一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)糖尿病診断患者における自己申告視力障害-アメリカ、・・・

MMWR抄訳

rss

2011/11/18Vol. 60 / No. 45

MMWR60(45):1549-1553
Self-Reported Visual Impairment Among Persons with Diagnosed Diabetes - United States, 1997-2010

糖尿病診断患者における自己申告視力障害-アメリカ、1997~2010年

糖尿病は視力障害(VI)と失明の原因になるが、糖尿病性網膜症や緑内障などの眼疾患の早期診断と早期治療によりVIの発症リスクを低下させることができる。アメリカの成人(18歳以上)の糖尿病患者における自己申告VIの有病率の傾向と眼科医の受診率を評価するため、CDCはNational Health Interview Survey(NHIS)の1997~2010年のデータを分析した。1997年から2010年にかけて、自己申告VIを有する成人の自己申告糖尿病患者の数は270万人から390万人へと有意に増加したが、診断された成人糖尿病患者における自己申告VIの年齢調整有病率は23.7%から16.7%へと有意に低下した。また成人の自己申告糖尿病患者における年齢別の自己申告VI有病率は18~44歳群以外全ての年齢群で有意に低下し、その他のサブグループ別(性別、人種、教育レベル、糖尿病の罹病期間、現在のインスリン使用の有無、過去1年間の健康保険加入状況)の年齢調整有病率も、黒人と罹病期間3年未満の患者を除く全てのサブグループで有意に低下した。一方、自己申告糖尿病患者における眼科医受診率は、VIの有無にかかわらずこの期間中変化がみられなかった(2010年の受診率:自己申告VI群63.1%、非申告群56.8%、p=0.21)。糖尿病患者におけるVIのサーベイランスは、糖尿病性合併症の減少戦略の効果を評価する上で重要である。糖尿病患者における自己申告VIの低下傾向を維持・改善するためには、糖尿病性眼疾患の危険因子に対する意識の持続と、推奨されている眼検査の実施率を増加させるための介入が必要である。

References

  • CDC. National diabetes fact sheet: national estimates and general information on diabetes and prediabetes in the United States, 2011. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, 2011. Available at <http://www.cdc.gov/diabetes/pubs/factsheet11.htm>. Accessed November 10, 2011.
  • CDC. National Health Interview Survey. Questionnaires, datasets, and related documentation: 1997 to the present. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, 2011. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/nhis/quest_data_related_1997_forward.htm>. Accessed November 10, 2011.
  • Kytö JP, Harjutsalo V, Forsblom C, et al. Decline in the cumulative incidence of severe diabetic retinopathy in patients with type 1 diabetes. Diabetes Care 2011;34:2005-7.
  • Hovind P, Tarnow L, Rossing K, et al. Decreasing incidence of severe diabetic microangiopathy in type 1 diabetes. Diabetes Care 2003; 26:1258-64.
  • Imperatore G, Cadwell BL, Geiss L, et al. Thirty-year trends in cardiovascular risk factor levels among US adults with diabetes: National Health and Nutrition Examination Surveys, 1971-2000. Am J Epidemiol 2004;160:531-9.
  • CDC. National Diabetes Surveillance System. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011. Available at <http://apps.nccd.cdc.gov/ddtstrs/default.aspx>. Accessed November 10, 2011.
  • Kuo S, Fleming BB, Gittings NS, et al. Trends in care practices and outcomes among Medicare beneficiaries with diabetes. Am J Prev Med 2005;29:396-403.
  • Saaddine JB, Honeycutt AA, Narayan KM, Zhang X, Klein R, Boyle JP. Projection of diabetic retinopathy and other major eye diseases among people with diabetes mellitus: United States, 2005-2050. Arch Ophthalmol 2008;126:1740-7.
  • Saydah SH, Geiss LS, Tierney E, Benjamin SM, Engelgau M, Brancati F. Review of the performance of methods to identify diabetes cases among vital statistics, administrative, and survey data. Ann Epidemiol 2004;14:507-16.
  • Liesenfeld B, Kohner E, Piehlmeier W, et al. A telemedical approach to the screening of diabetic retinopathy: digital fundus photography. Diabetes Care 2000;23:345-8.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ