感染症は、世界中の5歳未満の小児における下痢に関連した死亡と入院の主因である。ロタウイルス感染症に関連した罹病と死亡を予防するため、WHOは世界中の生後32週未満の全ての乳児にロタウイルスワクチンを接種するよう勧告している。この報告は、ラテンアメリカおよびカリブ海諸島(LAC)におけるロタウイルスワクチン導入の進展状況について述べたものである。2011年6月1日の時点で、LAC32ヶ国中14ヶ国(44%)がロタウイルスワクチンを全国予防接種計画に導入している(ブラジル、エルサルバドル、メキシコ、ニカラグア、パナマ、ベネズエラは2006年に導入)。またこれら14ヶ国のうち13ヶ国は、病院ベースロタウイルスサーベイランスネットワークに参加している。2010年以前にロタウイルスワクチンを導入したLAC11ヶ国の1歳未満の小児における2010年のロタウイルスワクチンの全国接種率(1価ワクチンの2回接種あるいは5価ワクチンの3回接種)は、49%~98%である(中央値89%)。これは約700万人の乳児(LACにおける2010年出生コホートのうち生存乳児1060万人の66%)がワクチン接種を受けたことを示す。また2010年に下痢のため入院しロタウイルス検査を行った5歳未満の小児14,354例のうち、ロタウイルス疾患と確定されたのは4,266例(30%)であった。2010年のワクチン接種率が92%であったエルサルバドルでは、下痢により入院した5歳未満の小児の便検体におけるロタウイルス陽性率が2006年の43%(1,025/2,370検体)から2010年には24%(524/2,191検体)に低下した。一方、ワクチン接種率が49%であったベネズエラにおけるロタウイルス陽性率は、2006年[32%(258/808検体)]と2010年[31%(76/242検体)]で同様であった。LACの低/中所得国における迅速なロタウイルスワクチン導入の成功の経験は、アジアやアフリカの国々における今後のワクチン導入に役立つと思われる。

References

  • Tate JE, Burton AH, Boschi-Pinto C, et al. 2008 estimate of worldwide rotavirus-associated mortality in children younger than 5 years before the introduction of universal rotavirus vaccination programmes: a systematic review and meta-analysis. Lancet Infect Dis 2011; October 24 [Epub ahead of print].
  • World Health Organization. Rotavirus vaccines: an update. Wkly Epidemiol Rec 2009;84:533-40.
  • Yen C, Armero Guardado JA, Alberto P, et al. Decline in rotavirus hospitalizations and health care visits for childhood diarrhea following rotavirus vaccination in El Salvador. Pediatr Infect Dis J 2011; 30(1 Suppl):S6-10.
  • do Carmo GM, Yen C, Cortes J, et al. Decline in diarrhea mortality and admissions after routine childhood rotavirus immunization in Brazil: a time-series analysis. PLoS Med 2011;8:e1001024.
  • de Palma O, Cruz L, Ramos H, et al. Effectiveness of rotavirus vaccination against childhood diarrhoea in El Salvador: case-control study. BMJ 2010;340:c2825.
  • Patel M, Pedreira C, De Oliveira LH, et al. Association between pentavalent rotavirus vaccine and severe rotavirus diarrhea among children in Nicaragua. JAMA 2009;301:2243-51.
  • World Health Organization. WHO-UNICEF estimates of Rota_last coverage [Data as of July 20, 2011]. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2-11. Available at <http://apps.who.int/immunization_monitoring/en/globalsummary/timeseries/tswucoveragerota_last.htm>. Accessed November 23, 2011.
  • de Oliveira LH, Danovaro-Holliday MC, Sanwogou NJ, Ruiz-Matus C, Tambini G, Andrus JK. Progress in the introduction of the rotavirus vaccine in Latin America and the Caribbean: four years of accumulated experience. Pediatr Infect Dis J 2011;30(1 Suppl):S61-6.
  • Patel MM, Clark AD, Glass RI, et al. Broadening the age restriction for initiating rotavirus vaccination in regions with high rotavirus mortality: benefits of mortality reduction versus risk of fatal intussusception. Vaccine 2009;27:2916-22.
  • Patel MM, Lopez-Collada VR, Bulhoes MM, et al. Intussusception risk and health benefits of rotavirus vaccination in Mexico and Brazil. N Engl J Med 2011;364:2283-92.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ